2013年09月29日

沖縄の味は、下町の母の味

20130928_1.jpg

20130928_2.jpg

改めまして、昨日はユヴァスキュラ美食同好会の9月会の日でした。今月のお題は沖縄料理。この日のために先月妹来フィン時には泡盛もしっかり仕入れ済。メニューは、前々日の会員ミーティングにて、ソーキそば、タコライス、チャンプルー、そして食後にちんすこう、という4本立てに決定。ソーキとスープは前日から仕込みを開始しました。

味は厳しく追求しつつも、「フィンランドでしかできない、無理をしない」という観点も重視されるため、今回のこだわりポイントとしては、沖縄そばはもちろん手打ちで、チャンプルーにはゴーヤの代わりにフィンランド有機ズッキーニを、コンビーフの代わりにトナカイ肉缶詰を使用。ちんすこうは、焼きあがるまで私はノータッチだったのですが、気づけば「フィンすこう」になっていました(笑)
飲み物は、シークワーサージュースに限りなく近いライムソーダを泡盛で割って。

今月から参加した自称料理(&スイーツつくり)大好き交換留学生男の子2人の健闘もあり、今回もまた幸せな限りの食卓になりました。トナカイ肉缶詰とチャンプルーの相性の良さには一同びっくり。そしてとりわけ、沖縄そばはかなりのクオリティの高さ!泡盛だけをヒタヒタまでぶち込んで煮込み続けたソーキ肉のほろっとした味わいと豚骨スープの相性は格別でした。そして、泡盛の進むこと…それぞれの料理に使ってある分、味わいがとても呼応するんですよね。反省点は、ちんすこう塩バニラ味に粗塩入れすぎて、単純に塩っ辛さが甘みを凌駕していたこと…くらいですか。

20130928_3.jpg

せっせとちんすこうを成形する新人会員君たち。

私自身は沖縄には一度も行ったことがありませんので、本場の味はまったく知りません。ちんすこうに至っては、恥ずかしながら口にしたのは昨日が初めて(笑)どんなものかも知らなかったので、ほう、こんな食感なんですかと学習(周囲の反応を見る限りでは「これぞちんすこう!!」だったようなので、あの味を信じて良いのだろう)。

そんな、いつでも南国方面には縁のない私が唯一慣れ親しんできた沖縄料理の味は、高円寺在住時代に一番よく通っていた、裏路地にひっそりたたずむ小さな小さな沖縄居酒屋さんのママさんの味。泡盛のやみつきになる美味しさを覚えたのもここのお店で。料理を作っていたのは、訳ありで来日し、本場沖縄の味を受け継ぐ数奇な人生をたどることになったミャンマー人のママさん。飲みメインだったなか、いつも頼むものは決まっていて、カラス豆腐、チャンプルーどれか、紅芋だんご、そして裏メニューのケチャップ沖縄そば。ケチャップそばは、誰を連れて行って食べあせてあげても全員目を輝かせるくらい、シンプルなのに旨いB級裏メニューでした。いつもシメに「あれ作って!」というだけで、さっと炒めにかかって出してくれてました。

実はママさんは私の名前を最後まで知らなかったと思うし(なぜかいつも私のことを「おねえさん」と呼んでいた)、私もお名前を知らない代わりにいつも「お母さん」と呼んで慕っていました。それでも不思議とこころを通わせていた私たち。沖縄のお母さんは1人で行こうが誰を連れて行こうが、いつも楽しいお話相手にもなってくれて、ときどき昼間の街の商店街で会って立ち話することもありました。そんなわけで私にとっての沖縄料理の味は、第二のおふくろの味、みたいなものなのです。

私が高円寺を出る最後の日の自主お別れパーテイを開いたのももちろんこのお店だったし(なんとその場に、職場同僚、オケ仲間、ご近所さんと私の東京時代を彩ってくださったあらゆるフィールドの方たちが集結し打ち解けたという笑)、お母さんはまさにこれから大阪行きの夜行バスに乗るためお店を出ようとするそのとき、今までありがとう、これ持って行って、といってサーターアンダギーがこれでもかと入った大きな袋をお土産に手渡して肩を抱いてくれましたっけ。
その後私がフィンランドに渡ってきてからも、常連さんたちに「お姉さん元気かなあ」と漏らしてくれていたそうで、冬の一時帰国の時には1年半ぶりに互いに元気な顔を見せあい、いつかのように新年の挨拶を交わすことができました。

