2016年01月06日

新年こんな感じで始まりました

20160101_1.jpg

新年明けましておめでとうございます👤
たまには「おめでとうございます」の語尾にふさわしい絵文字でも挿入してみるか…と登録されているアイコンをざっと見たのですが、ツリーはあっても新年らしい絵柄が見当たらなかった。。

久しぶりにフィンランドで過ごす年末年始。大学友達とわいわいホームパーティをして、花火打ち上げて、カウントダウンセレモニーに行って、ばっちり昼間で寝正月…の何の例外もない典型的な年末年始でした。

IMG_20160105_181940.jpg

元日は、近所に住んでいる日本人留学生の友だちと分担して、それなりに日本人として新年を迎えた気になれそうな食卓づくりに励みました(笑)パランデル家はおなじみの乾燥キノコで出汁をとった、キノコたっぷりお雑煮を提供。おせちやお汁粉やおとそもそろって、食器はまあフィンランドですが、正座してちゃぶ台囲んで、たまたまやってたジブリ映画を見ながら美味しいものをいただく。慎ましく幸せな一年のはじまりはじまり、でした。あと新年早々ミッコがやたら料理など張り切ってくれるので、楽させてもらってます笑

お仕事はなんだかんだで元旦の夜からちまちまと始めています。あえて他人が普通くつろいでいるであろう、心の余裕があるときに気分よくマイペースに調べごとや翻訳作業など進めるのは嫌いじゃないです。いっぽう、毎年のことながら昨日ないし今日と世の仕事始めの日が来ると、うんざりする量の新規メールが押し寄せてくるので、それらをさばくのにはやや疲弊。今日は日中馬力上げて少し頑張りすぎたので、あとはのんびりサウナ入ってバスローブでマイナス23度の世界でしばし涼みたいと思います(笑)

それにしても、年が変わったとたんにようやく従来の冬モードにスイッチがはいり、ここ数日はマイナス20度台がデフォルトです。それでも相変わらずの自転車登校ですが、昨日は鼻を隠すマフラーを忘れて、下り坂で「鼻とれてどっかに落っことしてきたかも!?」と焦るくらい、鼻が冷たくなりすぎて感覚を失ってしまいました。明日からは出張初めということでヘルシンキへ。多少は気温もマシなのかと調べたら、意外と今は南方も寒いようですね…。今年最初の取材仕事でインタビューさせていただくのは、私のインタビュー業史上最高齢の方です。それでも戦後のフィンランドのデザイン界に非常に大きな転機をもたらした、重要人物のひとり。どんなふうにコミュニケーションをとるか(とれるか)は、まさに現場でお会いして様子を見ながら、となりそうですが、貴重な機会に感謝して楽しんできたいと思います。週末はミッコもヘルシンキにやって来て、新年パーティ出席や誕生日祝いなど。すでに願うまでもなさそうな予感はしますが、今年もたくさん移動してたくさん新しい世界に出会える一年でありますように。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


おっと明日は祝日とな!




posted by こばやし あやな at 01:55| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

私をドライブに連れてって

20150505_1.jpg

うふふふふ……なんだかブログ更新が日課でありストレス発散であり、ゆえの小さな誇りみたいなものだった過去の私に要らぬ罪悪感を感じてしまうほど、ここ最近は生活から強制排除してしまっておりました。

強制排除というのも白々しい言い方ですが、ここ2週間ほど、書き物や翻訳系のお仕事+論文中間発表関連の作業が危なっかしいほどに立て込んでおり、パソコン机に向かい過ぎていよいよ身体が負担を感じ始めていたので、必要最低限の時間以外には、かなり意識的にパソコンから遠ざかって過ごすようにしていました。度々語っているように、一日の終りのブログ執筆は、自分にとって一日の疲れ&ストレスを吐き出す寝る前の儀式みたいなことなので(だったので)、こういう形で、好きなことを仕事にしている故の弊害がちらりと姿をのぞかせます。

