2015年05月22日

森から聞こえる多声音楽

20150521_3.jpg

20150521_4.jpg

20150521_2.jpg

ラリーの世界選手権開催地で有名な、ユヴァスキュラのラーヤヴオリというスキー場のてっぺんからの眺め。昨日夕飯後に、空がとてもよさそうな色だったので思いつきで車で駆け上がってみたら、ちょうど日没の瞬間を拝むことができました。この光景は中心街とは逆方向ではあるけれど、それにしても私たちの生活は、森の深海であっぷあっぷしてるようなものなんですね。
今の季節は、一年中寡黙に深緑色の針葉樹林と、ライトグリーンの新芽を競うように芽吹かせている広葉樹林(主に白樺)の濃淡がコントラストをもっていて、ポリフォニー音楽を可視化したような光景。フィンランドの女性四人組のヴォーカルアンサンブルグループ、Suden Aikaの音楽がふわっと聴こえてきた気がした。

そして、紫だちたる雲の細くたなびきたる。嗚呼いとをかし!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ



posted by こばやし あやな at 07:13| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

思い出の茶屋&茶畑を再訪

20150110_1.jpg

時差ボケからまだいまいち脱しきれておらず、超夜型人間として不本意ながら極端な早起きが続いています。早く起きようが人並みに起きようが、起き抜けにまだ外が暗いことに違いはないので、早く目覚めてしまうほど、暗闇の時間が長い分心なしかくぐったりしてきてしまいます…。夜は早寝防止のために、相方の発案でUSJ登場映画を1,2本ずつ観てしのいでいます。今のところ、20年ぶりくらいに見たバック・トゥ・ザ・フューチャーがなかなか記憶以上に面白かった。

20150110_3.jpg

今日の夕方は、昨年の結婚パーティのときに会場を提供してくださった、東西のお茶エキスパートのアンネさんが経営するお茶専門カフェTeeleidiに、日本土産を手渡しがてらミッコと日本人友達と顔を出して、しばしくつろいできました。通常土曜日の営業時間は16時までなのですが、今晩は常連客さん率いる器楽バンドの無料ナイトコンサートが開催されるということで、特別に20時までオープンしていたので。お客さんも、ちびっこから年のいったカップルまでいっぱいいっぱい。忙しいなかでも、アンネさんは私たちの久々の再来をとても喜んでくださり、新婚旅行話などでしばし盛り上がりました。

お店は当初から、ユヴァスキュラの港近くの由緒あるお屋敷が殻になった洋館の一角で経営されていたのですが、年末にカフェ席拡大を狙って同じ建物内のなかで移動&模様替えがなされたようで、昨年私たちのパーティに貸してもらったキャビネットが茶葉売り場に、その上階の結婚ダンスパーティに使った大きめの空き部屋が飲食席と変わっていました。席数も大幅アップで、二階からはユヴァス湖や中心街の眺めも良く、よりゆったりと寛げるようになりましたよ〜
また、階段を上がった先の少し奥まったスペースをイベント会場として、ミュージシャンのお客さんの要望があれば適宜ミニコンサート会場として貸し出しはじめたのだそうです。ならばと、私もカルテット仲間に声をかけて真剣出演検討しようかと思い始めています。ここでの気楽なムードの中で3月の大きな本番の肩慣らしができたらいいな、と。私たちの門出の場所になったこのお茶屋さんとは、まだまだ今年も素敵な御縁が続きそうな予感です。

20150110_2.jpg

ところでお茶といえば…こちらは、帰省中に久々に訪れた、岡山の祖父母がかつて開拓した茶畑。急な勾配の山の斜面を利用しているので、日当たり次第で雪の残り方が面白いくらい違っています。じいちゃんの足が悪くなってしまって以来、お茶栽培は別の人に任せてしまうようになりましたが、幼少期から帰省のたびに一番の遊び場としていた茶畑のてっぺんから望む悠久の里山風景は、今回もあい変わらず童心を呼び覚まし、癒してくれました。田舎大好きのミッコは、思い入れが強いはずの私以上にいつまでも峰を離れたがらず、恍惚とした目で茶畑のレールを眺めおろしながら、「就職やめてここで農家引き継ごうかな…」と真剣に呟いておりました。。と、とりあえずはサラリーマン生活がんばろうや。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


極寒雪上サイクリングも久々でしたな

posted by こばやし あやな at 05:16| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

今更ようこそ!?

