2014年11月08日

2代目パスポートとともに未知なる10年を



昨日から諸々の用事や面会や再会を果たすために、久々にヘルシンキに滞在しております。私が上京してきたのといれ違うようにユヴァスキュラではどっかと雪が積もったらしく、雪と無縁のヘルシンキに何故かいる自分をちょっと恨めしく思いつつ…笑。

メインの用は、入籍後の戸籍登録手続きとともに更新をお願いしていた、パスポートの受け取りのための大使館訪問。実際私は日本での戸籍登録名すなわちパスポート名は旧姓のままなので変更する必要はないのですが、ちょうど数ヶ月後に10年前に作った旧パスポートが失効するので、ついでに今度の帰省旅行までに作り直してもらったのでした。
ところで私のようにフィンランドでは新姓を、日本では旧姓を名乗る場合、日本の戸籍名やパスポート、口座名義などの変更手続きがいらないというのがひとつのメリットですが、反面パスポートやビザに書かれた苗字と、フィンランドで住民登録されている苗字が違うということで、身分証明の際にときどき要らぬ面倒な誤解や説明の必要性を生むこともあるようです。
私は、たまたま期限の問題で入籍と同タイミングで今回パスポートを更新することになったので、大使館の方が気を利かせてくださり、パスポートの氏名にAYANA KOBAYASHI (PALANDER)というふうに、なんと括弧書きで新姓も追加してもらいました!こんなラフな書き方が認められるとは知らなかった。。。

2005年3月(大学三回のとき)に作ったICも入っていない古いパスポートは、まさにそれまで一度も海外なんかに出たこともない、出る気もない、英語もくそくらえ!な鎖国的生活を送っていた自分が、シベリウス作品に出会った縁で一人で旅することとなったフィンランドという未知なる国に渡るために急遽作ったもの。つまり10年前の今ごろはまだ、未来の自分がこうして海外で暮らして、勉強して、働いて、母国語の違う旦那を伴侶とするなんてつゆ知らず、想像だにできなかったに違いない。

…なんて感慨深さにふけるとともに、10年後の自分が、パスポートの更新に寄せて、ブログで「フィンランドにのほほんと暮らしていた10年前の自分は、まさか未来の自分がここでこういう暮らしをしているなんて想像だにできなかっただろう」なんてことを綴ってるのだろうか、てか10年後の自分はどこで何やってるんだろう!?と、楽しみというよりは一抹の不安がよぎってしまいました(笑)いつになっても私のことだから、現在の想定内に収まっている気もあまりしなくて。。。苦笑。

フィンランドと日本の行き来だけでなく、この10年、とくに前半は、実によく他国を飛び回っていました。パスポートスタンプを見る限りでも、ヨーロッパを中心にざっと40カ国近く。当時はEU圏内の移動でもいちいち共通デザインのスタンプが押されていた(出入国の手段によって、船とか汽車とかのマークが入っていたのも好きだった)けれど、今ではパスポートコントロールすらなくなってきてますよね。これは自由の証でもあるけれど、ちょっぴり残念かな。

何はともあれ、いつも私の傍らで身分を保証し、守り、呆れるほど遥かな旅について回ってくれた初代パスポートよ、お疲れさま。そして生涯のパートナーとの共通苗字も(おまけで)加わった二代目さん、これからまた共に未知なる人生の旅路をどきどきしながら歩んでゆきましょうや!

ayana@helsinki.fi




にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ




午後はふらりと首都散歩へ




posted by こばやし あやな at 12:12| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

