2015年09月29日

タンザニアにて、人生の気分転換。

20150927_3.jpg

20150927_1.jpg

20150927_2.jpg

20150927_4.jpg

相変わらず、ブログにはなんの帰国報告もせぬまま2週間がたとうとしていますが…、おかげさまで、9月頭から半月ばかりユヴァスキュラを飛び出しての夏休みは、毎日本当に充実していて、出会いだらけ、刺激だらけで、今でもほぼ毎晩夢の中では異国の中をさまよっています。メインはタンザニアで過ごした二週間だったのですが、初めてのアフリカ旅を経て考えることは多分にあるものの、とりわけ強く強く感じたのは、人がどこでどんな生活を営もうと、「水」と「教育」がいかに大事か、ということでした。フィンランドでは空気のように意識せずとも満足に享受できるこのふたつの要素が、どれだけ人間一人ひとりの生活を支え、輝かせ、向上させるかということばかりを、訪れる先々で実感したのでした。

なにせタンザニアという国は、電気と水は十分に供給されないくせに、携帯の電波(SIMカード経由でのネット環境)だけはべらぼうによくて、サバンナの真ん中でも無人島の上でもふつうにネットが通じてしまったがために、夏休みといえどもごく普通に仕事のメールにも応対し、どころか白い砂浜の上でスカイプ会議をし、そしてSNS(おもにFB)のほうに逐一出来事や考え事コラムにしてをポストしていました。ですので、今回はそれらのリアルタイム・ポストのリンク一覧と、これも一般公開にしてある各アルバム全3編のリンクをここで一括公開することで、タンザニア帰国報告に変えさせていただきます。

【Suomiのおかんサイト・コラム】

ダルエスサラームのタンザニア布問屋街めぐり

ティンガティンガの前衛アーティストは北欧デザイン志向?

本場タンザニアコーヒーのオシャレな焙煎カフェ

カオスを極める長距離バスターミナル

ムルゲ家におじゃまします

キリンの前でフィン語を話すタンザニア人と日本人

アフリカ情緒たっぷりのエピソード集

プリスクールの子どもたちの驚くべきポテンシャル

なんと見事なまほろばの街、イリンガ

障がい者に生き甲斐を与えるものづくりの工房

プチ・キャニオンのイシミラ遺跡でマサイとはしゃぐ

みんなで子守が当たり前の優しい社会

オーダーしてた服が仕立て上がりました!

ローカル目線で迷い込むストーンタウン

ザンジバル島だけに棲む幻の猿を探しに

プロペラ機の助手席からの眺め

無人島なら治安も気にせずのんびり

無事帰国、ヘルシンキ空港駅の今…

【アルバム集】

タンザニア100景

タンザニアで出会った人々

サバンナ&ジャングルサファリ


20150927_5.jpg

まあこの他に前半は毎年恒例のシベリウス音楽祭へ、そしてストップオーバーを利用してちょっとだけスイスにも立ち寄ったりしていたのですが、回想記はとりまご勘弁ください…。

なにぶん、帰国してから久々に猫の手も借りたいほどの多忙な日々が続いています。論文完成はもう何が何でもの急務、そしてやりがいのあるお仕事の話をたてつづけに戴いております。おそらくこれが今年最後の大仕事になるかな…というタイミングの縁談が先日まとまったのですが、これは本当にこれまで在住コーディネーターという仕事をやって来て一番願ったり叶ったりというのか、こんなに幸せなお仕事はもう後にも先にもないんじゃないか…という予感がすでにしていて、これを無事に終えられたら、年の瀬でもあり激しい燃え尽き症候群になってしまうのでは…という気すらしています(苦笑)とにかく無駄にそわそわせずに、ひとつひとつ、丁寧に誠実に。
もうこんなお気楽な一人旅も今後できるかどうか…という十分すぎる充電をして来たので、ここから年末まで一気に駆け抜けます!

ayana@dar_es_salaam.tz


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


最近は朝練のある中学生並みの早寝早起きしてる


posted by こばやし あやな at 15:09| Comment(0) | Tanzania_タンザニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