今日は一日オフを貫いていたので、久々に更新画面を開いてみました。どうやら先々週末のコンサートの事後報告で止まっているようですが、そこからの2週間ただ四六時中机に向かっていたというわけではもちろんなくて、祭日ヴァップの夜はもちろんオーバーオールを来て、近頃フィン人らしくないほど仕事が立て込んでいる夫や社会人友達同士慰め合うように庭でBBQをしたりもしましたし、今年度の交換留学生の送別会を開いたり、もうすぐお別れになる面々と夜な夜な我が家で飲み食べ語り明かしたり、私の体年齢を猛烈に心配するミッコに手ほどきを受けて朝ジョギングやヨガを取り入れてみたり…。何せ白夜シーズン加速中で、夜いつまでも屋外でも活動できてしまうので、それを逆手に取るようによく働きよく遊び、しています。

そしてようやくタイトルのお話ですが、実はほんとうにびっくりするくらい急遽、我が家にマイカーを迎え入れることになったのです!本日新しい相棒と対面し、納車と車検を終えてきました(残念ながら車検で小さな用修理事項が見つかったため、自由に乗り回せるのはもう少し先になりそうですが)。というのも、ミッコのご両親は退職前までお二人とも自宅から別方向の職場に勤めていたので、ずっと車を2台所有していたのですけど、退職後はさすがに2つもいらんよね、と片方をずっと眠らせてあったのです。
売りにかけていた時期もあったのですが、この春晴れてミッコも社会人になり、車維持の経済的余裕が生まれ始めたので、「冬タイヤも含めてプレゼントするから、欲しければどうぞ」というお話を我が家にふってくださったのです。我々も現在日常的は自転車があればなんら困ることもないので、車はそれこそいつか家族が増えたらそのときにでも…くらいに考えていましたが、自分たちで新たに買う初期費用の煩わしさを考えればもちろん断る理由はないので、喜んで譲り受けることにしました。プジョーの、ちょっと長身なマニュアル車。ハイ、そういうわけで私は今のところ運転はできず、当面は乗り専になっちゃいます。こちらに暮らすからには、いつかはマニュアル車も運転できるようにならんと…とは常々思っているのですけどねえ。

そんなこんなの、毎日です。
今頑張っているアレヤコレヤも、いずれも日の目を見るまでにはもう少しかかりそうなので、ゆっくりじっくり、渾身の成果を形にして皆さまにお届けできるよう心をこめて取り組みます。それから今週末には、一念発起して最近にしては結構奮発してしまった大きなお買い物の商品が手元に届く予定なので、これがやって来たら、その後は巡り巡ってブログの更新頻度もちょっとは盛り返すかもしれません(笑)来週以降の自分自身に乞うご期待、ってことで…。

それでは日本の皆さまはGWのエンディング、どうぞ最後まで楽しんでくださいね。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


サウナ行ってくるかな。


posted by こばやし あやな at 02:31| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

先を見据えたチョイス

IMG_20150404_204306.jpg

そうそう、連休中に我が家に新たに導入されたものがあります。人呼んで、プリンターー!!笑
いうても大学に行けばいくらでもコピーもプリントアウトもスキャンも出来るのでこれまでずっとノーマークでしたが、ミッコも晴れて在宅ワーカーになったし、私も時々大事なデータ印刷をし忘れて早朝や休日に学校に走ったり…といったことが続いていたので、良い機会だということで思い切って買ってきました。すごいなあ、最近はwifi経由でスマホからでもワイヤレス印刷できるのが一般化してるのかー。

まあこれまでのうちらならとりあえず安いので我慢しよう(あるいはセカンドハンドで掘り出しものを見つけよう)、という選択に走っていたと思いますが、ほぼ初めて、多少出費のかさむものながら「あとあと長く快適に使えるよいものを」という夫婦間の合意のもと、やや奮発を許してみました!ううむ、小さいことだがすごい新感覚…いつもより先を見通した意思決定ができたというただそれだけのことに、家族という運命共同体の永続性、あるいは異国ながらここに長期的に根をはる覚悟とビジョンみたいなものを感じてにわかに興奮しちゃいました(笑)
ま、いうても結婚式の時に友達からもらったギフトカードが一部負担してくれたから思い切れたんですけどねえ。。

