2013年12月31日

大晦日の朝

20131231_1.png

クリスマス前から雨しか降らなかったのに、大晦日の朝、窓の外は久々に銀世界でした。国民の冷ややかな視線に気づいて、さすがに1年の最終日くらい降らせないとマズいと空も焦ったのでしょうか…

ともあれ皆々さま、どうぞよいお年をお迎えください!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今朝、朝7時に宅急便のおっちゃんにたたき起こされました。。。仕事納めに必死なんですな。

posted by こばやし あやな at 16:44| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

今年よく聴いたアーティスト


Of Monsters and Men - Little Talks


今年は、なんにしてもほとんどアウトプットの一方方向だった一年で、刺激をくれる人との出会いはとても多かったのですが、振り返ってみれば自分の暮らしや思考を揺さぶったり覆したりしてくれるような凄まじい本、アート、音楽との邂逅は、残念ながらすごく少なかった気がします。ライヴやコンサートや美術館に足を運ぶ機会もあまりなかったし。大学の芸術教育学の教授はいつも、「できるだけ毎日Taidetreffit(芸術デート)することを意識してすごしなさい」とおっしゃられます。いわゆるよい音楽を聴いたり芸術作品を見たりという時間をもつことはもちろん、街角で子供の言動や発想を観察したり、意識的に自然の有様を感じ取ろうとすることも芸術デートのうちなのだそう。何気なくすごす日々の中で、自然に、かつ頻繁にインスピレーションをくれるアーティスティックな感性にめぐり合い続けられるのが理想ではありますが、なかなかそういうわけにもいかないので、自分から積極的にその約束を取り付けてしまう努力をする、そしてそれらが実際どのように自分の感性や理性にはたらきかけたか、きちんと考察する習慣をもつ、というわけですね。

ところで、今年一年をとおして、ダウンロードではなく、作品にほれ込んでちゃんと自腹でアルバムを購入するに至った唯一のアーティストが、トップで一曲PVを紹介しているOf Monsters and Men(オブ・モンスターズ・アンド・メン)でした。悲しきかな、今年はほんとこれだけやった…。オブ・モンスターズ・アンド・メンはアイスランドの5人組バンドで(歌詞は英語)、うち女性と男性ひとりずつがデュエットのようにリードボーカルを担当しています。アイスランドのミュージシャンが、外れなくそのセンスとスキルが凄まじいことは世界的に知られるところ。私ももう何年も前にシガーロスなどにはまりだしてから、しばらくアイスランドアーティストの動向ばかり追っていた時期がありました。
けれど最近はいつしかすっかりご無沙汰で…今年数年ぶりにフィンランド公演をおこなったシガーロスのライブすら忙しさにかまけてすっぽかしてしまったのですが、今年一年ラジオなどでもよくかかっていたし、まわりに推してる知人が多かったので自然と繰り返し耳にして、すっかり惹きこまれたオブ・モンスターズ・アンド・メン―ワールド。いやはや、アイスランドの鬼才ミュージシャンの泉は、相変わらず滾々と湧き出る一途のようですなあ。

こちらの来日時のインタビューで自賛してらっしゃるように、《悲しい歌詞とハッピーなサウンドとの綺麗なコントラスト》が何よりの魅力だと私も思います(もちろん悲しい歌ばかりではないですが)。歌詞の世界の独創性というか、ひとつひとつの立派な物語世界がじっくり読み込みたくなるほど見事に突き抜けているのに、ハッピーでにぎやかなサウンドがそれとはまた別世界をつくりあげてて、一曲一曲つい何度もリピートして突き詰めたくなる魅力にあふれています!!今年は日本でフジロックにも出演していたようだし、日本での浸透度もぐっと深まっているのかと思いますが、初耳だわという方、ぜひまずは冒頭の代表曲、Little Talksの名作PVをご覧になって、氷国モンスターたちのファンタジー世界を味わってみてください!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


生活のオアシス、大学図書館は31日まで開館中♪



posted by こばやし あやな at 20:36| Comment(0) | Suomi×音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

