2015年10月31日

文化と文化の境界のあいまいさ

20151031_11.jpg

20151031_4.jpg

20151031_12.jpg

先々週は、住宅建築を扱う専門雑誌の取材コーディネートでヘルシンキとユヴァスキュラを往復。先週は、(私のお得意様でもある)夫の勤める会社のウェブコンテンツ最新作のため、エストニア南部のヴォルというエリアに住む、独自言語を喋る民族の生活文化の取材撮影にサポート帯同。修論初稿提出からまったく間を空けられずにこのダブル出張…という過密スケジュールだったので、今週はまた次なる任務や締切り迫るレポート課題に追われながらも、気分的にはすっかり腑抜けで、さすがに調子があがりませんでした…。今年も残すところあと2ヶ月。11月、12月はそれぞれ、これまで自己流でどうにかやって来たメディアコーディネート業の有難き集大成とも呼べる大仕事も入っていて、その合間に論文最終稿も提出せねばならないので、休めるときにはしっかり休んで、クリスマスまでもうひと頑張りですな。


20151031_6.jpg

今日は、ここ最近のワーキングライフのなかでひしひしと感じていることを、少しばかり吐露してみたいと思います。

まずひとつめは、文化・民族性・言語といったものの、出どころや実態や境界の曖昧さ、一方でそれらと、「先に認知されたもの勝ち」な観光PR・イメージ戦略との間に介在する、ありのままの現実の捉え方の難しさです。実はエストニアの奥地をわざわざ訪ねたのは、昨年にエストニアのこの地方のサウナ文化が無形文化遺産として世界遺産に登録されたからでした。フィンランド人や、おそらく日本や世界の他の国々の人にとっても、「え、なぜにフィンランドを差し置いてエストニア!?」という思いを隠せないでしょう。多くの人がSaunaはフィンランド語だと信じているし、サウナこそフィンランドの独自文化だと、観光局もこれまでに大々的にPRしてきました。けれど、今回の取材や論文執筆をきっかけに私自身も(サウナ文化研究家として)いろいろそのルーツや語源や諸外国の様相について文献を紐解いたのですが、結論から言ってしまえば、やはりこの文化や言葉を「フィンランドのもの」として独り占めしてしまうのは非常に危険なことなのです。

20151031_5.jpg

そもそも、フィンランド人やフィンランド語のルーツですら、未だに専門家たちの間でもコレというひとつの結論は出ていません。邪馬台国がどこにあったか…の議論と同じです。ただ言えるのは、フィンランド語は、フィン・ウラル語族というヨーロッパでは希少言語扱いされる言語ではあるけれど、バルト海沿岸の諸地域に存在する(した)、現在一国の国語となっていない希少言語や、話者がすでに居なくなってしなった絶滅言語のなかに、類似する言語や影響を受けた言語がかなりある、ということです。たとえばフィンランドの景色を象徴する「白樺」という単語「Koivu」すらも、実はもともと現在のラトビア付近で話されていた言語が元になった外来語なのだ、という記述を以前見かけました。そしてどうやら、Saunaもしかり、です。

20151031_8.jpg

現在のエストニア全体の公用語はエストニア語で、これはフィンランド語の兄弟言語として知られていますが、実は今回訪れたヴォル地方では、エストニア語の方言…と言えなくもないけれど、単語や発音体系がかなり異なることから一般的にはひとつの別言語と見なされている「ヴォロ語(ヴォル語)」が主に話されています。
このヴォロ語、いざネイティブの会話を耳にしてびっくり、驚くほどリズムや口調がフィンランド語にそっくりなのです。けれど、何を言っているかは分かりそうでわからない。。まさに中川家の礼二の外国語コントを聞いているかのようです。ただ、実際にはフィンランド語に近い、あるいはほぼ同じ単語なども少なくなく、不思議なもので分からないなりに少しずつ相手の意図が汲み取れるようになってくるし、こちらがフィン語で話すほうが、英語よりもよっぽど推測がはたらくようで意思疎通がそれなりに可能になるのです。
例えば(タリンなどで話されている)エストニア語も、フィン語話者なら書き言葉を見れば理解や推測可能な単語やセンテンスもそれなりにありますが、話しているのを聞く限りでは韻やリズムはまた別物で、聞き取れるには至りません。なのになぜ、フィンランドに近いタリンの辺りよりもずっと南で、フィン語にこれほどまで通ずる言語が話されているのか…その訳の実証は不可能に近いだろうし、ましてどちらが「先」か、なんて議題がふっかけられたらそれこそ水掛け論になってしまいそうです。
言語だけでなく文化も同じで、現にサウナという行為や建物は古くからエストニアやラトビア、ロシアのほうにもあったし、フィンランドがその発祥だ、なんて根拠は実際どこにもありません。