ヘルシンキ旅行回想

20140604_2.jpg

昨日までのヘルシンキ旅行中のあれこれをざっと思い返してみます。

土曜日。早朝の列車に揺られてヘルシンキへ。中心街をなんとなくぶらついて都会の空気に身を慣らし、小雨がぱらついてきたのでアカデミア書店にできたスタバで駄弁る。道行く人の中にあまりにアジア人が多く、「あれは韓国人」「あれは日本人」…と独自の理論に基づく見分け方実践をつぶやき続ける相方。アジア文化に慣れている欧米人は、ヨーロッパ人よりアジア人を見分けるのはたやすいとよく言ってる。同じくヘルシンキに遊びに来ていたカティらと合流して和食亭でラーメンをすすり、スオメンリンナ島へ。旧大砲が整列する南端の岸辺ではしゃいだあと、今回の旅行のきっかけとなった流鏑馬の本番前日の大的式を丘の上から観賞。実は今回の北欧初・流鏑馬お披露目の会を主催していたのが、かつてわたし自身派遣留学生としてお世話になっていた関西日本フィンランド協会だったので、終了後、懐かしい上層部の皆さんにご挨拶し、再会を喜びました。その後お茶会に参加するも、情けないことに私よりもよっぽど茶道の嗜みが身についている(留学中にそういう授業があったらしい)相方にアドバイスを耳打ちしてもらいながら、どうにかこうにか…。夜はさらに、元派遣留学生の立場でレセプション、懇親食事会と参加。基本的に関西弁しか聞こえてこない雰囲気が、なんとも愉快。


20140604_1.jpg

日曜は、流鏑馬本番の観賞へ。競技場に集まったお客さんの30%くらいは日本人だったかと。今回は、なんとフィンランドの馬術協会の現地馬たちがサムライ姿の射者の脚を務めた、文字通り日本とフィンランドの共同祭事。写真は、だれもが無条件に興奮できる騎射の実演だけでなく、神事もすべてはしょることなく行われ、雅楽の響きに誘われフィンランドの樅の木の元に日本の神様がお迎えされました。日本でも一度も見たことのなかった流鏑馬のなんたるやを、ここフィンランドで体感できるなんて幸せな限り。さらに次々と的を射止めるたびに、現地人と日本人の観客が一体となって大きな歓声をあげていた光景には胸が熱くなり、なんだか気を緩めたら泣きそうにさえなった。
一度お泊りしているヘレナさんのおうちに戻って仕込みをして、夜は久しぶりの在フィン日本人異業種交流会を開催。今回は初めてカフェを貸し切った立食形式のパーティだったので大人数を呼ぶことができ、かつてない盛況振りをみせました。毎度、その名の通りさまざまな業界や専門のもとフィンランドに暮らす日本人に幅広く声をかけているのですが、今回もまた、音楽家やコックからお医者さん、アーティスト、カフェ経営者、実業家さん、ちびっこたちまで色とりどりに集合。唯一アウェイといえばアウェイのミッコはひたすらたこ焼き屋台番として活躍(笑)

10441384_848795521816627_1255925350384440896_n.jpg

3日目はとにかく互いに行きたい共通のお店をハシゴ。といってもデザインだのファッションだのは私は食傷気味、相方は無関心ということでことごとくスルーし、趣味の良い古本屋さんや中古音楽ショップ、ヘルシンキ随一のお寿司屋さん、コーヒー焙煎所、期間限定特設アイスクリームカフェなどなど、食い気か趣味にひた走る。実はこの日、ラッキーな事に観光名所としてもお馴染みハカニエミのマーケットホールがちょうど100周年のお誕生日というめでたい一日だったようで、マーケットホールの内外では、ケーキやコーヒー、グリルソーセージなどが無料で振る舞われていました◎夜は毎度ながらヘルシンキに来るたび空き部屋に寝泊まりさせてもらっているホストマザーのヘレナさんと、同じアパートに住む仲良し家族たちをお誘いして、にぎやかな日本食パーティを開催。ここでもまた、わざわざユヴァスキュラから持ってきたたこ焼き機は大活躍(笑)これはもはや立派なコミュニケーションツールですな。月曜とはいえ、深夜まで皆で飲んで騒いで。


IMG_20140604_215303.jpg

最終日は、この国唯一の日本食材店で納豆など垂涎品を買いあさり、最近在住日本人たちのあいだでも話題の石焼ビビンバランチをしたあと、ミッコたっての希望でアテネウム国立美術館にて絶賛公開中のトーヴェ・ヤンソン展の観賞に。実はわたしは先日の仕事のオフ時間に、一緒にお仕事をしていた日本からのゲストさんの意向で観賞にお付き合いしていたので、すでに2度目。でも常設展もゆっくり見たかったし、展示はとても見応えのあるものなので、喜んで今回も同行。このときに飛び出したびっくり小咄はまた後日書きます。アテネウムといえば、一階にも大きめのカフェがありますが、個人的には3階でひっそりと経営されているカフェのほうもおすすめ。優美な古典アーチの空間にアールトの机やランプ、坂茂氏のチェアなどが上品に並んでいて、とてもくつろげますよ。
なんだかんだでトータル3時間半以上もじっくり観賞し、満足して帰宅。ヘレナさんと最後のごはんを食べて、夜の列車でユヴァスキュラに戻ってきました。