IMG_20141119_224116.jpg

今日もたわいのなさすぎる図書館缶詰の一日を終えて、帰宅し、郵便受けをのぞいたら、待望のジャパン・レール・パスと、そして写真のユヴァスキュラ市のロゴと鮮やかな航空写真が刷られた規格外サイズの葉書が私宛に。そしてそこに書いてあった内容に、驚き呆れることに…

「ようこそ人生の最高の時間を過ごしに!…新しい市民の方へ。あなたがユヴァスキュラに暮らすことを選んでくれて、私たちは嬉しく思います!」

。。。えぇと。わたくし、ユヴァスキュラ暮らしはもう4年目、市の建築の日本語ガイドも務めておりますが、これはどういったご冗談でしょうか。

まあ原因はわかっています。というのも事実、私が真のユヴァスキュラ市民と認められたのはつい先日、入籍して、配偶者ビザをもらって、それからのことだったのです。この背景には語り出したら100%愚痴にしかならない、私の住民票をめぐっての市の住民登録所でのトラブルに次ぐトラブルがあったのですが、結果的にはこの重なる恥辱と世知辛さがきっかけとなって結婚に踏み切ることになり、今こうして家庭的にはより楽しく幸せに過ごせ、社会的にはようやくほぼフィンランド人同様に権利と保証に守られた住民として受け入れてもらえたので、過去のバツの悪さはもう思い出さないようにしようと思います(…って、このハガキによって久々にほじくり返されたのだが苦笑)。

それにしてもこの市からの浮かれたウエルカム葉書には、特に何か市から新市民へのサービス内容や具体的な暮らし情報が書かれているわけでもなく、ユヴァスキュラは国内の住みたい都市ランキングで2位なんだよ〜とか(確か最新ランキングではランクダウンしてたと思うが)、最も子育てのしやすい街なんだよ〜(これは先日仕事で市のさまざまな保育・託児施設などを見て回ってそうかもしれないと思った)とか、ともかくポジティブ情報ばかりが満載で、コレをわざわざ送ってくる意味はあるのか?と感じつつも、私のように曰くつきでなく、晴れて見知らぬ街に越してきてユヴァスキュラ市民になったフレッシュさんたちにとっては頼もしく嬉しいサービスなのかもしれません。ううむ、なんかやっぱり私いまだに精神面の損をしている!?

ともあれ、この真っ青な湖の両岸に、鬱蒼とした森に守られながらコンパクトに開けたわが町の航空写真を見ていると、やっぱりこの街はあらゆる要素がグッドバランスで動きまわりやすくて、住み良い素敵な街だな、とは素直に思いますね。大学町ならではの、若者たちが市民を巻き込んだ楽しいイベントも多いし、芸術文化も踏ん張ってるし、日本人・外国人としての生きにくさや寂しさもまったくないし(強いて言えば一軒でも日本食レストランがあれば…とは思うけど、どうせ家で毎日のように作るんだし外食しないし今更あっても通うわけじゃないか…とも思う)。

あと何年この街に暮らすのかはまったくわからないけれど、ここはもうれっきとした私のフィンランド第一の故郷だし、私としては引っ越しの要因さえなければ当面ここに根をはってもいいなと思えるくらい、お気に入りの街です。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は早朝から日本とのスカイプミーティング!



posted by こばやし あやな at 06:42| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

喧騒を避けて

20140730_1.jpg

ユヴァスキュラは明日より恒例の世界ラリー選手権開幕。それを意識してか、駅から真っ直ぐ上がっていく通りに「おかえりなさいませご主人様♡」的なおもてなし心があってかなくてか、超ロングラグマットが敷かれて…いえ、描かれておりました。実はたまたま毎年このラリーにドンピシャ被る形で取材旅行が立て込み、例に漏れず今年もまさに明日からしばしユヴァスを不在にするので、実は一度もこの騒ぎを我が目で見届けたことがありません。みんなは「アンタそれは幸せ者だよ」と真剣に讃えてくれるのですが(いかんせんものすごい騒音&エンジン臭で、夜は街が世界の飲んだくれたちで溢れかえるらしい)、その残忍な現実も一度はきちんと目に焼き付けて、身を持って「来年は絶対仕事入れて逃げよう」と思えるようになっておきたいものです。。

というわけで、明日から一週間ほど外の世界に行ってきます(明日は一日オフみたいなものですが)。初めて訪れる場所、初めて携わるジャンルのお仕事だけに緊張しっぱなしですが、今回はドライバーとして相方も同行することになっているので、ビシッと決めるべきところ以外は和気あいあいと、日本からいらっしゃるベテラン様方のおもてなしができたらなと思います。間違いなく風光明媚な場所にしばらく滞在するので、余裕があれば目の前の風景だけでもブログでお見せできればなと!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


