2015年08月20日

ハーフ人観察記つれづれ

20150820_1.jpg

ユリアーノというフィンランド人とイタリア人のハーフの友達がいまして、先日大学仲間とのBBQパーティで久々に再会した時に、うちにすでに今夏収穫したぶんの乾燥キノコがたっぷりあるよという話をしていたのがきっかけで、昨晩はわざわざうちにイタリアンな晩御飯を作りに来てくれました。水で戻したハペロやオラカスをたっぷり使ったトマト風味のソースの絶品パスタ。私は冷凍庫のコルヴァシエニを一袋回答してクリームスープと、前菜ちょこっと。ご近所に越してきた次年度の留学生さんもお呼びして、キノコ三昧のディナーを楽しみました。

このユリアーノ氏は、サンプル数は少ないけれど私の知りうるイタリア人の気質とフィンランド人の気質を漏れなく併せ持っている感じがして、つるんでいても2人分の人格を相手しているようで非常に興味深く、新鮮で楽しいです。ハーフはハーフではない、二倍なんだ!という主張を時どき耳にしますが(個人的には二倍は2人前なので、増えすぎじゃない?正しくはハーフ&ハーフ=1人前でよいのでは?…と前から密かに思ってましたが)、少なくとも性格とか経験値といったものは分母が1とは限らないし何割ずつ掛け合わされていて…と解釈できるものでもないので、これだけ同EU同盟内とはいえ民族的にも大差のある2国の両側面に無意識に寄り添える意味では、1人前以上の豊かさをもっているといっても言い過ぎではないのかも。

彼はフィンランド人のお母さんが伊に移住してきて生まれた子どもで、食と新天地を求めて数年前に自分の意志でフィンランドに移ってくるまでは、小学校の時に3年間フィンランドに住んでいた時以外はずっとイタリアの風土で育っています。だから本人的には自分の心や故郷と呼べる場所はイタリアだと考えがちなようで、今暮らしているフィンランドも第二の故郷というよりは言葉や文化や対人関係でさほどストレスを感じることもなく故郷より高収入の得られる快適な出稼ぎ国、という捉え方をしているみたい。
とはいえ少なくとも彼の何気ない振る舞いには、マイペースさ(ルーズさ)とおふざけ半分のノリと勢いで万事押し切って正当化してしまうザ・イタリア人気質もありながら、さり気なく相手の顔色を伺って出方を変えたり、相手の話を目を見て最後まで聞いてくれたり、沈黙も平気だったり、アフターフォローまで含めて卒なくホスピタリティを尽くしたり(かつての私のイタリア人の友人たちはことごとく、調子よく「イタリア料理作ってあげるよ〜」と家に押しかけて美味しい料理を作ったあとは戦場のようなキッチンや食卓放置で満足気に帰っていってたけど、彼は「料理を作った人に洗い物をさせないのがうちのハウスルールやから!!」と私とミッコが全力阻止するまで黙々洗い物までこなしてくれていた…)、こちらもフィンランド人と何ら変わりなく楽にコミュニケーションをとれる佇まいがあります。こういうのって、結果的に目に映る「仕草」としては後天的に身につけたものなのかと想像してしまいがちだけど、そういう振る舞いに至ってしまう内面を持っていることにおいては、やっぱりお母さんからのDNAの遺伝が最初の一番大きな影響なのかなあ。彼自身、フィンランド文化のなかでの生活体験の量は、人生トータルのなかでも決して多くはないわけだし。

言語に関しては、家の中では母親とはフィンランド語、家族全体ではイタリア語ときどき英語、という環境で育ってきて、3年間フィンランドの学校に入れられたときは当初ちんぷんかんぷんだったけど、わりとすぐに、自分でも不思議と周りの言ってることが当たり前に理解できるようになってたし、自分でも頭で考えずしゃべり続けていたと言います。その後はまたしばらく母親との会話以外はイタリア語オンリーの人生が続くわけですが、今の彼は何ら問題なくフィンランド語を喋りながら、ときどき「自分はそういえばこんな初歩的なものをフィンランド語でなんて言うのか知らない」という会話中に口が詰まる経験に遭遇するものなんだそう。昨日で言えば、帰り際にちょっと遊んでたトランプのスペードとクローバーのフィン語名を「そういえば知らない!」と目を丸くしてニヤニヤしてました(笑)