20151031_7.jpg

今回ヴォル族の人たちが、世界遺産登録への動きの中でとても大人で立派だったのは、サウナ文化の「ルーツ」や「建築的な様式のオリジナリティ」がここにある、と主張したのではなく、「サウナ文化のひとつのあり方」として、彼らの日常文化や信仰と結びついてこんな独自のサウナ文化が根付いているんですよ、という視点からアピールしたことです。これがもし、「うちの地域のサウナが最古だ/最も素晴らしい!」なんて主張していたら、それこそフィンランドとプライドを掛けた争いが勃発していたかもしれません。ただこのことは逆に、これまでのように有無を言わさず「サウナはフィンランドのもの!」とアピールすることの危うさに気づかせてくれます。
ヴォル族の皆さんとの交流以来、国や地域を問わず、私達の身の回りにあるあらゆる物事において、そのルーツや優位性の決めつけには危うさや虚しさが潜んでいる…という認識をするようになりました。そしていちジャーナリストとしても、この点は今後も常に意識しながら、フィンランドPRに勤しむがためにその本質や影の立役者をないがしろにしていないか…と気を配れるようにせねばと思います。

実は年末のお仕事に向けても一件、ちょうど同様に絶妙なとある文化のルーツに切り込む企画が進行していて、正直、本当の現実と求められているイメージとの落としごころを見つけるのに今まだ苦労をしているところです。さて、最終的にどんな形で実現となるか…楽しみでもあり、今はまだヒヤヒヤしています(笑)


20151031_3.jpg

ふたつめは、全然そんな高尚な話でもなんでもないのですが、出会って気づけば4年になる我々夫婦間の、立場関係しかりコミュニケーション言語関係しかり、なんか急激にぐんぐん変わっていってるなあ…という懐古?と驚きです。4年前の今頃は私のフィン語もまだまだ使い物にならず、ミッコに至ってはほとんど日本語を喋りもしていなかったのに、言語交換指導や留学、勉学といった経験を経て、たくさんもどかしい思いをしながら、今じゃ互いに仕事でもプライベートでも互いの言語を使い、(フリーランサーか雇用されているかの違いはあれど)お客様なり企業なりメディアの間で、人をもてなしたりコミュニケーションを助けたり…といった同類の仕事を、それぞれフォローし合いながらこなしているのですから…誰よりも自分たちが一番驚きを隠せません(笑)この間のエストニア取材のように2人揃って必要としていただいたり、2人セットで贔屓にしていただいている企業や関係者というのも日本フィンランドそれぞれに少しずつ増えているこの現実は、さすがに数年前には想像だにしていませんでした…。
あとやはり仕事が絡んでくると、笑ってごまかしたり放棄できないシリアスな物事も当然増えてくるので、それを発端にした小真面目な議論や言い争いも少なからず増えたかも。こういうのをやはりご飯の時間やリラックスタイムには持ち込みたくないのですが、それも今はまだなかなか難しいです。特に締切りせまった仕事の前などは。長年揃って完全に同業・自営業をなさっている世のカップルや夫婦の皆さんは、やがて公私うまく気分や接し方を切り替えるのがうまくなるのでしょうか。子どもができるとまた変わるのかな?

20151031_2.jpg

そんなふうに一部行き過ぎた進化もしてしまったけれど、基本的には今では、お互い「喋りたい内容や気分に合わせて無意識に言語を選ぶ」ことがうまいこと日常化しています。共に疲れているときは私が延々日本語で喋ってミッコが延々フィン語で返すのもまったく違和感がないし、オモロイことを語らうときは関西弁、フィンの時事ネタを語るならフィン語、相手がしんどそうだったり不機嫌なら相手の言語…などなど。少し前まではやはり基本事項は日本語、小難しい話はフィン語と、能力重視で言語を選択せざるを得なかったのですが、このおかげでオフ時間が真の意味で楽に、楽しくなったとつくづく思います。

20151031_1.jpg

かなりの頻度で、日フィンのカップル間のコミュニケーションの秘訣を尋ねられるのですが、これは状況や相手の話せる/話したい言語環境で千差万別なのでなんとも言えないけれど、私達がやってきた努力で言えば、まずは「(最初のうちは楽だけど、お互いにとっての非母国語である)英語を封印すること」、そして「どちらかの言語や文化背景に偏らず、バランスよく双方の言語や文化を理解し利用すること」だったかと思います。図らずしもひとつめの話にも続く教訓ですが、結局確固たる境界にこだわらず、しなやかに立場や姿勢を変えながら、曖昧でも双方が心地よく感じられる地点を探っていくのが、何事においても大切なのだと思うのです。グッドバランスの落とし所を見つけたり、そもそも互いの言語をストレスなく話すようになるまでは苦節も続くのですが(笑)、その努力のなかでやがてその二人ならではの心地よいバランス感覚が培われていくのかなあ、と個人的には感じています。そしてこれから更なる時間とともに、どんな方向へと自分たちが変わり続けていくのかもまた、楽しみ。

ayana@voru.ee


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日は祝日。家に留まるのも退屈なので、ミッコのボクシングからの帰りを待ってボウリング行ってきます!