昨日も書いたけれど、プライベートでの旅行、2人での旅行なんてめちゃくちゃ久しぶりだったので、旅疲れどころかゆったり羽根を伸ばして帰ってきた感じ。メールもすべて見て見ぬふりしちゃって、とにかく楽しかった。今日はその反動でたまっていた仕事に一気に着手しはじめて、またあっという間に現実に引き戻された感じですけれどね。

ayana@helsinki.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


夕立が去ったあと、一気に蒸し暑くなってきました…

posted by こばやし あやな at 04:03| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

リフレッシュタイムへのご案内



取材コーディネート業恒例?、日本で激務に耐え抜く編集者さんに公衆サウナで癒やされてもらおうツアー。絶対ムリと拒んでらっしゃった海への素っ裸入水も、三度目の正直で見事クリア!つかの間お仕事のことを忘れられるくらいリラックスできていたらよいのですが。

明日が撮影の山場。かつ、サマータイム開始というスリル(笑)どうか皆さん時間に振り回されず無事に予定が進みますように。

ayana@helsinki.fi




にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ



我、寝過ごさぬよう。
posted by こばやし あやな at 22:40| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泡ブロ初体験



連日、クルーのほうも取材先の方もとてもプロ意識の高い方々に囲まれながら、ヘルシンキでの取材撮影がぼちぼち進行しております。ホテルに戻ってからも、方針変更や翌日の予習がてら読み込まなければならない資料がどっさりあって寝付くのも遅く、ホテルのベッドは快適だけどどうしても熟睡には至れないので、ゆっくり休むのはユヴァスキュラ帰郷までお預けになるかしら。。

そんな出張先のホテル滞在生活での愉楽は、なんと言ってもお風呂!湯船!!(笑)毎晩毎朝、寝る間を惜しんで湯をため、オヤジの唸り声をあげながら身を沈めてつかの間の極楽時間を嬉しんでいます。

ところでバスタブの隅には、ベリーの香りの「泡風呂用ミニボトル」が置いてあり、邪道だけど一回くらいためしてみるかと思い至って、今朝実行してみました。とはいえ、泡ブロなんて(※言うまでもないでしょうが、銭湯のいわゆるジェットバスのほうではなく)オサレ西洋映画で美人レディが鼻歌交じりに優雅に浸かって腕の素肌に指を這わせている、あのイメージしかなくてもちろん自身で体験したことがないので、イマイチ勝手がわからない。。。
どれくらいのジェルをどのタイミングで湯船に投入するのか判断がつかず、結局ええいとミニボトル内のほぼ全量を栓をしたバスタブの底に流し込み、そこにドドっとお湯を噴射して湯だめ。まもなく、モコモコときめ細かい泡が湯の表面に増殖してゆきました。

いざ我が身を沈めると、加重で押しやられた泡の一部がジュバジュバと音を立てて私の後頭部の方に盛り上がっていき、驚きの枕状に!そしてさらに余剰の泡が、私の皮膚にしれーっとまとわりついて、間もなく縫いぐるみのなかの綿人形に変身。気持ちいい...気もするけど、なんだか落ち着かないわ(笑)やっぱりノーマル熱々湯船が最高やわね。

ayana@helsinki.fi




にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ



さてそれでは本日の業務へ→
posted by こばやし あやな at 07:37| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

ヘルシンキパニック

20140301-1.jpg

というわけで数日前からヘルシンキに滞在しているのですが、さすがに3媒体用の撮影取材の同時進行&帰宅後の執筆ラッシュ+ふらっと入ったアカデミア書店で探し求めていた重要参考資料本が見つかったことから急遽日本とやり取りして推し進めることになった別件取材準備…と、やらねばならぬことのベクトルが四方に散らばりすぎてて、自分の芯をぶれないよう留めておくのに必死です。。。
それでも、この滞在中インタビューに応じてくれたさまざまな方お一人お一人があまりに魅力的で、執筆意欲をガシガシ掻き立ててくれました。こういうときは、取材を終えて別れた直後から頭のなかで言葉が溢れて文章書き始めてそのまま止まらなくなるくせに、肝心の脳内メモリーは弱いので、仕方なく帰宅してからも即PCに向かって連夜アウトプット。”書きたいアドレナリン”過剰分泌にまくし立てられる時間って、何はともあれ幸せです。