すでに冬を迎えつつある極北の食卓で再会した、泡盛の味が染み込んだ料理たちは、そんな社会人駆け出し時代を癒してくれていた、暖かで陽気で大らかな夜のひとときを久しぶりに思い出させてくれました。またあの味を食べに、お母さんや常連さんたちと語らいに、高円寺の夜の街に戻りたいなあ。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


来月の定例会は、初のアウトドア編!?
posted by こばやし あやな at 04:41| Comment(0) | Suomi×ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

夜道に落ちてたタワシ

20130926_1.jpg

今日は月末恒例、ユヴァスキュラ美食同好会の月例会の日でありました。作った品とともにちと強めのお酒を飲み過ぎて、満腹感と眠気も加わりフワフワしているので、その報告はまた明日にでも、ということで…

さっき、寒い寒いとひとりごとをぼやきながら、自転車を走らせていたとある帰り道(自転車道)の路上どまんなかに、ボコっと大きな石のようなシルエットが。ん?と思ってすっと避けようとしたら、なんと石がのそのそのそ…と私が避けようとした方向に移動を始めて、慌てて急ブレーキ。間一髪で道脇に渡りきったその動く石の正体は…写真を見ての通りタワシ…ではなく、ハリネズミくんでした。おいおい、驚かせないでおくれよ…
急に寒くなったし、雪も舞ったし、こりゃ冬支度まで時間がない!!と焦ってるのでしょうか、ここ数日リスやハリネズミがせわしなく動き回っている姿をしょっちゅう目にします。急な寒波に慌ててるのは人間だけではないようですね。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さ、週末も図書館通いか。。。


posted by こばやし あやな at 06:52| Comment(0) | Suomi×生きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

初雪ふっちゃいました。

20130925_1.jpg

ええ…写真はないのですが、本日、初雪ふっちゃいました。
参考までに、同じユヴァスキュラで2011年は11月14日、2012年は10月23日に舞い降りた初雪(こんなとき過去の日記は役に立ちますなあ)…

ハイ、もはや異例です。

と言っても、年々これだけ大幅に違うのだから、まあいつ降ってもおかしくないということなのかもしれませんがね…

もちろん今日は積もるほどではなく、日中、木枯らしとともに雨まじりの雪(ときどき雹)が吹雪いては陽が射して、また吹雪いては陽が射して…の繰り返しという、なんともミョウなお天気。ちょうどその頃、私はといえば、先輩の某ゼミ発表にてどうあがいても理解できないスウェーデン語のテクストに目を通させられ、すっかり上の空になっているときで、申し訳なくも授業そっちのけで窓の外を眺めてウキウキしていました(笑)

いやはや、それにしても今日は寒かったです。ちょうど、日本で暮らしていて「今日はこの冬一番かも!」と思うときくらいの、ジンジンくる現実的な寒さ。ある意味、一番骨身にしみますな。もっとこう、きゅうっと寒くなったほうが、返ってしのぎやすい気がするんですよね、もはや。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


寒波はまだしばらく続く模様。
posted by こばやし あやな at 04:07| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

太陽が出た出た!

IMG_20130924_201506.jpg

でました太陽!イヨっ何日ぶり!?!?

暗示をかけるように自分を敏感体質にしてしまうのは良くない気もしているのですが、空どんより=ビタミンDが欠乏中でテンション下がる…、貴重な太陽が出る=浴びなければ!という感覚が、何年もこの国の秋冬に挑んでいると、必然的に備わってしまいます。己をしっかり持っていれば外部環境にいちいち精神状態を揺らがされることもないはず…とは思うのですが、でも前冬は、そうやって高をくくってサプリ摂取を怠ってたら、見事にメンタルやられかけましたからねえ。。。あれはやっぱり太陽不足のせいだったのか、はたまた…

