2014年01月30日

チーム修論!

20140119_2.jpg

最近アパートの共同サウナでよく鉢合わせることから仲良くなった韓国人さんが、お国の実家から頻繁に大量に送ってくるらしい韓国のりをどっさりおすそ分けしてくれました。一枚がA4紙サイズくらいでかいのですが、これがもう病みつきになるウマさで、今日も夕飯はほとんど白ご飯と海苔だけで満腹になってしまった…キケンやわあ。しかしこの塩気の効いた韓国海苔、寿司にするのもアレだし、海苔巻き以外の食べ方がいまいちわからない…マグロやユッケのある国なら丼に刻んで乗せたら旨かろうに…(失意)

それはさておき、今学期は今のところ講義やゼミ自体のコマ数は少なく、今のうちに少しでも駒を前へ前へ進めておかねばということで、空き時間はいよいよ本格的に修論執筆に精を出しています。そこで正式にメンバー承認(笑)してもらい最近加わっている輪が、読んで字のごとく「TEAM SHU-RON」。日フィンサークルメンバーのなかで、今本腰を入れて修論(あくまで学部論文執筆者は願い下げ…笑)執筆中の年配メンバーたちが連日大学図書館のカフェの一角に集い、顔を(ノートパソコンを)つけ合わせて黙々と各々の論文を書き続けているのです。まあ私以外全員フィンランド人たちで、しかもみんな見事に専門分野は違うのですが。

黙々と、というのは嘘ですね。実際はだいぶ賑やかです。私以外!(自分で言うのもなんですが、私は何か書くときゃまわりの騒音雑談お構いなしに己の世界に篭って集中します)
みんなで休憩と称して、ちょいちょいとくだらない動画見てきゃっきゃ言いつつ、あるいは肩もみし合いつつ、でも概ね真面目に文献読んだり書き進めたりディスカッションしたりしております。私の場合、初めてのフィンランド語による公式論文執筆なので何かとわからないことだらけだし、常にアドバイザーやネイティブチェッカーの存在が不可欠なので、その意味で周りに同じく論文執筆中のネイティブたち(しかも日本語対応可能!)がいる環境で作業できるのはとても心強い、というかとにかく助かる!!
論文執筆作業って基本的に孤独で寂しいもんですが、今後もできるだけ同志との繋がりのなかでストレスを緩和して、健全で自在な思考力を保ちながら、楽しく続けていきたいものです。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


ピアノのリハビリも順調です♪



posted by こばやし あやな at 07:21| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

15年ぶりに

20140129_1.jpg

高校受験をきっかけにすぱっと辞めて、その後すっかりビオラに取って代わられてしまった私のピアノライフ。例外的に一度だけ、大学時代に同期のコンミス様のバイオリンの伴奏をやらせてもらったことがあったけど、まともに披露できる曲のひとつも思いつかなくなってしまって、かれこれ15年近くたとうとしています。

これからも私の1番かたわらで音楽人生を支えていってくれるのは間違いなくビオラとなるでしょうが、どういうわけか最近、せっかくシェアハウスでもいつでも弾けるんだからピアノにも復帰してみようかなと思い立ち、今週から登校前に1時間ばかり朝活を続けることにしました。ここ10数年はハ音気号(ビオラ譜はお馴染みのト音記号もヘ音記号も使いません…)に慣れすぎて、何よりまず読譜に一苦労。そして当然ながら指に力が入らないし、小回りが利かない…。厳密には、左手の各指と右手の小指だけは弦楽器奏者冥利でかなり鍛えられているので、むしろ以前よりどしっと安定してタッチできるような気もするのですが。

ピアノの腕前は当然ながら果てなく退化しているものの、いっぽうで音楽を奏でるという行為自体には、ピアノ現役生当時の自分にはまったくなかった知恵や思考力や意思、そして音感やリズム感といった基礎テクニックが備わっていることをはっきりと自覚できます。特に、楽譜(に書かれた作曲者の意思)に真っ向から向きあって常に左脳でも物事を考えながら弾くトレーニングは、曲がりなりにも10年以上オケや室内楽で続けてきた甲斐あり、昔弾いた曲の楽譜さえ、今ではまったく別物の手がかりだらけの書物のように見えるから面白い。私はビオラでは自主トレーニング以外でソロ曲はまったくやらないので、自分だけでひとつの曲の世界を作るという行為自体も懐かしいというか、新鮮というか…今あらためてピアノを再開することで、きっと本業の音楽にも何かしらプラスになることが学べるような気がします。

そしてありがたいことに、今は図書館やネットからおよそどんな楽譜でも拾ってくることができる時代。当面はショパン何曲かで譜読力と指の勘を取り戻してから、そのうちせっかくなので北欧作品に取り組んでみたいと思いめぐらしています。ともかくまずは一曲くらい人前で聞かせられる曲を完成させねば…

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日は6時間ぶっ通しで文献読んでいたので頭フラフラ。もう寝ます。

posted by こばやし あやな at 05:50| Comment(4) | Suomi×音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