Suomiのおかん業務実績2013

20131228_1.jpg

クリスマスが明けてバーゲンシーズンが始まったものの、最近物質的にはとても豊かに暮らせている気がして、ものを増やしたくない思いからまだセントラルには繰り出せていません。…まあ、あれこれ素敵な品や値引き札を見て購買欲に着火されるのが怖いというのもあるのですが。ただ、ここ数日はまた電子書籍病が再発し、気にはなっていたけれど読めていなかった本をあれこれダウンロードして読みふけっています。こちらこそ、そろそろ自制しないと危ない…ベッドの上でもクリックひとつでモノが買えてしまうのは実に怖い。

それはさておき、今日は今年一年の「フィンランド在住ライター Suomiのおかん こばやしあやな」としての掲載実績・活動報告をここにまとめて、セルフ仕事納め、かつ皆さまのご贔屓への感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

連載
■All Aboutフィンランド(2月〜,計83本掲載)

取材コーディネート、原稿&コラム執筆
■Casa BRUTUS 162号「北欧デザインの名作と暮らす」(8月)
■TruNatt 2号「白い世界の愉しみ方」(12月)

撮影・編集協力
■バナナブックス 「アルヴァ・アアルト」シリーズ(11月)

展覧会
■北欧展2013 in Tokyo「フィンランド 幸せの肖像」(12月、写真家小柴尊昭さんとの共同展示)

セミナー・講演
■フィンランド政府観光局セミナー講演「フィンランド人の恋愛事情」(1月)
■北欧展2013 in Tokyoクロージング講演「フィンランド人の十人十色な幸福論」(12月)

公的通訳
■ミサワホーム株式会社代表取締役社長様のフィンランド社およびミッケリ市長表敬訪問にて(9月)

その他掲載・出演
■Kansai Scene「海外生活日記」(1月)
■TOKYO FM アポロン ラジオ出演「ムーミンワールドの楽しみ方」(10月)

以上書き並べたものは、不特定の一般読者の皆さまの目に触れる紙面やサイトでの執筆・講演実績に限らせていただきました。このほかに非公開・会報誌などの限定的な場においても、今年は本当にいろいろと多方面で執筆や翻訳などの機会をいただきましたし、ガイドや視察コーディネーターとしても、実にあちこちからお声かけいただきました。All Aboutでの連載は今や自身の執筆活動の確かな幹となりましたし、その他ひとつひとつのお仕事依頼がとてもユニークで、制作に関わる人たち皆さんが熱とこだわりをもっていらして、ご一緒させていただけることがただただ嬉しく、とにかくすべてのお仕事が刺激であり、挑戦であり、誇りでした。

在フィンランド歴やライターとしての経験値が明らかにまだまだ乏しいはずのこの私に、なんらかの縁や可能性を感じ、信頼をおいてお声かけくださったすべての皆さまには、心の底から感謝しています。どうぞ来年以降もこの御縁が続きますよう、また、2014年には「まだ知らないフィンランドの今」を求める皆さまとの新たな縁が、ますますたくさん生まれますよう願って止みません。わたし自身ももっと、この素敵な魅力がつまった国フィンランドの隅々まで精通する努力を続けながら、それを皆さんに、楽しくわかりやすい、さまざまな形で発信していくお手伝いをしてゆけたらと願っています。

そしてもうひとつ、出版というひとつの目標に向かってキックオフできただけでなく、東京でまさかの展示会までさせていただけた奇跡。来年は必ずや、今度こそ「本」という手にできる形にして、さらに多くの皆さんに「フィンランドの幸せのかたち」を受け取っていただけるよう、年明けを待ってますます頑張ります!

最後に、今年一年のわたしのライター活動を日本やフィンランドや世界の何処かでひっそり見守っていてくださった皆さま…出版物が出たらすぐに購入報告を下さったり、講演会に足を運んで話しかけくださったりファンレターをくださったり、さらに日頃からFacebookやブログを通じてたくさんの"イイね"やメッセージで励ましてくださった読者の皆々さま、本当に、おおきにありがとうございました。自ら選んだフィンランドの小さな街で学業仕事両道で暮らしていくのはもちろん楽しいことばかりではなく、寂しさや苦しさと戦うことも少なくはありません。けれどネット世界や寄稿先のメディアを通じて、自分がまだ日本の誰かとつながっているという安心感と心強さを、いつもいつも心にストックしきれないくらいに頂いています。