まあ、ベスト対策は、しっかりサプリを飲んで「だから鬱になるはずない!」って高をくくっておくことでしょうかね(笑)今年はその方針でまいりましょう。

空が晴れて太陽が出た日の夜のお約束。放射冷却で、現在2度を切っております(体感温度はちょうど0度らしい)。今晩はさらにもう少し冷え込むのだとか。…学生アパートは、まだ壁の温水バッテリーが作動しないので(とにもかくにも10月以降だったような)、ある意味今の時期が1年で一番室内での寒さを耐えしのがねばならないときです。ヒートテック着込んで、足はニット靴下でしっかり温めて、それでは皆さんおやすみなさい〜。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日も見事に4コマ埋まってます…昼をいつ食べろと。

posted by こばやし あやな at 05:50| Comment(2) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

新しい指揮者は…

20130923_1.jpg

本当は先週から、今季のオケの練習がはじまっていましたが、先週は仕事でユヴァスキュラを離れていたので今日から参戦。…で、まあ噂には聞いていたんですが…以前お話したように、急にアムステルダムでの仕事が決まってうちのオケの常任指揮者枠を去らなくてはならなくなったフバに変わって、マネージャーが(来月には出産だというのに!)後任を探しに探しまわった結果、ひとまず今秋の定期のマエストロとして迎えることになったのが…お隣の音楽学校のピアノ・オケスタの指導者であられるロシア人。

ええ、彼のことも以前日記に綴った気がするのですが、私は人数補充のためにちょくちょく音楽学校のオケの本番に駆り出される身なので、当然彼の指揮でも何度か演奏しています。で、はっきりイイますと、私はなぜか彼の大のお気に入りです…もう、あからさまに。どう冷静に見ても、周囲は曲がりなりにも音大生なわけで、レベルの差は歴然、私はただのビオラ音量補充役でしかお役に立てないのは明らかなのに、いつも休憩にはいると近寄ってきて、「いや〜キミがくるとビオラパートの音が変わるよ!来てくれて嬉しいよ!!」と赤っ恥もええとこなアプローチをしてくる…さらに街で時々ばったり出会う時も、必ずロックオンされてしばしばロマンチック雑談に付き合わされる…(苦笑)

いや、彼の指導は(めちゃめちゃストイックでこだわりが強いですが)いつもとても充実しているし、目指す音楽の方向性にもいつもとても共感できるので、一緒に音楽できる事自体は幸せなんです。ただねえ。。。今日もやっぱり、休憩時間になると近づいてきて「やっぱり先週と断然ビオラの音が違うよ!キミと音楽できて僕は本当に嬉しいよ!!」って…(爆)まあ、適度に交わしつつ、学び取れることだけをたくさん吸収したいと思います。ちなみに彼はフィンランド語は堪能でないので、レッスンはもちろん英語。するとフィンランド人団員同士のやりとりや発言だって、きっちり英語に切り替わるからさすが。日本の大学オケでこうもコロコロ共通言語変わったらついていけない人も多かろうな…

今秋取り組むのは、今のところ決まっているのがサン=サーンスのチェロ協奏曲と、リストのピアノ協奏曲。ああ、どちらもかっこいい…何より、久々のフィンランド&北欧作曲家からの解放プログラム!!!いやほんとに、去年1年、冗談でなくフィンランド人作曲家(のコテコテ現代曲)縛りに遭っていましたから。ああ、なんてわかりやすいメロディとリズム、先の読めやすい楽譜!(涙)リストにはちょいっとビオラソロがあるようですが、これくらい、去年のサーリネンに比べればお安いご用。今秋はめいっぱい、久々の音楽海外旅行を楽しみたいと思います♪

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


水曜日にまさかの雪予報出現、当たるかしら…?

posted by こばやし あやな at 06:26| Comment(0) | Suomi×音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