雪片ひらひら

20140127_1.jpg

リハーサルの間に駐輪していた自転車のサドルに積もっていた雪片。六角形が六角形を誘い込んで大きな六角形を成して、それが互いに結合してまたさらに六角形を成していて…ああこれぞ端正ゆえの美。六角形の神秘に心が吸い寄せられてしまった今宵の一曲はこれしかないでしょう。



チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」より一幕「雪片のワルツ」。くるくる回ってひらひら舞って、規則正しくしなやかに結合してゆく踊り子さんたちは、まさに今も窓の外でしんしんと降り続く雪片そのもの。実は曲自体はそんなに好きじゃないんですが(苦笑)、くるみ割り人形全体の踊りのなかでは、いつも恍惚と見惚れてしまうシーンのひとつです。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


久しぶりに生のバレエを観に行きたいなあ…



posted by こばやし あやな at 07:17| Comment(2) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

暖をとったらまた氷上へ

20140126_1.jpg

20140126_8.jpg

20140126_6.jpg

20140126_10.jpg

20140126_9.jpg

20140126_3.jpg

週末の湖上、ますます賑わいを増しています。ちびっ子からご年配の皆さんまで、ほんと元気に白い大地を駆けまわっております。例年思うのですが、このシーズンは陸地よりも湖上のほうが人口密度が高いのでは…。どんなに寒くっても、こんなに広い遊び場があるなら家にこもっているのはもったいない!というのがユヴァスキュラ市民のコンセンサスのようですね。

週末限定なのですが、湖畔にはウィタースポーツに勤しむ市民の休憩所「Kotakahvila(コタカハヴィラ)」が出現します。どんなものかと今日初めて立ち寄ってみたのですが、焚き火を囲んで熱々のコーヒーやホットベリージュース、ココアなどが飲めるほか、直火焼きのマッカラやホットケーキもいただける、なかなか気の効いた場所ですな。鼻頭やほっぺを真っ赤にした老若男女がひっきりなしに出入りしていくのがなんだか愛おしい(笑)

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さあさあ月曜日。

posted by こばやし あやな at 07:10| Comment(4) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

炎の自家製ラーメン2014〜横濱家系ユヴァス家〜

20140125_1.jpg

毎度おなじみユヴァスキュラ美食同好会の冬の定例行事といえば、本気の自家製ラーメンづくり。スープも麺も具材も、すべて1から自分たちで作り込みます。昨年は西の横綱、天下一品ラーメンの再現に成功しましたが、今回は東側出身者たっての希望で横浜家系ラーメンのレシピをベースにスープや具材を仕込みました。

といっても、ここユヴァスキュラで手に入る食材なんて、ものの見事に限られています。豚骨なんて無論どこにも売ってないし…。ともかく手に入る限りの獣骨をかき集め、豚のリブに鶏の手羽元、たまたま発見した牛テールをミックスし、各種野菜を途中で加えて丸2日間煮込み続けました。煮玉子用の半熟卵は、ポイントの急冷にマイナス25度のベランダを活用し、チャーシューはなんと、昨年末から格安で売れ残っていたロースト前の冷凍クリスマス・ハムをつけダレで煮込んで完全和風に仕立てることに成功。サイドメニューのチャーハンは、このチャーシューの脂分と細切れを具材に、漬け込みダレを味付けに使ってラーメン屋のまかない風に。

味は、もちろん写真から想像していただける以上の感激をもたらしてくれ。今年度も十分に満足はしましたが、次回に向けての課題はスープでも具材でもなく、麺ですな。この国にはいわゆる薄力粉に相当する粉もないし、パスタマシーンすらもないので、つるつるすすれるくらい長くてのどごしの良い麺を完成させるには、まだまだ今後も試行錯誤が必要そうです。

海外在住者に「帰国してまず食べたいものは?」と聞いて返ってくる回答堂々一位のラーメン。それは、日本ではあんなに身近で気軽でウマイのに、いざ自分でとなると寿司よりも天ぷらよりも焼き肉よりも再現が難しいメニューだから。日本全国に数多あるラーメン屋さん一軒一軒で、実際にまね事をしてみれば身にしみてわかる、店自慢の極上の一杯をつくりあげるために多大なる時間投資と試行錯誤がなされていることを改めて想像すると、グルメ大国日本の恐ろしいまでの執念や尽力に対する褒誉の気持ちがこみ上げてきますね。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


久しぶりにド級のこってり料理を食べて、珍しく胃がずーーんと重いです(笑)
posted by こばやし あやな at 08:07| Comment(2) | Suomi×ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

まつげに異常あり

20140123_1.jpg

今日、ご近所のスーパーで今週末の美食同好会に向けた買い出ししているときに見つけた、「キッコーマンの醤油1リットル購入すれば、このカラフル卓上醤油瓶差し上げます!」キャンペーン。というわけで都合よく会費で購入して(写真に写っているのは昨日ウチ用に購入した500ml瓶ですが…)、ちゃっかり限定ボトルをいただいてきました♪もしやこの華やかさはイーッタラとのコラボレーション!?と一瞬思いきや、なんのことはない「ヨーロッパ限定デザイン」なんだそうで、日本でも数年前にゲットチャンスのキャンペーンがあったようですね。まだ醤油を入れてませんが、黒背景だとストライプの印象も全然違いそう。でも何か他の活用法もないかと思索中です。