こんなふうに、人間観察や経験談が面白くて仕方ない、ハーフと呼ばれる人たちの十人十色の人生や成長過程。先日知り合った英国在住歴の長いフィンランド人(女性)とモロッコ人(男性)の夫婦の家族は、両者ともに互いの言語はかなり流暢に喋れて、かつ女性のご両親とフィンランドで同居している大家族。2年前に初めての息子を授かり、父はベルベル語(モロッコの公用語)で話しかけ続け、母は英語で話しかけ続け、その他家族はフィンランド語で…という特異な環境で息子の言語発育状況を見守っていたら、2歳になった現段階で、坊っちゃんは父、母、祖父母それぞれの話す言葉の意図をそれぞれにそれなりに理解していて反応を示すけれど、例えば試しに母がベルベル語で、あるいは父がフィン語で、「ちょっとそれとって」とか「こっちにおいで」とか簡単な言葉を話しかけても、まったく反応はないのだそう。今のところ、彼の感覚器や思考回路では、聞こえてくる音のシグナル以前に、父、母、その他の人々が話しかける言葉は別ものという大前提のなかで必死に音や意味をキャッチしようとしているんでしょうね。いやあ、不思議、面白い。

こんな話を長々続けてきて、今のところ私事の報告があるわけでも予定があるわけでも全くないのですが(笑)、とはいえ、実際私たちの家庭言語環境(日常会話:ともに関西弁、仕事絡みの話:ともにフィン語、談話:ミッコが延々フィン語で私が延々日本語)や文化環境(現住地フィンランド、家族構成員は日本かぶれのひどいフィン人父とフィンかぶれのひどい日本人母)に将来新メンバーがやって来てくれた時、果たしてどう家庭内ルールを作って接していくべきなのか、それを受けてどう育っていくのか…と、ときどきあれこれ不毛な想像はしていまいます。きっと家族そろって日本語フィン語英語という三ヶ国語の共通言語を自在に使い分けたり理解し合えたり、おなじバラエティを見て大笑いするという理想のチームができるのを過度に期待してしまったら、親にとっては苦しかったりもどかしい時期のほうが圧倒的に長いんでしょうねえきっと。まあ、理想までの到達じゃなくて、「こう来たかっ!」という無数の不意打ちをいつまでも楽しむほうが自分も楽しいし親として気も楽なのかも。子どもだって、しょせん他人だし。←という今現在の冷めた見方が、実際将来的にどう変容するのか楽しみでもありますw

最後に、ここまで読んでくださってる方には一番なるほど〜なプチ情報かもしれませんが、昨日はユリアーノにいかにイタリア人の食卓にとってパルメザンチーズが重要なものであるかをとくとくと力説されました。パスタをいただく際も、パルメザンチーズをかけたパスタを食べるのではない、パスタの味がするパルメザンチーズを食べるのだ、という心意気で食べて欲しい…と、除雪後の路傍並にチーズをたっぷりとかけてくれました(その昔、大学オケの夏の合宿場に行くまでに立ち寄る道の駅に売ってる名物フライドポテトが常軌を逸した塩っ辛さで、「ポテト味の塩」と名付け、夏がくるたびみんなで恋しくなってたことをフト思い出したw)
さらに調子が悪い時の病人食は、ごはんまたはパスタに無塩バターを溶かし、その上にこれでもかとパルメザンチーズをかけたやつが定番だという。。我々が想像するとリバースを促しそうなこってりメニューですが、結局体調不良時に食べたくなるものって、塩加減やカロリー云々じゃなく、その人が食べてほっとできる馴染みの味、に落ち着くものなのかもしれません。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


感化されて、さきほど早速パルメザンチーズを一袋購入。


posted by こばやし あやな at 18:31| Comment(3) | Suomiで出会った人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