晩秋の冷たい雨

20130922_1.jpg

今週後半は、もうずっと雨、雨、雨。ああ…これぞフィンランドの晩秋…と季節を想いながらも、内心昨年の記録的に晴れない秋→冬…の悪夢が脳裏をかすめる…。今日はお昼ごろに一瞬雲間から青空が覗き始めたので、よし今だと図書館に移動したものの、閉館時間にはものの見事に土砂降り。少しセントラルのカフェで時間を潰してみたけど埒が明かなさそうだったので、しかたなくずぶ濡れになって自転車で家まで疾走。家に帰り着いたら、アンナに「あんたフィンランドの天気変わりやすい秋経験するの何年めなの!?」と呆れられました。。。幸いパーカーを着ていたので頭は守れたけど、すぐに脱衣した服は通常の1.5倍の重量に…。即熱々シャワーを浴びて落ち着いたのですが、ここから風邪を引き始めないことをいのるばかりです。

盛りをゆるやかに通り過ぎつつある紅葉シーズン、雨のたびに赤や黄色の片鱗が地面にばらまかれていきます。通学路であるアールト博物館の前もこの通り、赤いじゅうたんと黄色いじゅうたんが拮抗中。天下分け目の関が原の合戦を俯瞰しているようですな…

20130922_2.jpg

秋刀魚はなくとも秋鮭はある!ということで、今日の晩ごはんは、昨日まで煮詰めきった豚の角煮のつゆを薄めて温め直し、大根、卵、キノコ、イカ、そして鮭の切り身をことこと炊き続けたもの。上を望めばキリはありませんが、これでも十分、美味くないわけがないですね(笑)つゆに鮭の旨みがしっかり溶けて、見た目は関東風おでんみたいになりました。秋茄子を想いながら普通の茄子を漬物にして、(即席の)しじみ汁と一緒にいただきました。食後は南アフリカ産のこたつミカン。ふう、ほっこり、満腹、秋深し。来週からはいよいよ最高気温も一桁、朝夕には氷点下予報もちらついています。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さあ来週も忙しや
posted by こばやし あやな at 01:56| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

バス乗り放題の一日

20130921_1.jpg

今日は、なんと終日(深夜バス含めて)ユヴァスキュラ市内のバスが無料で乗り放題、というちょっとワクワクしてしまう一日でした。ノーマイカーデーのようなイベントの一環だとは思うのですが、宣伝記事の冒頭は、「市内バスに揺られて、あてもなく街の景色だけを楽しみたいなあと思ったことはありませんか?あるいはバーをハシゴしたいけど帰りのドライバーがいなくなる…なんて困った事はありませんか?そんなアナタに朗報!」ですと(笑)なんともお出かけゴコロをくすぐる誘い文句じゃあありませんか。

ただ今日は残念ながら一日雨。いやいや、雨だからこそ雨ガッパで自転車に乗らずとも街を自由に行き来できるメリットがあるというもの!?私も一応恩恵に預かっておかねば…と今日はたかが大学の図書館に行くために無理にバスを捕まえてはみたけれど(さすがに今日は満席!)、もともと1時間に1本しかないラインだからスケジュールが狂わされるし、まあ結局のところ、私の生活範囲の移動にはチャリが一番便利で最速、ということが再確認できました(笑)

ちなみに通常、市内バスは初乗り運賃がなんと3.3ユーロ。ええ、高すぎです。しかも夜11時以降は6ユーロにアップ!!複数人いるならタクシーのほうが安くつきそう。これじゃあ、よっぽどのことがないと乗ろうという気にはなりませんな…事実、とある記事によると、ユヴァスキュラ市民の23%はこれまで一度も市内の公共交通機関を利用したことがない、とのことです。納得。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日もまた図書館こもりだな…
posted by こばやし あやな at 04:00| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

サウナとビオラとイタリアンとケーキと角煮と

20130920_1.jpg

はあぁ。。。正直今日は大変凹んでいます。
今日から参加した輪講が、もうまったくと言ってよいほどついていけなかった…。テーマだけ見てこれなら自分でも戦えるかなとレジストレーションしたものの、配布された文献は思うてたんと違う!!という興味や手持ち知識からは程遠い内容、しかも英語の文献をその場で読んで、その場でフィン語で熱く議論。周囲の議論熱もやたらに高い。私一人、みんなの白熱議論の聴講生みたいにぽつんと座って耳で追ってるので精一杯でした。。。こんな惨めな思いをするのも久々。来週は発表もあたってるし、週末もまったく休めなさそうだし、あー、もうお国さ帰りたい…と柄にもなく超弱気モードで図書館閉館時間までは次の文献に必死に目を通し、一週間分の買い物を済ませてとぼとぼと家に帰りました。こういう気分の時、冷静な判断を欠いた食材にも手が伸びてしまう…なぜかヘラジカの脛肉を何切れか買ってきてしまったが、さてこれ、どうやって食べれば美味しいのか?