いつかこの感覚の延長で、身の丈のタイミングに見合った、より高額かつ選び直しのしにくいもの…車とか家とか…を家族会議をひらいて慎重に選んだり悩んだりする日も来るんですかね。そうして長く使える良質なものを身の回りに揃えて居場所を整えていくうちに、だんだん自分という存在がすぽっとおさまってしまう鞘が形成されて、心地いいんだけどそういや昔のような身軽さは失ってしまったな、てふと感じたりする日もくるのかな。なんてくだらない想像もしてみたり。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日は部屋の中がえらく冷える…

posted by こばやし あやな at 06:41| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

お茶の間ジブリ

IMG_20150404_204649.jpg

普段はダイニングキッチンで椅子にかけてご飯をいただくのが当たり前の我が家ですが、今日の夕食は初めての例外を作ってしまいました。リビングで床に正座してテレビを見ながら、ザ・お茶の間ご飯。うちのソファ・テーブルは円卓なので、ご飯を広げてしまうと呆れるくらいにちゃぶ台の見てくれ!たまたま夕飯メニューはイースターにかこつけたナイフ&フォークメニューだったので、折衷感は否めませんが…

そこまでして二人が見たかったのは、夕方から5時間近くのブチ抜きで国営放送局で放映されていたスタジオジブリ特集でした。トトロ、ラピュタ、そして砂田麻美さんが撮った『夢と狂気の王国』という宮ア駿監督の日常を軸にしたスタジオジブリのドキュメンタリー映画、の三本立てで、嬉しい事に全部字幕処理だったので、珍しくこちらのお茶の間に居ながら日本語の響きをたっぷりと味わえました。
たぶんフィンランド(や諸外国)で日本好きとか日本語学習者を名乗っている人は、たいがいジブリの映画には感化されていて、DVDを揃えていたり音楽を口ずさめたりするのです。この間のアニソンコンサートでも、ジブリ作品はどれも漏れなく熱狂的に喜ばれました。
だからこちらでの国際結婚・カップルあるあるとして、相方の自宅からはたいがい懐かしい作品の現地語版DVDやビデオが見つかる(笑)そしてこちらの映画館なりテレビでたまたまジブリ映画が放映されるときは固唾を呑んで見守る(笑)うちも例外にもれず、です。相方はそもそも映画オタクなのでうちのテレビ棚にはジャンル分けもなされずおびただしい数のDVDが陳列されていますが、その合間合間に10作品くらいは見つかるかな。本人いわく、日本文化および日本語に最初にときめきを覚えたのは中学だか高校時代に千と千尋を観たときらしいですし。ジブリ映画がなければ今のパートナーと出会ってなかったはず!と感謝している方も少なくないでしょうね。

私自身の不動のベストオブジブリは、ナウシカ、トトロ、ラピュタ、魔女宅、の四作品です。単純に人生で繰り返し観た回数が圧倒的に多い四作品だから、なのですが…。幼少期は金曜ロードショーの録画を、それこそフィルムがすり切れんばかりに何度も何度も見ていて、これらの作品なら台詞を全部暗唱できるんじゃないかと思えるほどです。だから今回のチョイスには花丸をあげたいですね!

トトロ×フィンランドといえば、やや強烈な思い出が蘇ってきます。2006年にフィンランド留学をしていたときにちょうどトトロがフィンランドの映画館で上映されることになって、授業の空きコマを利用してとある平日の午前に1人でカンッピの映画館に観に行ったんです(これは吹き替え版でした)。でも、公開されてすでに一週間がたったころだったし、選んだ時間が時間だったので、なんと鑑賞者は私一人だったんですよ。で、無人の劇場の特等席を陣取って映画を堪能し(ひなびた日本の田舎の風景のなかをゆくトラックのなかで、サツキちゃんがいきなり"Isä〜〜haluatko karamellia??"と流暢なフィンランド語を喋り始めたのは出オチもいいところでしたw)、トウモコロシも無事にお母さんの手元に届いてめでたしめでたし、トットロ、トット〜ロ♪のエンディングを自分も口ずさみながらさあ劇場を後にするか、というとき…

