2012年06月02日

カウスティネン思い出アルバム

20120521_22.jpg

引越しを挟んでばたばたしているうちに、すっかり、2週間前のカウスティネン訪問記を綴る機会を失ってしまっていました…そうこう言ううち、三日後には今度はヘルシンキにお引越し。
今日もこれから我が家で新居祝い&上京壮行会を開いてもらったり、明日はミッコのご両親が私&ミッコと妹さん&その彼氏さん(タンザニア人!)を食事パーティ招いてくれていて、またレイヴォンマキで週末を過ごすので、あとはあっという間にヘルシンキ行きの列車に乗り込むことになりそうです。

そんなわけで、あまり時間もなくしっかり言葉で綴ることはできませんが、すでにアップロードだけしてある写真のキャプションメインで、思い出を振り返ってみたいと思います!

20120521_16.jpg

20120521_18.jpg

20120521_17.jpg

20120521_2.jpg

20120521_28.jpg

昨年の民族音楽祭のときにおうちに宿泊させてもらって以来、小学5年生の次女タイミちゃんとのメールやりとりを中心に交流が続いているケンタラ一家に、楽器を持って再訪してきました。

なんと子供は6人兄妹。長男長女は少し歳が離れていてすでに自立しつつありますが、その下はまだまだ育ち盛りの純粋無垢な子供たち。タイミちゃんと、歳子の妹ハンナちゃん、そして小学1年生になったマルッティ君と、5歳の甘えん坊末っ子ラウリ君。それぞれ、バイオリン、ピアノ&オルガン、チェロ、角笛(笑)を奏でます。そんな賑やか家族をムーミンママのように器量よく束ねる教会楽師のお母さんアンナ=マリさんと、バイオリン弾きの一家の大黒柱ユッシさん。絵に描いたように仲良しで結束力があり、いつでもいろんな楽器の音色につつまれた、本当に温かで賑やかな一家です。

ちなみに末っ子ラウリ君は、前回の訪問時から相当私になついてくれて、出会い頭にクモのおもちゃを投げつけてきたり、机の下から足をこしょばしてきたり、イタズラと言う名の愛情表現で常に私の気を引こうとしてきます(笑)寝る前はわざわざ私のベッドに来て無言で抱きついてきたり、別れ際にピンク色の色鉛筆で大きくハートがかかれたラブレターを恥ずかしそうに差し出してきたり…もう私もメロメロ(笑)誰がなんと言おうが第2ボーイフレンド認定!

それから、写真に写っている黒人の女の子は、ケンタラ一家の裏に住んでいる、ユッシさんの妹さんの一女ブリアーナちゃん。夫さんはケニア人なのです。生まれつき右腕が少し短く指が2本しかないのですが、行動を観察していると、むしろ積極的に器用に使いこなしているのはその右手のほう。人見知りもせずよく笑い駆けまわるお転婆娘です。彼女は私が作って持っていたロールケーキがとてもお気に召したようで、誰よりももぐもぐと美味しそうにたいらげてくれました(笑)

20120521_4.jpg

20120521_21.jpg

20120521_19.jpg

カウスティネンは、ペリマンニとよばれる農村楽師文化が今なお受け継がれる、まさにフィンランドの民族音楽の聖地。住民の大半がプロ・アマ関わらず人前で楽器を弾けるらしく、こんな小さな村なのに私設の子供音楽学校や専門学校などもあるくらいです。だから、ケンタラ一家のようにそろって楽器が弾ける家族もめずらしくありません。

このお宅だけでも、本人たちが嗜んでいるかどうかに関わらず、実にたくさんの楽器が眠っています。なので、ご近所さんがふらりとやってきて楽器でセッション、そのまま家でお手製ダンスパーティ、なんてのもとても自然なこと。このときも、近所の子供達がそのご両親などが私の来訪を聞きつけて顔を出しに来てくださり、挨拶代わりにこの村で生まれたペリマンニ音楽を中心にさまざまな音楽を奏であい、踊りあって楽しみました。もちろん今回は私もマイビオラで参加。でもむしろ、最近練習中のチェンべ(アフリカの太鼓)があったので、そっちのほうをよく叩いておりました(笑)


20120521_24.jpg

20120521_25.jpg

20120521_23.jpg

それからこのときの訪問のもうひとつのメインは、なんと地元の小学校に「一日編入」させてもらったこと。視察なんて堅苦しい扱いではなく、本当に、一日限りの小学生として、授業を一緒に受けさせていただいたのです!
事前にタイミちゃんからそのことを提案された時、そんなことが本当に実現するものかとびっくりしたものですが、あっさり校長先生がOKしてくれたらしく、5年生のタイミちゃんと一緒に手芸、英語の授業を、4年生のハンナちゃんと一緒に美術、国語の授業を、さらにはこの日1年生から5年生まで合同で行われた、6年生を送る会の歌の練習と、お楽しみの給食にまでご一緒させてもらったのでした。