ま、ともあれ、今日はサウナの日(笑)汗をかいて綺麗サッパリいやなことは忘れるべし!!サウナ内ではいつもよりちょいとばかしアルコールを多めに摂取し、がんがん蒸気を出してちょっとハイになって、すっかり上機嫌で家に戻ってきたら、なんと同居人がピザとパスタを作って待っててくれた!遊びに来ていた仲間内でわいわい食事を楽しんで、その後はほろ酔いの勢い借りてありったけの楽譜でビオラ+ピアノ+ボーカルセッション、さらに調子に乗って、夜の9時からケーキを焼き、一晩煮こむために豚の角煮を仕込む。日が変わるころまでお喋りに明け暮れて、よし、今まちがいなく熟睡できる心地よい疲労の波が寄せてきています。

ちなみにイントロ写真は本文となんの関係もないですが、大学学食の今週の週替り贅沢ランチ(ラム肉ミディアムレアステーキ・ローズマリー風味赤ワインソースがけ、おんやさいぞえ)の写真を久々に。相変わらず、大学の学食メニューとは思えないクオリティの高さ。これでたったの4.9ユーロであります♪

ま、週末、頑張るか。もう人生でこんだけひいこら言って「勉強する」ことができる時期もそうないだろうから、これもまた振り返れば貴重な思い出の片鱗になるはず…と信じて。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


おやすみなさい。
posted by こばやし あやな at 06:17| Comment(2) | Suomi×ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

メディア役冥利

20130919_1.jpg

昨晩、数日間にわたる出張からユヴァスキュラに帰ってきました。正直、かつてないハイプレッシャーのなかでのお仕事でした。今回のミッションは通訳とアテンダントが主だったのですが、そもそも自身が普通に生活している分には話すことも出会うこともなかろう、我々の社会を動かす重役同士のあいだを取り持つ場の連続でしたので…。議題のメインが、かつての自分の専門領域に近く馴染みがある、ということだけが救いでした。

ともあれ、今回皆さんのおそばで経験させていただいたこと、お話に加わらせていただいたこと、見聞き知ることのできたその業界や企業のあり方、そこに携わる多くの働く人たちの努力と技術…すべてが新鮮かつ感銘に値するものばかりで、自分の視野や世界がまた新たな方向に大きく広がったことを実感しました。書く・撮る・話す…いろいろな手段を講じつつ私が職業としてやっていることは、つまるところ何かと何かの間の「メディア」という役回りに集約されるわけですが、それすなわち、新しいお仕事を依頼していただくたびに、まず自分自身では知ることも近づくこともないまったく別領域で社会や世界を支える人たちに出会え、切り込んでいけるということ。やはりこんなに刺激的で感動的な仕事はない、という喜びをかみしめながら、昨日は帰郷列車のなかであっさりと眠りに落ちました。私自身も、これからもっともっと、焦らず自分にはこれしかできない、ということを磨き続けていこう。

ayana@jyvaskyla.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今週後半は学生本分に徹するべし
posted by こばやし あやな at 02:34| Comment(0) | Suomiで出会った人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

ご褒美サウナ



今回のお仕事はやはりそれなりに気を張って立ち向かっているのですが、毎晩ありがたいことに素晴らしいご褒美サウナに恵まれております。今晩は無人の森の湖畔サウナ小屋から湖へ、の最上級サウナ。明日へのこの上ない活力です。

ayana@mikkeli.fi

にほんブログ村 海 外生活ブログフィンランド情報へ


寝る前に一予習せねば。。
posted by こばやし あやな at 22:35| Comment(0) | Mikkeli-ミッケリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。