まず、いつまでたっても劇場が明るくならない。おかしいなと思いながら手探りで出口扉まで辿り着いて思いドアを引き開けようとしたら…なんとまさかの施錠状態!!どうも、この回はだれも見てなくて部屋には誰も居ないと勘違いされたのか、外からロックが掛かったままだったのです。ドアを必死に叩き声を上げてみるも、だれに気づかれることもなくで…。
ふと、この映画館の受付に電話さえできればここに閉じ込められていることを説明できると思い、大学のゼミの日本人友達に電話して、映画館の電話番号を調べてもらうよう頼みました。が、彼も寝起きだった上フィンランド語のサイトがいまいち理解できず、教えてもらった番号にかけるも全然的外れな相手だったようでしまいにガチャ切りされてしまうのです。。。チーン
結局かれこれ映画終演から40分近くたったときに点検に回ってきたスタッフが突然ドアを開けて、ようやく私の存在に気づいてもらえたという。私もそこでしっかり抗議したり何なら払い戻し要求してもよかったのに…と今でこそ思いますが、なにせ留学を始めてまだ数ヶ月、フィン語はもちろん英語でも「罵声」や「けんか腰」のノウハウを身につけてなかったし、何より久しぶりに外の光と甘いポップコーンの匂いに包まれてすっかり現実に安堵してしまったので、そのまま気まずい会釈だけしてすごすごと出ていってしまったのでした…。

という甘酸っぱい思い出が、トトロという作品には封印されています(笑)

ラピュタを観ていてふと気に留まったのが、ドーラおばさんがどこかのシーンでぼやいてた「女は度胸だよ」のフィンランド語訳(耳では日本語を楽しみつつも、悲しきかな目はつい要らぬ字幕を追ってしまうのよね…)。というのも字幕では「Tämä on naisten heiniä!」となっていて、直訳してしまうと「この作業は女達の干し草よ!」というまったく意味わかめな一文なのですが、heinäには干し草や草以外に「〜の得手、取り柄、好み」みたいな意味があるそうです。初耳〜
ここでは律儀に「女性に必要とされているのは勇敢さである」という訳をもってくるより、「危険に立ち向かうことこそ女の得意とするところだよ=女は度胸だよ」と意訳されているのは、じわじわと巧いな〜と思わされました。ドーラおばさんのキャラがよく立ってますよね!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は久々に晴れるのかな?



posted by こばやし あやな at 06:32| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

我が家の新生社会人

IMG_20150401_232608.jpg

今週は大学内のカフェテリアでイースターホリデーにちなんでpuputus viikko(うさぎ食べ週間?puputtaa:うさぎのような口の動かし方で食べる、なので…)という、同時多発的なサプライズやディスカウントやデコレーションなどがいろいろ繰り広げられております。が、今日目にした一角はあまりにウサギ過ぎた!!

食事テーブルの「どうぞうさぎのようにかじってください」の立て札の横には、なんと生のパプリカやらカリフラワーがどっさり。。。もう正真正銘のウサギの餌ですやん!!!笑

という本日のびっくりネタはさておき、4月1日、本日よりようやく我が相方がいっぱしの「社会人」として新生活を始める運びになりました。厳密にはまだ大学院は卒業しきれていないんですが…まあフィンランドではありがち!?
この半年内に、エピソード披露は慎みますがちょっと驚くような縁があり、本人がかねて希望していたとある日本の企業で、ユヴァスキュラの自宅をベースにしつつフィンランドや欧州各地を飛び回りながらの楽しげなお仕事をさせていただくことになりました。フィンランドでも近年は就職氷河期とささやかれている中、人一倍蛇行しながら学生生活をめいっぱい謳歌しつつ、ブランクや就活ストレスもなくあれよあれよと社会人にシフトできるなんて、「ラッキーだったねアンタ」以外にかける言葉も見当たりません(笑)

まあでも今回の就職の兼にかぎらず、ミッコを見ていると「運も実力のうち」という言葉を思い知らされるというか…強運オーラをまとっている人って、さらなる運を呼び込みそうな爽やかさがあって、それがまた誰かや新しい縁を引き寄せるのかな、と思ってしまいますね。ま、いうても自分もどっちかといえば慢性的に運はいいほうだと思うので(悪運も同じく強いんですが、それはそれでネタになるし笑)、これからも財力はないけど運はあるノマドワーカー夫婦同士、「ラッキー!神様ありがとう!」と唱え続けながら、今後はいよいよ本格的な共働き生活を支えあい楽しんでゆきたいと思います。