posted by こばやし あやな at 20:22| Comment(0) | Viro-エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

移住後もっとも苦しかった一ヶ月

20151013_2.jpg

もはや最近のブログ更新の枕詞となっておりますが、「皆さまご無沙汰しております」。

いきなりタイトルの内容に突入しますが、実はこの一ヶ月間、すなわちタンザニアから帰郷後から昨日までの日々は、初めて推進力&鈍感力だけが売りのこの私が心身ぽきっと折れる寸前まで苦しみもがくことになりました。なんとか寸止めですみましたけど(笑)

要因はただひとつ、修論のファイナルアプローチです。それに加えて出張こそなかったもののそこそこ大きな仕事の事始め、そして家では夫が同タイミングで仕事の山場を迎えていおり絶賛ストレス体積中で痛みを分かち合わねばならなかったことも大きかったか…(ということは、ぜんぜんひとつじゃありませんでしたw)
曲がりなりにも文学部提出用の論文なので、アウトプット以前にとにかく思考&推敲勝負です。当然、こんな長大な論文を一度日本語で書いてフィン語訳するわけではないので、そうなると頭で不可視的なことを思い巡らしたり、ロジックを考える作業も、やはり「全力フィン語モード」であることが強要されます。そして先生には、9月前半なんてタイミングで夏休み旅行に旅立つ代わりに、今日10月12日までに必ず初稿提出することを宣言していたので、帰国してからは、まさに一日の寝て起きてご飯作って食べて学校までチャリこいで…の時間以外のほとんどをパソコン前で費やさなければならなくなりました。
この負荷だらけの日常を続けていた結果…まず最初に異変が現れたのが、ある日から頚椎あたりから背中、そして両腕にかけて。そこら一帯の筋肉が、何かの激しい運動をしたかのように筋肉疲労を訴え始め、やがてがっちがちにこった状態で起き上がるのもしんどくなったんです、さらには長時間キーボードタイプ後に指先の神経がぴりぴりとしびれた感触まで残るようになって。

そりゃまあ運動不足とストレスとでこうなったと十分説明はつくんですが、精神的にかなり弱気になってた私は、もしや重大な病気の前兆なんじゃないか…(ちょうどこのころ川島なお美さんの訃報などもあり)と思い悩んでしまい、病院を予約しようとしました。ところが、フィンランドの病院は基本的に緊急性を訴える病状でない限りは、何週間何ヶ月先にしか病院(というか最初に行くべきヘルスセンター)の予約を入れてもらえないのです。そんなの無意味。そこでミッコに頼みネイティブパワーで症状&緊急性200%盛りで訴えてもらい、どうにか即日予約をとりつけました。まあ当然だけど、問診だけじゃ何がわかるわけでもなく。「とりあえず、ストレスと過労だと思うけど…」としか言ってくれないところに「もう金はいくらでも出すから血液検査でもレントゲン診断でもなんでもやってください!!」と嘆願し、どうにか血液検査だけはやってもらえることになりました。ただ、これがまた結果が出るのが10日待ちとかそんなので、しかも電話で判定結果を伝えてくるのみ。即日に詳細がばちっと出ていた日本の病院の優良さ、ちっとは見習っておくれよフィンランド…

結果的には、血液検査の結果がかかってくるまでにトライした、さまざまな病状自己改善&リハビリによって肉体的な各種症状はほぼ完治し、今更…なタイミングで言い渡された血液検査結果もとくに問題なさそうだったので、そのままになってるのですが、良いのかなあ。。。

12045762_10153091174136850_3192191895412276760_o.jpg

12091206_10153091175766850_8610747579174483091_o.jpg

病状改善やリハビリというのは、単に毎朝登校前に早朝からあいている市民プールでひと泳ぎするようにしたのと、ミッコに紹介してもらった、街の武道場の一角に施術室を借りているスーパーマッサージ師ユルッキの上半身マッサージ(彼は間違いなくこれまで出会った中で最強のプロマッサージ師だと思う!おすすめ!!)、それからこれまたミッコの格闘仲間の理学療法士ニコに症状や姿勢などをチェックしてもらって処方してもらった個別ストレッチプログラムを続けているうちに、その後もパソコンに向う時間が減ったわけではないけれど、身体的な症状はどうにか抑えこむことができました。