のどかな村祭りを揺るがす破廉恥ゲーム

20150803_4.jpg

先週は遠方取材続きで、まさに文字通り東奔西走。週末は、たまたまビジネス利害の一致したミッコとともにメオト出張というわけで自家用車で一路西を目指し、テウヴァという西海岸までもそう遠くない街で行われていた移動式サウナ・フェスティバルの観賞をメイン目的に、一泊二日で南ポホヤンマー県の小さな街まちや要所を訪ね回ってきました。
サウナフェスの様子はまた追々連載記事でレポートするのでここでは触れませんが…この旅は、サイドディッシュ部分で思いがけなず良き人や物や風景との縁が多く、思い出深いエピソードいっぱいの旅らしい旅だったのですが、その中でも、一番の出会いとは決して言いたくはないが遭遇した時の衝撃はなかなかのものであった、とあるモノとの出会いを回想し、考察します。

20150803_3.jpg

それはサウナフェス前夜に、全国から集まったサウナ改造車がテウヴァの中心街から、意外と離れたキャンプサイトにある明日のメイン会場まで、列をなし下からも上からも煙をもくもく焚いてパレードを繰り広げる…というワンシーンを、まあせっかくだしと思い、街の偵察がてら前乗りして冷やかしに行った時のこと。やはりこの小さな街にとって、いまや全国的にもそれなりに知名度のあるこのイベントの開催は一大事。サウナに直接関係なさそうではあるけれど、そこここで街をあげての縁日ムードでした。市庁舎の近くには子どもたちの大好きな巨大遊具も設置され、トランポリンや道化師のパフォーマンスにちびっこたちはみんな大興奮!

…の微笑ましくいのびのび空間の中に、あまりに似つかわしくなさすぎて一瞬背筋が凍ってしまった代物を発見…

20150803_1.jpg

ちょ、ちょ、いくら時計の指す時間はもう「夜」にカテゴライズされるとはいえ、ここは「白夜」の国ですよ!まだ太陽は煌々と街を照らし、けがれない子どもたちが燥ぎ騒ぐ、そのフレームのなかに、こんなにも堂々とこの言葉が主張し共存しているって、狂気の沙汰じゃなければなんなのでしょう…??

私がしばらく呆然と対峙していたら、「お〜懐かしい〜〜これを見ると、街のお祭りって感じがしてテンションあがるわ〜」と、その狂気の沙汰にノスタルジックな気分に浸り始める我が夫…。てことは、コレ、全国のこういう町内祭りの類のイベントには必ず登場する「アトラクション」のひとつなのでしょうか…?

20150803_2.jpg

ひと目をはばかりつつ、断面を覗き込みます。どうやら1ユーロ投入後に、イラストに自分の手のひらを重ねあわせて、2本指をメタリックなボタンの上にかざすと、ボタンが振れて一点に止まり、なんというかその…綺麗に言えば今の性的魅力というのか、まあムラムラ度合いが判定される、というただそれだけのマシーン。あえて和訳はつけませんが、以下に読み取れる判定結果をいくつかしれっと原文ママで抜き出すと…

"Koettele käsilläsi onko kaikki tarvittava edes tallella."

"Muutos on käsinkosketeltava. Kokeile vaikka."

"Odota. Tämä voi olla sopimaton paikka."

"Kaikki on kohdallaan. Etsi kohde ja anna palaa"


隠語的な単語の使われ方もあり、(どうせ周囲にわからんのを良いことにお天道さまの下堂々と日本語で説明してくれた)ミッコの解説なしでは「ははぁんそういう意味っすか」とにんまりできない部分もありましたが…(って、にんまりしてどうする私!!)正直相当ゲスいフレーズのオンパレードです。万が一日本の町内祭りにこんな卑猥色全開のゲームがしれっと置かれていたときには、ママさん団体が射的の鉄砲振り回して自治体に一揆を起こしかねないレベル。

実際しばらく観察していたのですが、我が子が好奇心で近づこうとするとそれとなく手を引いて回避させようとする親御さんばかり。まあ世界ところ変われど当然の反応でしょう…なのになんでこんなモノが、こんな場に?(しかも電力供給源が、フィンランドの駐車場に立っている冬のエンジン凍結防止用のコードをつなぐプラグ・コンセント用ポストというのがまたなんとも…)

