2015年12月03日

生き方への小さな手応え

12295460_1168022296560613_7072860253560888756_n.jpg

ロヴァニエミ、クーサモ、ルカ、そしてヴオカッティとフィンランド国内のスキージャンプ名所のオリエンテーリングのようなロケ帯同の旅から戻ってきてはや3日。報道でご存知の方もいるでしょうが、スキージャンプ、ノルディック複合のW杯ルカ大会は、2日とも風が強く、まさかの途中中止となってしまいました…ランキング順に飛ぶため、練習飛びも力温存のためにスキップした葛西選手は結局まったく飛ばずして強制終了…無念の結末となってしまいました。
そんなわけで私も大会中は本来の役目を十分に果たす場もありませんでしたが、ご本人たちにご依頼いただき急遽フィンランド国内メディアのインタビューの通訳をさせていただいたり、全日本チームの突然のおつかいに走ったり、予定外の形ではあったけれど少しは貢献もできたかと思います。葛西選手や全日本チームを支える、多くの素敵な方々との出会いもとても刺激的で、わが身を振り返り考えさせられることも多く、また、来年のひとつの明確な目標も見つけた…というか、与えてもらいました。

もちろん、フィンランドでの密着取材が続いたこの半期、練習でのジャンプは何度も拝んできたとはいえ、大会での勇姿を見ずして終わり、というのはやっぱり辛い!!けれど、W杯自体は2月に再びフィンランドのラハティ、クオピオに戻ってくるので、その時はもちろん一観戦者として応援に行くつもりです。

12301481_1167213673308142_692258916552149528_n.jpg
ルカ滞在前半はこんなおばけ樹氷の世界だったのに、後半はすっかり溶けちゃった…

考えさせられることが多かった…と書いたのですが、具体的に今回の出張では、私自身の生き方…おもにワーキングライフについて、変な話ですがある種の小さな自信や手ごたえを与えてもらったよう気がしました。私には葛西さんや選手の皆さんのようにこれといったゆるぎない武器もないし、才能も情熱も目標もないし、先の見定まらないすごく散漫とした人生のように思えるけれど、そのスタイルにも何かしら意味や希望がある、というような。

今も昔も漠然とメディアの仕事に関わりたいというくらいの思いしかなく、とりわけ秀でた分野や語学力、経験があるわけでもなく、こうして今はフィンランド在住ライター、コーディネーターとして生活をつむいでいるわけですが、シンプルに捕らえれば私のここまでのワーキングライフはしりとりのようなものだったし、これからも基本的にはそんな感じで細く長く続いていくのかなあ、と。まだまだ学業が忙しいのもあり、これまで自分から仕事を探して捕りに行く、という積極的な動きは某総合情報サイトのライターオーディション応募の一度を除いて、まだまったくできていません。それでも、ひとつの仕事を通じた何気ない出会いや成果が、どこかで必ず次の仕事、次の出会い、次の世界へとつながり絡まって、一本の細長いこよりのように一続きで今日まで伸びてきているのは確かで、それはまさにしりとり遊びのよう。私自身も、次はどこへ向かうことになるのか、何をすべきなのかまったくわからない。運命と出会いだけが道しるべとなり、次の場所へと運ばれていく人生。でも行く先々に待っている世界はいつでも、自分自身も一緒にどきどきワクワクしながら、学びながら、それでいて誰かに必要としてもらえる。もちろんいつ尻字に「ん」がついて先が途絶えてしまうかわらかない不安もあるけれど、幸いいまのところ、どうにかなっているし、どんどん面白い方向に運んでもらっているし、これからもまあどうにかなるかな、という予感もしている。基本的に楽観的かつ運はいいほうなので(笑)

12316658_10153164720306850_3892648878138637239_n.jpg
ルカのサブウェイ(サンドイッチのね)は、よそにはなかなかなさそうな絶景店舗でした!

これまで出会って感銘を受けたアスリートやその道の一流の人たちとはまるでスタンスの違う生き方だけれど、でもこれもまた価値のある在り方なんだと、今回出会った方々とのお話や交流を通して実感することができました。だから私にできることは、とにかくひとつひとつ目の前のことを丁寧に誠実に、一緒に楽しんでこなしていくのみ。過去や未練や一時的な感情に流されず、淡々と、前向きに。そしてもちろん、これはやり遂げたい、挑戦したいと自分から思えることが見つかったなら、そこには全力を注いで成果を出したい。

CUxTDmzWUAAwFg3.jpg_large.jpg
ルカで最も感動したのは、スキー村の中にある唯一の日本食店(こちら)のクオリティの高さ。日本人経営のお店を除けばヘルシンキにもここまで日本人をうならせる寿司レストランはないし、おそらくフィンランド一番なのではと思う。でも、なぜにルカで…というか、ルカでできることがなぜもっと海に近く物流盛んな都会でできない…!?

明日からはまた全く別のTVロケ帯同で、再び極北を目指します。こちらはもうジャンルも趣向もガラッと変わり、クリスマス・イブに、日本の皆さんにクリスマスの本場フィンランドから最高のクリスマスプレゼントを届けるためのお手伝いです。私にとっても、まさに今年一年の仕事の集大成と呼べる、どきどきする大仕事。どうぞその成果を楽しみに待っていてください!!

ayana@ruka.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


荷造り〜



posted by こばやし あやな at 05:12| Comment(0) | Ruka-ルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。