二人の同級生たちの何人かとは、前回の音楽祭の時に会って少し喋ったりもしたので、みんな覚えていてくれたらしく、私がまさに転校生のような緊張感とともに登校すると、初対面のお友達とともにわーっと駆け寄って抱きついてきてくれました。

手芸の授業(基本的に男子が木工、女子が手芸とわかれている。でも、もちろん希望により男女とも双方をとれます)では、もう前回の課題が終わった人も多いから…と、先生の発案でこの日は急遽「折り紙」を学ぶ時間に。というわけで突然教壇に上がらされて(笑)、ひさしぶりに折り紙教室を開催しました。こんな小さな村に住んでて折り紙なんてこのかた目にしたこともない、という子が大半だったので、お題はもちろん「鶴」でした。自分の手に覚えこませるためにみんな一人で何羽も折り続けたので、千羽鶴になりそうなカラフルな鶴がたくさん出来上がりました。先生の提案で、これは来週の6年生を送る会の会場の飾りとなることに!ちょっと目的違いな気もするけど…笑

その他の授業でも、どの先生も「サプライズのお客様は、この子たちにとってのよい先生でもあるのだから」と、授業内容や趣旨を保ちながら柔軟に私をうまく「活用」してくださり、休み時間はみんなと鬼ごっこや縄跳び、サッカーで汗をかき、まるでもう10数年以上前の自分の小学生時代にタイムスリップしたかのような、懐かしくて新鮮でかけがえのない時間を、キラキラ輝く目をした子供たちと共有させてもらいました。学校の先生方、一日一緒に遊び学んでくれた児童のみなさん、そしてこの貴重な場をとりつけてくれたタイミちゃん、本当にありがとう!


20120521_15.jpg

20120521_16.jpg

放課後は、お庭でクレープやソーセージを焼いておやつにしたり、

20120521_10.jpg

20120521_12.jpg

家の裏から続く原生林の森の、子供たちお気に入りの場所まで連れて行ってもらったり、

20120521_9.jpg

アンナ=マリさんのはたらく教会を見学させていただいたり(改修を重ねて大事に保存されている歴史ある建築なのですが、なんと特別にオリジナルの材木と塗装が残るクーポラの上の旧鐘楼部分まで見学させていただきました!)…

豊かな自然のなかでゆったりしながらも、あまりに一分一秒が楽しく充実しすぎていて、お別れの時間があっという間にやってきてしまいました。

残念ながら今年は仕事でカウスティネンの音楽祭は行けなさそうなのですが、フィンランドはもちろん北欧各国のフォーク音楽のスペシャリスト達が一同に集結して、連日朝から夜更けまで陽気な音楽を奏で続ける、とても素敵な音楽祭なので、ぜひ機会があれば足を運んでみてください!





ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


...なんだかんだで結構書いちゃった(笑)ではそろそろパーテイ準備を。


posted by こばやし あやな at 00:25| Comment(0) | Kaustinen-カウスティネン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

カウスティネンに、ありがとう

20110716_2.jpg

20110715_4.jpg

20110716_1.jpg

20110715_14.jpg

20110715_2.jpg

先刻、連日めいっぱい楽しんだカウスティネンの民俗音楽祭から帰ってきました。

フィンランドが好きだと豪語しておきながらも、しかも曲がりなりにも西洋弦楽器弾きでありながらも、自分がこれまで関わることのなかったことがただただ悔やまれる古くて新しい音楽世界に一気に浸り、たえず深い衝撃と感動につつまれていた刺激的な二日間でした。弦楽器歴13年目にして、フォークミュージックデビュー、しかもまさかのバイオリンデビューまで果たしちゃったしね!!

さらにさらに、フィン音楽業界のビックネームから小さな音楽科の卵たちまで、忘れがたい素敵な出会いと交流ばかりが偶然という名の引力に導かれて次々に連鎖反応を起こした、これまで以上に引きの強い日々でもありました。


日記の殴り書きと写真資料はこれでもかと豊富にあるのですが、連日朝から晩までNo music no lifeでまったく編集がおっついていないので、明日この街を離れてまた浮浪の身となったところで少しずつアウトプットしてゆこうと思います。しばしお待ちくださいね。

ayana@kaustinen.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は早くもこの街で出会った皆さんとお別れのとき…

posted by こばやし あやな at 07:42| Comment(2) | Kaustinen-カウスティネン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。