それにしても昨日今日と手強い寒さでした。今日は朝も夜も、マイナス25度を突破。当然外に出た瞬間にまつげも鼻孔もびちっと凍る屋外冷凍庫です。ところで昨晩家に帰ったときから、右目のまつげの端2,3本が、解凍後(笑)もなんだかおかしくて…いわゆる逆まつげ状態が戻らなくなってしまったんです。瞬きするたびに眼球に刺さってくる違和感があり、目を閉じ続けている方がマシかと早めに就寝したのですが、寝ている間にも瞼のなかで刺激が続いているようで、明け方にはじんじんと痛んで悲惨でした。どうやって見てもその逆まつげは戻ってくれなかったので、結局該当まつ毛を抜いて対処することに…こんな荒療治でよかったのかと不安も残りつつ、とりあえずもう目の痛みも収まってくれたので、あとは失った箇所にまた正常に生えてきてくれることを願うばかりです。それにしても、これはやはりまつ毛の冷凍が原因だったのかどうなのか…

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今は体感気温がマイナス30度を突破している模様…

posted by こばやし あやな at 06:58| Comment(2) | Suomiでお買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

二刀両断

20140121_1.jpg

いやはや、今日はよく学びよく働きました。授業の合間を縫い縫い、同じ大学構内で、日本から来られていた視察団の皆さまをお迎え、同伴ガイド、懇親会セッティング。無事にお見送りした後も大学図書館閉館まで論文執筆作業に勤しみ、帰宅したらメールポストに舞い込んでいた、新たなコーディネートのご依頼のテーマの斬新さについわくわくしてさっそく調べ物やスケジュール考案に乗り出してしまい、気づけば夕飯まだなのに0時回ってた…笑。

今、勉強(論文)も仕事もどちらもが同じバランスで楽しくしかも充実していて、両刀生活は体力的にも自分を苦しめることのほうがはるかに多いけど、でも馬力上げてやるっきゃないな!と前向きでい続けられます。メンタルの推進力を失ったらこばやしあやな失格だとも思うので(笑)、このまま諦めがつくまでどちらも前へ前へ押し出していきたいと構えてます!

ayana@jyväskyä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日も忙しくなりそうや

posted by こばやし あやな at 08:08| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

ここは青と白の国/撮影協力本の出版報告

20140120_1.jpg

20140120_4.jpg

20140120_2.jpg

20140120_5.jpg

20140120_7.jpg

20140120_6.jpg

フィンランドの国旗は、白い背景に青十字。この冬景色を見ていたら、まさに青と白が名実ともにナショナルカラーであることに感服します。嗚呼、なんて清らかで美しい国なんでしょう…。


51Em4XCQmOL._SL500_AA300_.jpg


ところで、昨年末に少し関わらせていただいたお仕事の成果報告です。バナナブックスからシリーズ出版されているWorld Architectureの最新本「アルヴァ・アアルト セイナッツァロ役場&夏の家」において、編集協力および一部写真撮影をさせていただきました。セイナッツァロ役場と夏の家は、どちらもユヴァスキュラ郊外にあるアールト建築の真骨頂!私の地元の、しかも私の一番好きなアールト建築(個人的に、ダントツでセイナッツァロの村役場がベストなんです)にクローズアップした本作りに携われたなんて光栄でした。

本の詳細はこちらから。
もし書店で見かけましたら、ぜひお手にとって眺めてみてください!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は今年初の視察コーディネートのお仕事。

posted by こばやし あやな at 06:03| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

さあさあ湖上開きの季節ですよ

20140119_9.jpg

20140119_8.jpg

20140119_7.jpg

20140119_1.jpg

20140119_3.jpg

20140119_5.jpg

20140119_4.jpg

20140119_10.jpg

この週末は、市民の誰もが「あぁ、あとは春までこんな日がずっと続いてくれたらいいのに」と真っ白な息を吐きながら笑顔を浮かべた、最高ランクの晴れわたる真冬日でした!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


あとはもう少し日照時間が長くなってくれたら。



posted by こばやし あやな at 03:22| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

至福@ホーム

20140118_1.jpg

氷点下20度を下回る日中、雲ひとつない青空の下で、柔らかい陽光に照らされたダイヤモンドダストがきらきら輝いていた、最高に気持ちいい真冬日の土曜日。一緒にカメラ片手に散歩に出かけたり、ケーキを焼いたり、ピアノや歌やビオラで即興合奏したり、窓辺でぼんやり雪景色を眺めながらお茶したり…と、久しぶりに同居人3人でゆっくり女子時間を過ごしました。ああ、これぞ至福のサタデー!

夜は誕生日パーティに向けてコロッケとメンチカツをじゃんじゃん揚げて、パーティ会場へ。…そしてなぜか今、うちのシェアハウスにどどっと10人以上の二次会メンバーが流れてきて。。。orz
私、昨晩も3時間くらいしか寝てないんですがね…
サタデーだから、仕方ない、のかね…これも。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日も至福のサンデーでありますように。


posted by こばやし あやな at 07:07| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。