世の新生社会人の皆さんも、今日から部署やポストが変わったり変わらなかったりともかく心機一転働き始めた皆さんも、心身の健康に留意して、誠意のこもったお仕事を続けていかれますよう!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は四時半起きで日帰りヘルシンキです…それを乗り越えたらひとまずイースター休暇!
posted by こばやし あやな at 05:53| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

インスタグラムに一時退避

IMG_20150327_210812.jpg

2月3月は、ブログ更新打率も散々なまま過ぎ去ってしまいましたね…。だいたいいつも一日の終わりのデトックス作業のように書き散らしてから寝床につくのが習慣(だった)のですが、最近はとにかく短期出張が多いのと、日中にしゃかりき動いて、夜くらいは夫婦水入らずゆっくり互いの論文の進捗報告やボードゲームでもしたい欲のほうが強くて、優先順位が日に日にランクダウンしてしまっております。まあそのうちまた〈書いて寝る〉が恋しくなって来ると思うので、その時まで「週一まとめ読み」くらいの気軽さでご訪問ください(笑)

とはいえ、その日その日の何かを記録する、アウトプットするという作業自体はやはり私の日常から完全に切り離せず、まとまった文章を書き散らかす代わりに、最近は3年ぶりくらいにインスタグラムを復活させて、一日一投稿を心がけています。ここでは、歳時記とか風景とかじゃなくて、インドアな生活の至近距離にあるお気に入りのもの…すなわち他人からすれば一番どうでもいいものばかりを載せていくという設定にしました。公用語は英語。ただしインスタなのであくまで写真がメインで。#フィンランド なんていう閲覧客呼び込みハッシュタグはつけませんが、私のお気に入りのものは多くの人に出会って広く共有してもらえると嬉しいので、商品名、ブランド名はじゃんじゃんタグ付けしていきます。アカウントはayana0324ですので、どうぞ気軽にお立ち寄りください。しばらくやってみてこのツールの面白みが感じられたら、自分からもいろいろフォローしてみようかな。

思えば10年近く前にフェイスブックを始めたときもそうでしたが、こちらの文化で普及しているからと勧められて始めた新手のソーシャルメディアは、得てしてその時点でまだ日本国内での普及率が低く、やり始めたもののあんまり他者とのつながりも薄くてやりがいがなく…結局一度手放して、母国でも沸き上がってきたころに再始動…というパターンをたどってるものが多いですね。PintelestとかLinkedinなんかも、手を付けたのは日本人としてはそれなりに早かったはずなのですが、結局盛り上がる前に放置して復帰の目処もたたず今に至っております。ブログはなんだかんだで書き始めて10年以上たってるのねえ!当時はそれこそライブドアブログくらいしか選択肢がなかったイメージ。
ついでにいうとtwitterはブログや仕事絡みの更新告知(←ほぼ自動更新w)と一部の友人とのプライベートメッセージ交換が主で、mixiとは自然消滅、lineは日本の取引先の方との通信手段…といった現状。結局私自身にはブログと、そしてfacebook(個人andおかん公式)が一番有益で長続きする手段のようです。共通するのは、字数制限がないのと、簡単に写真が複数アップできるということですね。事実、字数制限との格闘は原稿書きの時だけで十分です笑

明日は取材名目で、「初めての街」へと日帰りトリップしてきます。フィンランド国内で「初めての街」に行く機会は、かなり久しぶりなのでわくわくしますなあ。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


おっと明後日はサマータイム開始ですか!

posted by こばやし あやな at 04:51| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

ここがあるから頑張れる

20150309_1.jpg

丸五日間にわたる、複数の仕事の同時消化のための首都滞在から昨晩(といっても最終列車だったので0時をまわっていましたが…)帰ってきました。家の中はぴしっと綺麗になって掃除機がかけられていて、キッチンには私の帰宅予定時間から逆算してオーブンに入れられたらしい焼きたてのマカロニキャセロールがほかほかと湯気を立ててて、そしていつもどおりの満面の笑みを浮かべて出迎えつつもすぐに謎の「地球防衛軍?の奇跡の生還」寸劇でさらに笑かしてくれる、愛しの関西系フィン人パートナー。