遅めの夏休みは南半球で

20150901_1.jpg

先日、夜中に仕事をしていたら書き物部屋の窓の外に鮮やかなオーロラ出現!今年はお盆明けくらいからオーロラ活動絶好調のようです。

さて9月に入り、気候もすっかり涼しくなってきたところですが、Suomiのおかんは本日より約半月ほどバカンスをとらせていただきます。ですので、その間のお仕事依頼に応じられないほか、メール返信が滞ってしまう可能性が高いです。ご不便をおかけしますが、現地でメール確認さえできれば、すぐに返信はいたしますので、なにかございましたらまずはメールをお送りいただき、反応をお待ちください。どうぞよろしくお願いいたします。

以前にもちょっと書きましたが、今年のリフレッシュ休暇には、初アフリカにして初タンザニアを選びました。過去にユヴァスキュラで出会った親友が現在タンザニア大使館で働いているので、彼女を訪ねる目的もあり、さらに夫ミッコの妹(職業:詩人)はこれまでのアフリカ紀行からのインスピレーションで詩集を3冊も出版しているアフリカ旅行の達人、さらにその彼氏さんがこれまたタンザニア人で、私がタンザニア行きを考えていると言ったら「なら僕の両親のところに泊まって行きなよ〜サファリにも連れてってあげるから〜!」と、ノリよく地方都市の実家訪問を後押ししてくれたのです。もはやここまで安心できる人の縁でも重ならないと1人でふらっと行こうなんて決意しないだろう未知の場所なので、「じゃあ行くわ〜」と軽く返事して航空券を見つけ、とんとん拍子に話が進んでついに出発です。
話が進んで…って、実は今回の旅、結局こうした周りのホスピタリティあふれる人たちが、私の希望やわがままを叶えるべくどんどん旅程アレンジや予約を進めてくださり、はっきり言って自分は本当に何もせずに、どんな旅行代理店にも実現できないような、ローカルで経済的でワクワクするようなパッケージができあがっていた…という完全なる他力本願旅です。荷物も、いつもの出張用の小さなスーツケースとカメラケースだけ。ビザさえ(フィンランドにはタンザニア大使館がないので)現地空港で取得してしまうつもり。…どう見ても、初アフリカ一人旅とは思えない無防備さです…。友人たちが旅のお楽しみの部分は全力サポートしてくれるぶん、私はとにかく自分の身の安全を守ることに徹して、無理せずとびきりの非日常を満喫してきたいと思います!

実はタンザニアへの到着は金曜日の予定で、今日はこれから荷物とともにラハティへ。夏休みの除幕に、まずはシベリウス音楽祭へ2日間だけ参戦です!今宵は、実に8年ぶりに立ち会えるオスモ・ヴァンスカとラハティ響の夢の再共演!!明日は150周年でゲスト出演と相成ったBBC響×オラモのクッレルヴォ!!!嗚呼なんて贅沢…。タンザニアにコンサート観賞衣装をそのまま持って行かねばならないことくらい、屁でもありません(笑)
フィンランドは木曜に出発し、まずは一路チューリヒを目指します。そこで一泊して、いよいよダルエスサラームに向けて発つプランです。

この夏は、特に後半、魅力的なお仕事のご依頼も涙を飲んでお断りし、とにかく修士論文を完成させるという一心で、いつかの受験勉強のときくらいまじめに朝から夕方まで図書館にこもっていました。本来はこの旅行を夏季休暇ではなく「卒業旅行」だと、胸をはって言いたかったのです…

ハイ、そういうわけで、卒業旅行にはなりませんでした(涙)
この弁解と怒涛の過程はまた、帰国してちゃんと初校を完成させられた時にさせてください。。。

ともかく、ここから先2週間はとことんリフレッシュと日光浴に専念させていただきます!次回のブログ更新まで、無事の帰国を祈っておいていただけたら嬉しいです☆

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


週間予報を見ていても、この時期のタンザニアは、意外と猛暑って感じでもないみたい?

posted by こばやし あやな at 17:20| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。