だが、悪影響はそれだけでは終わらなかった。。。さっきお話したように、日中の大半の時間を「全力フィン語モード」で遣り繰りするうち、簡単に言うとアイデンティティ崩壊のような心理現象が起きてきたのです。。。

私、いうても日本語のもの書きが本職だし、家庭内も日本語優勢、お仕事でやりとりするお相手も半分が日本人、で、なんだかんだで思考回路もアウトプット法もぬるい日本語ベースの生活をずっとしてきたのに、論文作業以外のシーンでも気づけばフィン語でなんか一生懸命小難しい考えをまとめようとしてたり言葉を探していたりで、とにかく気が休まらないしイライラ。一番ひどいのが寝付く前で、暗室で目を閉じていたらどんどん非母国語の思考の波が押し寄せてきて、寝落ちする瞬間にハッとゆさぶり起こされるような錯覚が何度も。結局最近は日本語のラジオや音楽やバラエティの音を無理やりイヤホンで聞きながら眠りにつくようにしています。

IMG_20151011_184953.jpg

執筆作業自体はやっぱりなんだかんだで楽しいので(じゃなきゃ研究者になる気もないのに人生で二度も文学部の論文書くなんてマゾな道選ばんわな…)もうやめたい…とはどうしても思えず、いろいろな欲求や衝動やらに方方からを引きちぎられそうな肉体&精神状態のなかで、結局最後まで離脱の道に逸れることなく、ついに昨日どうにか初稿を書き上げ、今朝ぶじに教授に提出することができました。昨晩は、この瞬間の喜びのためにとその前日からフツフツ煮込み続けていたラム骨スープベースの自家製醤油ラーメンでお祝い!あいにく夫は週末からヘルシンキ出張だったので、ごめんよ〜と南に向かって叫んで、一人でずるずる。

まあ、こんな赤裸々に辛辣さをアピールしておきながらも、

20151013_1.jpg

夕方や週末はせっせとキノコ狩りや別荘のような義実家邸に羽根を伸ばしに行ったり、

IMG_20151009_220855.jpg

IMG_20151012_232341.jpg

先週の金曜日は地味に結婚一周年だったので、街のオサレレストランで贅沢ランチを食べたあと、披露宴を開いたお茶カフェを2人で来訪し、偶然お茶しに来ていた参列友達も交えてみんなで思い出話にふけったり。オーナーのアンネさんが、お茶菓子やフォーチューンクッキーを無料サービスしてくれただけでなく、帰りがけにサプライズで、一年前のパーティのときにお客さんに振る舞った日本の桜緑茶を一袋、メッセージシールつきでプレゼントしてくれたのでした…涙 イントロ写真はそのお茶と、瓶に指していたら見事にドライフラワーとなった、式の日にミッコが胸に指していたバラの花。確か本物は真紅色だったけど、いつの間にか紫のバラになっちゃいました…嗚呼ガラスの仮面!田辺誠一!!。。。ちなみに夫の最近のブームは、あの日以来ネット上に氾濫するさまざまな福山雅治の宣材写真の無造作キメ顔のモノマネです。顔の方向性が違いすぎるけど、妙に特徴を捉えてて、書き疲れたら「ちょっと雅治やってや」と訪ねていっては爆笑してプチ休憩していました。

それから、例のフィン全土オーロラ祭りの日は、ご近所さんたちとスキー場のてっぺんまでのぼって光の渦をみてはしゃいだり。。

とまあ、こんな感じで、「ストレスたまって参ってます…」と言ってもあまり信じてもらえないかもしれないくらいに、レクリエーション時間もとってはいました。
ただ、夏の後半からは涙を飲んでもろもろの帯同系のお仕事は自粛していたので、ようやく論文もかたがついたということで、明日からようやく本格仕事復帰、早速来週末まで連続2本立てで取材コーディネート業に行ってきます!!一本は一応海外出張、しかも夫との共同事業!あるものの「聖地」を求めてとある無名の片田舎に赴く…という、相変わらずわくわくする企画モノです。今年はなんだかんだで近隣国に出向く機会が多くて嬉しいなあ。

ちなみに論文の方はこうして初校を出して終わり。。。とはならず、このあと指導教官らのチェックとコメントを受けて再度書き直し、さらに最終バージョンを教授経由でUrkundというスウェーデンの盗作や著作権侵害発見システムに登録診断してもらって、問題がなければ大学に受理される…という経緯です。初校と正誤表出したら泣いても笑っても修正不可で地獄の口頭試問行き…だった日本の大学のときと、どっちがいいかと言われると難しい。。笑 まあとにかく、年内には受理されるよう、ちょっと外回り仕事でリフレッシュしたらまたもうひと頑張りします!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日はスーツケース転がして登校して授業でてからヘルシンキへ。。。

posted by こばやし あやな at 06:12| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。