ああ、やっぱりどこよりここより、我が家ですわ。我が家がいちばん。次々に新しい人に出会えて、やりがいのある仕事を任されて、副産物として珍しい外食や快適ステイが用意されている出張ももちろん、人生の大きな生きがいであり楽しみ。でもとりわけこの家に二人暮らしを始めてからは、そんなフリーランサー特有の流浪生活のなかでも、あるいは故郷から遠く離れた海外生活でも、ちゃんと地に足付け心身を休められる本当の居場所を持っている…という安心感をいつでも保っていられます。将来的に家族が増えるかもしれないときの我が身のことは正直まだ想像を及ばせられないけれど、少なくとも今はこうして自分のペースでやりたいことをのびのびできて、しかも不完全な部分を適宜しっかりフォローし励ましてくれるパートナーが傍にいてくれることにただただ感謝する日々です。
4月からはいよいよ二人揃っていわゆるノマドワーカーになって、とりわけ相方は今後私以上の頻度であっちこっち小出張に出向くことになるようなので、2人そろって公私ともに満足度の高い日々がおくれるよう、今以上に愛情表現と感謝表現を大切に、そしてディフェンス力とオフェンス力を磨いて支えあってゆかねばと思います。

ああ、それにしても我ながら最近ちょっと気張りすぎてる感も否めないので、一日くらいメール返信もなにもかも封印して、どこかにのんびりしに行きたいなあ。あるいは、久々にぱーっと買い物!これといって欲しいものはないけど。。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


ヘルシンキはすっかり春の始まりを思わせていましたが、やっぱりこちらはまだ冬の終わりという体感温度と風景ね

posted by こばやし あやな at 02:10| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

居酒屋ぱらんでるetc

IMG_20150216_000722.jpg

さっき、夜にうちに遊びに来ていて方方に徒歩帰宅していく友達を見送りにちょいと外に出たら、マイナス23度という驚きの寒さ!冬の気温として今更驚くべき数値でもないけれど、つい先日までは「プラス」10度近くまで気温が急上昇して、雪もどっと溶け始めたりで大変だったんですよ。それがまたここまで急降下してしまうとは、さすが年がら年中寒暖差パラダイスのフィンランド。

さて週末は、平日にやり残した仕事の補完に加えてほどよくレクリエーションも寝溜めもできて、とてもマイルドに過ごしておりました。
昨日は午後はずっとカルテット仲間と一緒で、もちろん練習を詰めたり、プロモーションビデオめいたものを撮影したり、アンコール曲をあれこれ選曲したり。はあ、やっぱり音楽漬けのホリデーは幸せ♡今回から、アップビートの曲何曲かで弦アンサンブルだけでは出せない複雑ビートを加えてくれるドラマーのミッコも参戦でテンションもアップ!本人としてはやるからにはフルセットドラムでやりたかったみたいですが、とても我々のボリュームで太刀打ち出来ないのでそこは説得し、今回はしぶしぶジャンベでアレンジしてもらっています。でもこのアコースティックな打音のほうが断然弦アンサンブルには馴染むし、ジャンベは細かい叩き方や叩き位置で音色が見事に変化するから充分に多様なビートやダイナミクスを加えてくれるんで、弦でポップスをやるときはオススメのコンビネーションです!

張替えたてで音程がかなり不安定だった弦も、練習終盤でようやく落ち着き、豊かに鳴りはじめてくれました。ちなみに(狭い業界トークになってしまいますが)ここ数年はもっぱらトマスティック社のVision solo弦セットを愛用しています。先日工房のミカさんにも、なにか最近人気種やオススメ種はあるか聞いてみたけれど、音程の安定感と低弦から高弦の音ムラの少なさ、そして何よりビオリストが一番気にする発音のレスポンスの良さではやっぱりこのシリーズが優秀で、これが出回り始めてからは、ユヴァスキュラ響の団員をはじめ自分の顧客のビオリストは、セット買いならみんなこの弦を使い続けている…とのご意見でした。