このまま好天が続きますように


posted by こばやし あやな at 07:12| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

頼れるビューティ系歯医者さん

20140702.jpg

一昨年のオープン以来、特にユヴァスキュラ女子たちに人気のビューティ歯科、Cocodens(ココデンス)。有名人が通うような本気のホワイトニングもやってくれるようですが、雰囲気はもっと日常向けの予防+審美歯科で、治療以外のことはなんでもやるし健康面でも相談乗りますよという感じ。診療室や待合室は、ザ・北欧デザインという感じの清楚でスタイリッシュな、ビューティサロンよりのムードです。人気だけど予約もネットから確実に抑えられるし、価格も公立歯科以上私立歯科未満でとても良心的なので、昨年にゼミ友達に強く勧められてからは年一度のチェックアップをここにお願いしています。

前回から一年たちましたよーと連絡がきたので、今日時間をつくって久々来訪。チェックアップだけなら学生歯科でも頼めばやってくれますが、ここだと何から何までめちゃめちゃ丁寧に調べてアドバイスくれるし、担当医のアンネさんのお喋りがとても楽しいので(口開けっ放しの私は相槌打ってるだけですけど)、学生歯科より多少払ってでも年に一度ならこっちかな、と思ってます。併せて歯石取り用の時間も抑えておくと、作業時間が短くすめばご褒美に?余った時間で追加料金無しにソーダを使った簡易漂白やフッ素塗布なんかもやってくれます(笑)

全部終わったあとは、ちょうど美容室を出るときみたいにすっきり爽快!!その意味ではここもれっきとしたビューティサロン。昨日のイライラもさっぱり落としてもらえた気分です。こちらでは治療で通常の歯医者に通う場合、学生or公立歯科だととにかく待たされ、私立だと高額払わなければならずでいいことなしなので、今後も徹底的に予防につとめて乗り切りたいものです。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日からはようやくまた暖かくなるとか!

posted by こばやし あやな at 03:34| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

ユヴァスキュラ初のお茶専門店

20140625_2.jpg

フィンランドは数年前から、中国や日本のお茶文化の発想やグッズ、テイストを採り入れた東西折衷のお茶屋さんブームが勢いを強めています。すでにヘルシンキには何店舗も、紅茶から烏龍茶、抹茶までを取り扱う販売店や喫茶店がオープンしていて、いつも上京するたび羨んでいたのですが…ついにっ、基本トレンドに疎いユヴァスキュラの街にも、先日そんなお茶専門カフェがオープンしたのです!!

20140625_1.jpg

Teeleidi(テーレイディ)という、港そばの素敵な洋館の一角が改装された、なんともメルヘンな店構え。見ての通り、室内だけでなくテラス席や緑樹に囲まれたお庭席まであります(このボクははじめ一人でカップを両手づかみしてお茶飲んでるのかと思えば、実は携帯ゲームをやってるだけだった笑)

オーナーは、家族で長く中国に住んでいた経験があり、そのときに東洋のお茶文化にすっかり目覚めて地元に専門店を作ろうと年齢構わず立ち上がった初老のちゃきちゃきおばさんアンネさん。オープン当初から地元の新聞やテレビで何度もお見かけして顔をすでに知っており、入店したらお馴染みの彼女がささっと笑顔で迎えに来てくださいました。

室内はヨーロピアンテイストと中国テイストのミックス。ティーポットと茶釜が仲良く並んでいて、壁にはチャイナドレスが飾ってあったりも(笑)でもなぜかミーハーな感じもせず、インテリア全体に溶け込んで落ち着いて見えるのが不思議。フィンランド人のインテリアセンスはやっぱりお見事…

20140625_3.jpg

ラインナップもやはり中国茶から、ヨーロピアンまで、奥間の壁にびっしり積み重ねてあります。差し当たり、本日の紅茶(お店があるエリア「ルタッコ」の名を冠したオリジナルブレンドのブラックティー)と、定番の自家製ブルーベリーパイを注文。どちらも2ユーロと、気取ったカフェよりリーズナブル!清楚な白いカップのなかで、うっとりするルビー色に輝くお茶は、わざとらしさのないナチュラルな香りと風味でとても飲みやすかったです。しかも、本日のお茶は何倍でもお代わり自由とな!嬉しいねえ。ブルーベリーパイは、ハズレなしの素朴な母の味、という感じで無糖の紅茶の友にぴったりでした。