来年も皆さんにたくさんのエネルギーをいただきながら、私に唯一できる「書く」ことでその恩をしっかり返してゆくつもりです!出版だけでなく、すでに新しい連載の話などもちゃくちゃく準備進行中ですので、2014年もこばやしあやなをどうぞよろしくお願いいたします。そして皆さんにとっても、自分だけの夢や憧れや希望に少しでも近づいてゆけるような一年となりますように。ともにボチボチ頑張りましょう〜

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日は新年に間に合うよう千枚漬けを漬け始めました♪

posted by こばやし あやな at 07:18| Comment(5) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

クリスマス満喫、そして年越しへ

20131226_1.jpg

20131226_5.jpg

20131226_4.jpg

20131226_2.jpg

それはそれはもう、のんびりまったり…の平穏なクリスマス休暇から戻ってきました。家族や親戚と実家で過ごすフィンランドのクリスマスは、ちょうど日本の年末年始のような穏やかなムードが流れます。1日オーブンで焼き上げた豚ハムを始め、決して贅沢なレシピではないけれど日本のおせち料理さながらの品数をほこるクリスマス料理やパン、お菓子を延々食べ続けるので常にお腹はパンパン(笑)
プレゼントは、ある程度の年齢になれば大人から子どもへ、のいっぽう方向でなく、子どもたちも両親や親戚へのプレゼントを用意します。それぞれのプレゼントはクリスマスツリー(本物の木を森から切ってきます)の足元に集めておいて、夜にその年のトントゥ(サンタさんの弟子)役の子がそれぞれの人に配り歩きます。
イヴの夜はキャンドルを灯しにお墓参りに行って、いつも以上に時間をかけてサウナでリラックス。深夜までホットワインを飲みながら家族でボードゲームに明け暮れ、一家の母以外みんな寝坊して起きてくる翌朝は、しばらくクリスマス特番TVを見ながらダラダラ…。ちなみに、25日の朝まだじゃっかん寝ボケながら見てたテレビで、日本のバラエティ番組を逆嘲笑?するコーナーやってて、画面に小島よしおやらオードリーやらしばらく映ってたので、ほんとに今は元旦なんじゃないかと思い違いしそうやった(笑)

去年は一時帰国中で両親と温泉行ってカニ食べて…というそれはそれで極楽なクリスマスでしたが、フィンランドのクリスマスも、まさに日本の正月気分を先取りできる気楽〜な数日間であります…というのは、自分が招待される側で、その何週間も前から始まる料理準備やツリー準備、ラッピング地獄などなどの大変さにあまり関わっていないから言えること??
人によっては、とにかく準備に追われるしたくさんの人と面会することになるクリスマス前後は、一年で一番ストレスだという人もいますね。

さて、ユヴァスキュラに戻ってきて、今日はもうさっそく年越しカウントダウンの花火の大量購入と、新年会の計画を。冬休みはまだまだこれからがお楽しみ!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ



日本の皆さまも仕事納め、お疲れ様でした!


posted by こばやし あやな at 06:51| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

クリスマス休暇いただきます☆

20131223_1.jpg

ふう、どうにか今日書ききると決めていた記事2本を仕上げて、クリスマス休暇突入体制が整いました(笑)午後はしばらく離れる我が家でちょっとしたクリスマス・ティーパーティを。クリスマスタルトに飽きたらず、アップルパイまで焼いて、赤と緑のクロスを敷いて、クリスマスオーナメントや普段あまり使わない色味のイーッタラ食器を出してきておしゃれに決め込みましたが、だんだん塩気が恋しくなってきた私たち…最後は2本から持って帰ってきた手焼き醤油せんべいをばりばり食べ、みかんをほおばりながら世間話に明け暮れておりました(苦笑)やっぱり余所者はクリスマスの才能が乏しいかも…

20131223_2.jpg

ともあれ、明日から3日間、ユヴァスキュラを離れてのんびり家庭的なクリスマスホリデーを満喫してきます!日記もしばらくお休みさせていただきますが、皆さんも、どうぞそれぞれに平穏でロマンティックなクリスマスをお過ごしくださいね。

Rauhallista joulunaikaa toivottaen :)
ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


出発前に冷蔵庫整理だけしていかなくちゃ!!