で、本日夜は、4月からの就職先が決まった研究者さんと、コンサートにむけて動画編集をお願いしている留学生の子たちをお招きして、久しぶりにひっそりと居酒屋ぱらんでるを開店(注;店主ももちろん小料理を出しながら一緒になって呑みます笑)。うちにいろいろなお付き合いでいただく美味しいお酒が溜まっていく一方で、特にミッコが普段は武道のために完全節制していて全く飲まないので、定期的にこういう会を開いてみんなでおいしく消費していくようにしています。
今日のお通しに、思いつきでひじきと玉ねぎとサーモンのマリネをつくってカッテージチーズをトッピングして(味見もせず)お出ししたらとても好評を頂きまして、またひとつ、日フィンコラボ惣菜リストが増えました!その他にも、自分では今までチャレンジしたことのなかった料理を何品か試作がてら。
写真左の「八海山 越後で候」は、帰国中、我々の共通の知人さんを尋ねて新潟まで赴いた時に、12月の地元限定の貴重な搾りたて銘酒だよと新婚祝いにいただきました。日本屈指の米処の恵みとしかいいようのない、フレッシュでまろやかな口当たりから気持よく酔いがまわります。さて、これを弾みにまた一週間頑張らなきゃですね。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


引きかけた風邪が悪化もしないけれど完治もしないもどかしさ…


posted by こばやし あやな at 09:05| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

起き抜けのマッサン騒動

20150204_1.jpg

今日、まったくいつものように相方ののそっと起きる気配で自分も目を覚まし、コーヒーマシーンのスイッチを入れてから、寝ぼけ眼で自分の部屋の隅で充電してる携帯を手にしたら……もう、どんな異常事態かと思うくらいフェイスブックにもメールにメッセージが来ていて、眠気が瞬時にぶっ飛びました。スマホの上の方の着信アイコン、ぷよぷよで一気におじゃまぷよが降ってきて「もうだめ〜」ってときくらい、メッセージ受信マークが並んでて壮観でした。。スクリーンショットとっとけばよかった(笑)

で、何がどうしてそうなったかといえば、以前ブログではちょろっと告知したのですが、本日のNHKのマッサンのエンディングで、国際結婚カップル紹介としてパランデル家の写真が採用されていたようです。はい、当の本人たち、近頃の忙しさにかまけて完璧に忘れておりました…。そもそもこちらで普段から観ているわけでもないし、視聴手段もないのですが…ね。

いやはや、NHKの影響力は、恐るべしです!!!少し前にブログに書いた以外は、SNSなどで特に予告をしていたわけでもないのに、そして映るのはほんの一瞬だというのに…こんなにも多くの人がこの番組を見ていて、知っててか偶然か(後者のほうが圧倒的に多いはず)我々を発見して、ご報告くださったり、わざわざ証拠写真送ってくださったり…こんな数の反響、今までのどの仕事の成果にももらったことないです…笑。
まったくお会いしたこともないブログの読者さまやSuomiのおかんFBサイトフォロワーの皆さまからも、はたまたしばらく連絡をとっていなかったような友人からも興奮気味のメールが次々に届き、いかにこのマッサンという番組が多くの人に愛されているのかを思い知らされました。そうそう日本だけでなく、フィンランド、シンガポール、アメリカ、果てはタンザニア(!)と世界各地からも「見たよ」の声が!世界どこでも見れるんかーー!
ミッコの方も、4月からお世話になる予定の会社の社長さんや、かつての留学中の先生など思いもよらない方面から反響メッセージをもらってて、びっくりしつつも「NHKデビュ〜♪」と嬉しそうでした(笑)

というわけで、思いがけず今日はお昼前まで、総数を数える気にもならない「見たよ!メール」に返信しまくることに。午後の翻訳仕事にだいぶしわ寄せが来てしまったけど、これだけ世界の各地で思いがけず自分たちの近況を知ってもらい、メールをいただく機会もそうないので、一通一通丁寧に返信させていただきました。