そしてアンネさんは、とにかくお客さんと喋る喋る!狭い店内でも、「皆さ〜ん、お口にあいますか〜?なにかご要望やコメントがあったらいつでも私に〜!」と楽しげに呼びかけていて、興味をもったお客さん一人一人とぺらぺらコミュニケーションをとってらっしゃいました。ちょっと耳に入ってくるだけでもそうとう知識経験は豊富と思われます。

20140625_5.jpg

オリジナルティもいろいろ販売していたので、せっかくだから…ということで、ひときわ夏欲をそそる甘い香りを放っていたイチゴのハーブティ、その名も「夏休み茶」を一袋購入。まだ開封はしていませんが、なんだかもう、この真っ赤に熟れたパッケージだけでうきうきしてくる!味も気に入ったら、今後手土産なんかにもいいかもね。


20140625_4.jpg

と、いうわけで、おかんおすすめのユヴァスキュラの新星お茶屋さん、Teeleidiを、これからどうぞごひいきにお願いいたします!(笑)駅から歩いていける距離ですよ。そうそう、ちなみに毎週木曜日は実験的にアフタヌーンティーセットもやっているそうです!ああ、気になるので明日もう一度いって試してこようかしら。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


夜、ランニングをいつもより距離のばしてみたら、ヘトヘト…

posted by こばやし あやな at 04:25| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

ライターときどき農民

20140616_1.jpg

(例によって多忙ウィークが続いているので、以下ただのfacebook日記のコピペですみません。。)

この夏力を入れている畑仕事。フィンランドの土壌は土というかもはや粘土で、市から格安で借りた広大な土地も、種まき以前に汗水たらして鍬や鋤を振りおろし、文字通りの「開墾」から始めなければいけません。水は、近くの小川や沼からバケツで汲みに行って、支え棒は森から枝を拾い集めてきて、肥料や防虫には昔ながらの松の樹液を活用して。畑の一番の大敵は野うさぎなので(賢いウサちゃんには、例えばカカシとかは全く効力ないらしい…)、出てきた芽を保護するために、最近はせっせとこんな覆いを備え付けています。

こんなふうに、なかなか理性で思い通りいかないものごとを相手にした原始的な営みに精を出すのは、確実に子供時代ぶりです。日中は日差しがきついし仕事があるので、日々の作業は、まだまだ明るい夜8〜9時ぐらいからのっそり始めます。ひと作業終えたところで、バケツを引っくり返した即席椅子に腰をおろし、握り飯をほうばりながら休息。まあこんな生活も、慣れてくると悪くありません。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


一雨降って、今また西日が射してきてぴかぴかきれい


posted by こばやし あやな at 03:50| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

いざ開墾

IMG_20140605_202940.jpg

前々から、天候や仕事や旅行に左右されてずっとタイミングを逃していた貸し農園の開梱作業に、今日ようやく取り組み始めることができました。
が、数日前までとはうってかわっての超好天で、またいきなり30度近くまで気温の上がった今日、あのギラギラの太陽の下(しかも日陰と無縁の広大な畑の上)に立っているだけで立ちくらみしてきそうな暑さ。さらに、フィンランド特有の重みのある粘土質の土地を掘り返して耕すだけで激しくエネルギー消耗し続けます。さらにさらに、引水にはその都度近くの湖や沼地にバケツを持って汲みに行く…というなんとも原始的な手段しかありません。。。

強力な男手×2に頼りながらも、半日がかりでようやく四分の一区画に畝を作り終えられたかなというところ。嗚呼、こんなんじゃ畑仕事のしょっぱなから挫けそう…
ともあれ、今年はまず菜園の基本ノウハウや苦労を身を持ってゼロから学びとりながら、華の収穫期を夢見て土と戯れ続ける夏にしたいと思います。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は夕立がすごそうな予報。水やり要らないかな?笑

posted by こばやし あやな at 04:26| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