さて、そうこう言ってるうちに明日からはさらなる別件仕事でラップランドへ。とあるマニアック&チャレンジングなテーマの取材同行なので、気は引き締めつつも、貴重なシーン立ち会いを私自身もめいっぱい楽しんできますよ!

ayana@helsinki.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


いざ北へ

posted by こばやし あやな at 07:24| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

本日の脳は閉店しました。



お月様のきれいな、秋の装いのヘルシンキに来ています。今日まで開催されていたデザインマーケットをひやかしに、そして夜はようやく、今年ヘルシンキのとある岸辺にオープンした公衆サウナへ、論文用の下取材をかねて。湯あがり(蒸気あがり?)のふにゃけた肌、もう今日はあたしゃこれ以上何も考えたりしないからね、とシャッターオフしてしまった脳。銭湯帰りってちょうどこんな感じやったなあ。。極楽、極楽。

ayana@helsinki.fi

にほんブログ村 海 外生活ブログフィンランド情報へ


明日もヘルシンキをこまごまうろうろ
posted by こばやし あやな at 20:31| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

まったく似てない姉妹の再会



妹、無事にヘルシンキご到着。夜はアート、デザイン、建築、料理界の
そうそうたる在住日本人の皆さまに盛大なる就活おつかれ会を開いていただきました(笑)

ayana@helsinki.fi

にほんブログ村 海 外生活ブログフィンランド情報へ


明日は久々にバルト海の向こうの国へ!
posted by こばやし あやな at 00:06| Comment(3) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

ヘルシンキでのミッション完了!

mail.google.com.jpg

更新が途切れていましたが、昨日と今日は、とある音楽家さんのオンオフ風景を追っていました。そのおかげで、某ヘルシンキ市内オーケストラの、夏休み開けの仕事はじめの様子をちょっとだけ見学!チューニングの前はまさに始業式やっておられました(笑)あああ…音の洪水にまみれていたら、俄然自分もオケライフに即復帰したくなります。てかビオラが恋しい!!実はこの取材の裏で、私の所属オーケストラも月末のコンサートに向けた練習が始まっているのですが、私はもろもろの事情から今回はほぼゲネ本での出演となりそう…(ビオラは常に足りてないので、たとえ本番だけでも座ってたほうがマシという扱い…)

ともあれ取材旅行も残すところあと二日。明日は始発列車で一気にフィンランドを北上します!

ayana@helsinki.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今晩もこのあと雷雨がすごいらしい…!?
posted by こばやし あやな at 05:57| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

ヘルシンキで助走中

20130619-1.jpg

ええ、そんなわけで今はヘルシンキにおります。今朝4時起きで始発に乗って上京し、本日の公的ミッションを終え、夜はヘルシンキに来るたび必ず飲み&食事会にお付き合いいただいているいつもの皆さんと話し込み…すでに日付が変わっていますが、また数時間後には早起きして、朝一の便でロヴァニエミに飛びます。いよいよ北の果ての夏至のハイパー取材の幕開けです!

で、なんでイントロ写真がトンボかと言えば…単純に今日よくこのコバルトブルーの妖艶なトンボによく遭遇したからです。夏のフィンランドの森でよく見かけ、そのたびに鮮やかな青に惚れ惚れして目で追っかけてしまいます。フィンランド語でOkatytönkorentoというらしいのですが、和名はわかりません。特徴的なのは、どこかに止まったときに羽をたたんでしまうこと。普通、トンボって静止するとき羽は広げていますよね?ちょっとダラケ者なのかしら(笑)

ayana@helsinki.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さあ、それではひと眠りしていざ北へ!
posted by こばやし あやな at 06:23| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

五月晴れの首都から



青空にカモメ舞うヘルシンキより、皆さん素敵なゴールデンウィークor何気ない週末を!


ayana@helsinki.fi

にほんブログ村 海 外生活ブログフィンランド情報へ


このあとは嬉しい再会時間

posted by こばやし あやな at 16:12| Comment(0) | Helsinki-ヘルシンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。