posted by こばやし あやな at 03:58| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

実感少ない折り返し

IMG_20131223_010237.jpg

本日めでたく冬至を迎え、さあ明日からは日照時間が回復の一途!と、喜びひとしおとなるはずのターニングポイント。けれど…この秋から冬にかけては例年に無く晴れ間が多く覗いて太陽もそれなりに浴びることができた一報、最近になってずっと天気が悪く、今日もまったく太陽を拝むことなく夜が来たし…で、総じてあまり折り返しの実感が伴わない冬至2013。

そもそも、今年は今のところ拍子抜けするほどの暖冬なんです。最近なんてずっとプラス気温で雪も積もっては溶けてを繰り返すばかり…このままでは、このユヴァスキュラでもブラッククリスマスが濃厚!!へルシンキではときどきあるようですが、ユヴァスキュラでというのはさすがに相当珍しいみたい。私個人は、クリスマスはちょいと北の方まで行くもので、おそらく白い世界のなかでお祝いできると思うのですが…なんだかなあ、な年の瀬ですな。はやく湖の上を自由に歩き回れるくらいの寒波が来ないかしら。

写真は、スーパーの中庭に特設された、完売間近のクリスマスツリー売り場。もちろん、本物の樹ですよ。傍を通るだけで天然のいい香りがします。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日も友だちと夜更かししてこんな時間。。。


posted by こばやし あやな at 08:14| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

お休みモード

IMG_20131221_211507.jpg

一応の「冬休み」にはいって、週末は図書館も閉館してしまい、外も暗いわ天候悪いわで外出する気にもならず、結果恐ろしく引きこもっております。。。家で一応記事を執筆するかたわら、あとはもうとことんぐうたらか、年賀状代わりのクリスマスカードを書くか、料理か、サウナか晩酌か…という感じ。これじゃさすがにいかんッ、と、今日は夜に6キロほど湖畔周遊サイクリングして身体を少し動かしてきたのですが(道が見事に凍結していてさすがにジョギングは怖い)、ぜったい摂取カロリーのほうが上回っているだろうなあ…。

徐々に周囲の友達もクリスマス帰省や旅行でユヴァスキュラを離れていってしまい、昨日は同居人さんとも一足早くの帰省でお別れ。別れ際に置き土産…ではなくクリスマスプレゼントとして、なんと手編みの手袋をくれたんです!あああ、すぐ身近にいながら、修論執筆で追われている傍らで知らないうちにこんなピッタリサイズの素敵な手袋を編んでくれていたなんて…涙。

私も来週火曜の出発までになんとか食材を消費してしまわねばと、毎食必死でレシピ考案中。明日明後日は連日お客さまをお招きして、クリスマス料理漬けになる前の和食フルコースを振る舞う予定です。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日はようやく冬至!!折り返し地点!!!

posted by こばやし あやな at 06:12| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

ちょっと立ち止まりたいとき、

20131219_1.jpg

昨日は今年最後の授業(ゼミ)をぶじに終えて、安堵から数時間ばかり図書館の個室仮眠室で熟睡したあと、夜は友達カップルのお招きを受けて自宅でのサウナパーティへ。クリスマスサウナのイメージで、電気照明の代わりにたくさんのキャンドルを灯した浴室と、小さいけれども少人数でコージーにくつろげるサウナ室でビール片手にのーんびり。招待のお礼に手打ちうどんとフィンランド人も大好きな日本酒を振るまい、真夜中まで、(わたしは途中とろーんとしつつも)和やかなおしゃべり時間に明け暮れてきました。

とにかく前に進まねばという焦りと、周囲の期待や声援から受ける良い意味でのプレッシャーから、今年はとにかくがむしゃらにひた走り続けてきた一年。学業でも仕事でも、先へと繋がるそれなりの成果は残してこれた満足感はあるのですが、正直、時にだいぶ苦しい思いもしながら、あまり自分の内なる声に耳を傾けないようわざと鈍感を装いつつ、なんとかかんとかここまで来た…という思いもまた強いです。
でも、昨日のお疲れホームパーティで心の芯までくつろぎ、温まり、皆や自分自身と対話できたように、そう、この国にはすぐそばにサウナがある。そして、気のおけない素敵な友達や大切な人がいる。辛いなと思えばいつでもそこで少し身を休めればよいし、またそこから背中を押して送り出してもらえばいい。私はもう性分的に、どこで暮らそうがスローライフなんて言葉がしっくりくる生活ペースに身を預けるのは無理な気がしてるけど、それでもせっかくこのフィンランドに暮らしてるんだから、そう、何かが一段落したときや疲れたときは、心地よい自然やサウナや人々の輪の中で思いっきりリラックスすればいい。