あの写真は、お世話になってる出版社の経理の方がマッサンの大ファンらしく、入籍直後の苗字変更の手続き中に、この応募を強く勧めてくださったので、「じゃあそれなら〜」と新婚当時のノリで送っていました。(ちなみに、放送日が決まったことを連絡していたわけではなかったけれど、その推薦者の方もちゃんと見て気づいてくださったようで、わざわざメッセージを送ってくださいました。さすが!)
あの浮かれモードから何ヶ月か経過した今になって、いろんな人が添付してくれた(当然同じショットの)証拠写真を見続けていると、自分たちは(番組を見てるわけでもないのに)気恥ずかしさでもうおなかいっぱい、胸焼け状態(笑)…それでもこんなふうに家族親戚だけでなく、多くの方に見て喜んでいただけて、思いがけずよい記念になりました!今日メッセージを寄せてくださった皆さま、改めて、おおきにありがとうございましたー!!

式もハネムーンも遠い昔となりつつあり、我々もうさすがに新婚さんとは呼べませんが、アツアツ度はむしろ日々増す勢いで(笑)、毎日お互いの素をさらけ出しながら楽しく心強く暮らしています。これからも自分たちのペースとキャパシティを大事に、そしてこれだけ多くの人が遠くで近くで見守ってくださっている境遇に感謝して、少しずつ我々らしい家庭・家族を模索していこうと思いますので、まだまだ新米のパランデル家を末永くよろしくお願いいたします!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


晩のカルテットに本気出しすぎて腕が言うこと聞かないので、今日はもうこれにてパソコンのスイッチきります。。

posted by こばやし あやな at 05:22| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

これはもはやただの…

20140203.jpg

節分でしたね、今日は。
こちらでもありったけの食材をかき集めて恵方巻きを作って食べる年もありましたが、今晩のメニューは家に米すら切らしていて、慎ましくジェノベーゼパスタでありました。

食後ふいに、せっかくだから何か撒いて「鬼は外」行事をやろうかという話になったのですが、少なくとも食在庫に豆はなく、別のなにかパラパラしたもので代替シーンを想像してみたところ、米→もったいない、麦チョコ→もったいない、柿の種→もったいない……と、大概なんでももったいない精神が働いてしまうことに気づきました。。むしろどうして豆だけは、年に一度とはいえあんな粗末な扱いをしても誰も怒らないし罪悪感を感じないのでしょうねえ。

ということで、唯一見つかった、いくら投げてももったいなくもなんともないもの…むしろ投げつけてやりたいくらい今敵対視しているもの…そうです、外の雪を、バンバンなげあうことにしました。とはいえ、鬼のお面など持ってなかったので、これはもはやただの、雪合戦。。まあ、なんか無性に楽しかったので我が家にはちゃんと一時的にでも福がやってきた感じがしましたけどね!

ちなみに、日本の「鬼」のステレオタイプといえば、1〜2本の角に、若干天然パーマの髪に、虎のパンツ、そして金棒ですが、フィンランドの「鬼」にあえて相当する存在といえば、ペイッコ(peikko)。実はかのムーミンも、ご当地ではmuumipeikkoと呼ばれるようにペイッコ属のひとりという設定なのですが、一般的なペイッコは決してあんなカバと見間違えられるような風貌ではないようです。

そこで相方に書いていただきました、「いわゆる」ペイッコの図が、こちら…

IMG_20150203_223149.jpg

ん…残念ながら、これは怖いというより、「哀れ」の印象のほうが強くて、とても豆を投げつける気にはならんわ。。。そろそろ切りに行きなよ、と促したくなるモサッとした髪に、重すぎて垂れてしまうほどのでっかい鼻が特徴なのだそう。そういえばムーミンも、髪はないけど、多くの読者がアゴだと思い込んでいる輪郭の先端、あれ実は当初の原画では鼻として描かれていますものね(百聞は一見にしかず、この時の日記を参照ください)

支離滅裂な日記でしたが、最後にもうひと支離滅裂、本日2月3日はアルヴァ・アールトの誕生日でもあるので、イントロ写真は私が一番好きなアールト建築を載せてひっそり祝福いたします!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


耳かきどこ行ったかな…

posted by こばやし あやな at 06:07| Comment(6) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。