やはり気になってしょうがなかったので、自宅に帰ってから改めて、SEX TESTという言葉をまずはグーグル先生に尋ねてみました。ところが、画像検索で確かめてみても、出てくるのはことごとくオトナのおもちゃやそれに準ずる一般卑猥画像ばかり…まったくこの装置の絵は現れません。そこでmachineという言葉を足して再検索してみたら、やはり無関係のフシダラ画像にまぎれて、チラホラとよく似た形状のマシーンの画像がヒット!ただしそれらは、見た目はそっくりなのですがあくまで名前はLOVE TEST。そのネーミングなら、内容に大差なくともまだ随分マシだと感じてしまうから不思議です…。ちなみにそのラブテスト・マシーンのとある英語プロモーションサイトの商品説明はこちら:

"Sex and Love are still the most interesting topics for people of all ages worldwide. Everyone likes to be the Sexiest!!! This is why this machines is so popular!!! Customer inserts coin and put the hand on panel. In a while a score will appear ranging form Dead Fishto wicked. The Love Test works well in tourist places or where you have teen-agers [expecially girls]. "

観光地やティーンネイジャーの集まる場所ならどこでもウケますよ!ってことは、やはりこれは欧米の観光地や町内イベントの定番アトラクションのひとつなのか。そして、対象世代は、今晩はバーに女を引っ掛けに行くぞという血気盛んな成人男性たちの出陣前の運試し…などではなく、親の目を盗んでわいわい群がり盛り上がるのが楽しいお年ごろの、色気づいてきたティーンネイジャーたちだったというのか…

ミッコが、最近はあまり見かけなくなったけどかつて町内祭やイベントサイトの定番コインゲームのひとつだったと語るのをヒントに調べてみたら、フィンランドでこのマシーンを扱っているのは、Coinline.Oyという、エスポーに本拠を置くイベント用設置遊具やアトラクションマシーンのレンタル・販売会社だと判明(てか写真にばっちりロゴが写ってたことに後で気づく)。ただ製造元はここではないようで、さらに検索を進めてみると、どうやらこのゲーム機の原型を製造しているのは、DPS Promaticというイタリアの企業で、こんなふざけた遊具だけでなく血圧測定器や天気記録計などを製造しているれっきとした機器メーカーであることがわかったのです。
じゃ、じゃあもしかして指をかざしてムラムラ度を判定するというのもハッタリではなく、指先から血流だか心拍だかを瞬時に測定した結果に基づく、結構信憑性の高い判定結果なのかも…!?

そしてこのメーカーが「アミューズメントマシーン」部門で発表している商品の中に、ひとつだけ「これなら知ってる!」なアレを発見!

BDV_Maxima.jpg
(画像はDPS Promatic社のサイトより借用)


これ、日本のひなびた観光地とかで時どき見かける「真実の口」の手相占い(?)マシーンですよね!!こんなの勝手に作ってイタリアの遺産協会が目くじら立てないのかしらと思ってたけど、まさか本家本元イタリア製の商品だったとは…。他の商品はきっと日本の風紀に引っかかるということで輸入はされなかったのでしょう。あるいは、極めて健全なティーンネイジャー期を過ごした私が無意識に見過ごしていただけで、実は日本のゲーセンや観光地や縁日会場なんかにも、このセックステスト(あ、私も耐性ついてきてついに堂々名だし…)が置かれてたりしてたのかしら?近年は絶対ムリだろうけど、90年代くらいまでなら許容されてたかも…!?
もし日本でもフィンでも世界でも、目撃情報をお持ちの方がおられましたら是非情報お寄せください。

20150803_1.jpg
(再掲。なんだけっこう気に入ってるんやん、というツッコミをあえて否定はしない…)

しかし、本家本元も、支柱の部分にこんなにどうどうと赤字でマシーンの名前を書いちゃあいません。これは明らかにフィンランドの販売者もしくは設置者があとから名入れしたに違いない!!!誰を糾弾すべきなのかもはやよくわからんけれど、とにかく、やっぱり、これはフィンの清らかな片田舎の風景には刺激が強すぎるなあ〜。こんな動揺を胸にもしうっかり1ユーロ投入して判定やってみてたら、判定結果も結構ハイレベルいってたのかもしれないなあ。

ayana@teuva.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今週は結構好天づつづきで気分もあがる

posted by こばやし あやな at 16:48| Comment(0) | Suomi×ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。