そんなわけで、(飛び込みのお仕事には可能な限り対応いたしますが)ひとまずクリスマス休みをいただきます。クリスマス連休にはちょっとした「里帰り」に繰り出しますが、年末年始は二年ぶりにユヴァスキュラを離れずゆったり過ごす予定です。まあなんだかんだで、レポートや宿題もあるし図書館に通い続ける生活かな。それでも今、こころは久々に緩まって穏やかさを取り戻しつつあります。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


休暇中は料理やお菓子作りにもなお精を出したい

posted by こばやし あやな at 08:31| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

クッキーチケット騒動その後

20131217_1.jpg

20131217_5.jpg

20131217_3.jpg

20131217_2.jpg

一昨日概要をお話したジンジャークッキー切符旅のお話、実は昨日フィンランド国内の各バスセンターは大混乱に陥ったようで、ニュースでも話題持ちきりでした。問題は、バス会社が、実際ほんのわずかしか無料チケットを発券する気がなかったのに、具体的に「チケットは先着●枚まで」という情報をいっさい流さず告知していた件。結果、早朝からクッキー切符を持った人の長蛇の列ができたにも関わらず、一瞬にしてどこのバスセンターも完売。どの街も、せっかく時間を割いてお手製切符を焼いてきたにも関わらず不意になってしまった人とチケットであふれ、バス停付近には無効チケットの残骸が散乱‥これじゃ、バス会社にとってもPR活動が完全に裏目に出てしまったのでは。

http://yle.fi/uutiset/matkahuollon_piparikampanja_meni_murusiksi/6988361

こちらのニュースは、ユヴァスキュラ駅で完売状況を伝えるニュース動画。ええ、実はこの撮影の場に我々もいましたので、耳を澄ますと音声の背景に我々の日本語会話も聞こえてきます。。。

と、いうわけで、我々もまた見事に無料チケットからあふれたので、しばし途方に暮れた後に潔く行き先を近場に変更して、(有料チケット買って、自作チケットは一部消化して残りは湖岸のカモに与え)、昨日は一日タンペレ観光を楽しんできました。クリスマスムードがユヴァスキュラよりずっと華やかで、これはこれで楽しい小旅行でしたが…バス会社は、次回は枚数制限なんかもうけず、どどーんと来た人全員に大盤振る舞いするくらいの勢いで挑んでほしいものですよ。

ayana@jyväsylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さあ今日は今年最後の授業!

posted by こばやし あやな at 19:02| Comment(0) | Suomi事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

切符は手作りクッキー

IMG_20131215_202435.jpg

フィン国内長距離バス網でちょっとびっくりするお触書が。
明日17日は、クリスマスシーズンの定番お菓子、ジンジャークッキーに出発地と目的地の名前をアイシングしてバスセンター窓口に持って行けば、なんと無料のバス乗車券と交換してくれるというのです!!

乗り降りできるバス停は限られているものの、南はヘルシンキ、北はロバニエミやソダンキュラまでだってタダで行けてしまうという、超大胆かつウィットの聞いた年末ならではの企画!ならばということで、先日ジンジャークッキーハウスを建てたときにみんなでせっせと切符も生産(笑)写真を見ればもう行き先ネタバレしてますが、明日はそんなわけで急遽日帰り弾丸旅行に繰り出してまいります〜

もし今からでも切符用意するぞ!という国内在住の方は、こちらのサイトで詳細をご確認ください。すみません、今日は一日動きまわってシメはオケ練習…とへとへとなので、翻訳は省略させていただき、明日に備え就寝準備にはいります。。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日から始まった練習曲が、また久々にド級の現代奏法オンパレード曲で、何より眼精疲労が。。。
posted by こばやし あやな at 05:51| Comment(0) | Suomi×ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。