ユヴァスキュラ初のコーヒー焙煎所

IMG_20140530_184557.jpg

今日は久々に朝からしっかり泳いでサウナで汗かいて、健全な一日のはじまり。午後に我々の畑仕事に必要な農具を届けにミッコのご両親がユヴァスキュラまで来てくれたので、先月オープンしたばかりの焙煎所が併設しているコーヒー喫茶でお茶をしました。近年ヘルシンキをはじめとするフィンランドの各都市で次々にこだわりのコーヒー焙煎所が設立し続けていて、「質より量!」と割り切っていた(笑)フィンランドの安コーヒーがぶ飲み文化に変革が訪れています。何を隠そう、今日行ってきたPaahtimo Papuは、ユヴァスキュラにようやくその波をもたらしてくれた、期待の焙煎所一号店なのです!!店内の半分をどーんとおっきな焙煎マシーンとコーヒー豆がぎっしり入った麻袋の山が雑然と占拠しており、もう半分に、バリスタコーナーとアンティーク机やソファなどを活かしたおしゃれな飲食スペースが設営されています(写真撮る前に携帯バッテリー切れちゃってスミマセン)。

こういうところは、他所では気鋭の若者が開店させたケースが多いですが、Papuの店主は見た目結構いってそうな気のいいおっちゃん、リストペッカさん。そして、オーガニックにこだわった丁寧な自家焙煎を謳っているのに値段はめちゃくちゃ良心的!!一杯1.5ユーロ〜3ユーロ程度。我々は四人とも、リストペッカさんのオススメでブラジルコーヒーをベースにしたホット・カフェオレをいただいたのですが、写真を見ての通り…あまりの器のデカさにはじめ言葉を失いました(笑)直径15センチはあろうかという、ミニラーメン鉢のような特大カップに波々そそがれています。みるくたっぷりでも香ばしさがすごく活きてて、おすすめされたきび砂糖のような砂糖を適度に混ぜて、カカオ71%のビターチョコと一緒にいただくと、驚くほどがぶがぶ進みます。いやあ、こういうこだわり&気軽なコーヒー店を待っていたのですよ!!豆はユヴァスキュラからの手土産にもちょうど良いし。大学からもすぐなので、今後間違いなく通いつめることでしょう♪

ところで今宵は、今月末で家を開け払って故郷に旅立つ日本人交換留学生たちとのお別れラッシュ。今年度は初めての男中心社会で見事に華がなく、まったく新鮮な雰囲気でしたが、個人的に飲みに行ったり夜更けまでだべったりできる子たちも多く、楽しい時間を一緒に過ごさせてもらいました。彼らとはまさかしんみりする感じにはならなさそうですが、ともあれ、最後までわいわいがやがやと弄り通してきます(笑)

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


そして明日早朝からふたたびヘルシンキへ!

posted by こばやし あやな at 01:34| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

思わぬとこからのスカウト

IMG_20140427_123300.jpg

しばらく日記のためにパソコンに向かえなかったことの言い訳対象となる、イベントの晩ばかりが続いていました。別の街の日本人友達が突然泊まりに来たり、ビオラのパートナーである音楽学校の友人のディプロマコンサートを聞きに行ったり、また別の友人の誕生日パーティに駆けつけたり、オケのみんなと来週のコンサートで振る舞うドーナツを延々揚げたり。じっくりと誰かの話や音楽を聞いて、自分の内面方向へのフィードバックも多かった数日間でした。おかげで日曜夜とはいえちょっと疲れ気味です。

そう言えば、昨日ちょっと面白いスカウト(アルバイト依頼)に出会いました。陳列商品のどれもこれもがすごくセンスが良くて、しかも日本の文具やカードをたくさん置いているのでお気に入りで通いつめている街の絵はがき屋さんに、同僚の誕生日カードを買いに先日立ち寄ったのですが、いつもは見かけない、天使のような笑顔の若い店員さんが売り場にいらっしゃいました。成り行きで少しお話していたら、彼女は今後もっと日本の商品の輸入販売に力を入れたいのだけど、参照ウェブサイトや対応なども日本語オンリーのところばかりで発注に四苦八苦しているので、日本語ができて発注の仕事を手伝ってくれる人を探し始めているとのこと。私で良ければ…と話が弾み、そのまま裏にいたオーナーさんとも軽く面接のような場を設けていただいて(ついでに購入したカードを割り引いてくれた!)、このまま話が合えば、近いうちに本当にお力貸す場をいただけることになるかも…というところ!

これまで日本人のためにフィンランドを紹介するお仕事が中心だったので、フィンランド人のために日本のものを紹介する仕事にも携われたらなあという思いが最近無性に募っていたところでした。もしその新たな出発点が、本当にこの贔屓にしてきた大好きなお店から…となったら幸せこの上ないですね。この素敵な縁談がぜひとも成就しますように。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


来週はVappuウィーク!



posted by こばやし あやな at 04:30| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。