2013年07月31日

ローカルガイドから異邦人へ転身

20130730-4.jpg

20130730_2.jpg

20130730-3.jpg

無事にバルセロナに到着しております。
土地勘がなく、言葉もわからない。そんな異国の地をさすらうのは実に2年以上ぶり。昔はあんなに異国ひとり旅を愛してた時期もあったのに…何気なく数えてみたら、スペインはヨーロッパの国の中で25ヶ国めの到達国になりました。

夕方でも30度を切らない蒸し暑さはどことなく日本の夏を思い出させ、暗い夜空に星が瞬くのを眺めるのもそういえば久しぶり。全然発音のわからない地図を片手に、電車で近くの席になった旅人同士でたわいもない自己紹介や情報交換したり、英語の苦手そうな地元の人に身振り手振り助けてもらったり(道を教えてくれた女性の名前がカルメンだったり…笑)、ひとつひとつの些細なことが、不得手で非日常でまごつく、でも新鮮でなんか楽しい、そんな異邦人ライフをこれから数日間満喫します。

ところで、郊外の丘の上にあるお宿に荷物を下ろして、空腹を満たすべく、しばしさまようなかで嗅覚にピンときて入店したバルが、観光客らしき人は見当たりもしない、それどころか「ビッグ」も「スモ-ル」もぽかんとされる英語理解力ゼロのおじいちゃんマスター(客相手の時以外は声高らかにシャンソンみたいなのを口ずさんでる)と、サッカー観戦に明け暮れるおっさんたちで賑わう、しょっぱなから難易度高い店でありました(苦笑)

カウンターにならぶタパスも、ソースにまみれて鳥なのか魚なのかもわからないものが多くて、マスターに聞いてもなかなか伝わらない。しまいには鳥や魚のモノマネをしてレシピを懸命に教えてくれました…。こちらも手とスマイルと「シー」の連呼でどうにかこうにか意思を伝え、ようやくタパスと白ワインにありつけた!!半分成り行きで確保に成功したのは、イベリコ豚のソーセージとイカの炒めものと、トウガラシ寸前の絶妙な辛味と清涼感のあるししとう?を素揚げして荒塩をふっただけのおつまみだったのですが、どちらもシンプルなのにやたらうまいのなんのって。しかも激安。嗚呼どうしてフィンランドのバーやレストランにはこういう肩の力が抜けた、単純なのに安くてうまくて酒にあう!って料理がないものか…
マスターと横で飲んでたおっちゃんが、謎の異邦人娘が興奮気味にばくばく一人で食べ続けてるのをニヤニヤ眺めながら、しまいにはもういっぱい白ワインごちそうしてくれました(笑)

いかんいかん、ここはバルセロナだ、もっと気を引き締め人に厳しくあらねばと思いながらも、やっぱりこういう一期一会こそが旅の醍醐味じゃないか…と独りぼっちの心が葛藤します。明日からはザ観光地に繰り出すので、しっかり我が身を守りながら、めいっぱいバルセロナの真髄を目に焼き付けてきます!

ayana@barcelona.es


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


水道水が飲めないってのが地味にツライ



posted by こばやし あやな at 07:46| Comment(3) | Espanja-スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

先輩っ子だったあのころ

20130730-1.jpg

ただ今空港にてフライト待ちです。時間をちょっぴり勘違いしてて、まだそんなに忙しくない空港内でのんびりしたいい時間を過ごしてます。

昨日のことをちょっぴりと。昨日は、ポーランドで美学会の発表を終えた古巣・阪大美学チームから、2人の偉大な先輩がわざわざヘルシンキに立ち寄って遊びにきてくださいました。こうしてお会いするのは実に5年ぶりくらいです。その再会の場所がヘルシンキだなんて、なんとも嬉しいことじゃあないですか。

今でこそ世話焼きオカンを気取ってる私ですが、日本の大学院時代は、とにかく公私ともに頼れる素晴らしい先輩方(しかも文系のはずやのに8ー9割男性、しかも全員男前)に囲まれ、後輩としてぬくぬく甘えっぱなしの日々でした。教授陣も本当に尊敬できる良い先生方ばかりでしたが、いかんせん普段は厳しかったし(論文関連で何度ぼろぼろ泣かされたか…)私は「もう無理です!」オーラがどうも人に伝わりにくい(常にない余裕かましてヘラヘラしてる?)らしく雑務の押し付けられようが半端なかったので(笑)、その間に立つ先輩方にはそのたび温かい緩衝材となっていただき、大いに励まし助けられてなんとか修了することができました。いっぽうで、私はこの先輩方と一緒にいるともう、自分が明らかに研究者向きでないことや、彼らほど美学というものに力を注げないことを自覚せずにはいられず、なんとなく負い目も感じていました。わざわざ先輩がボランティアで開催してくださっていた自主輪講やフランス語読解講座もほとんど投げ出してしまって身につかずじまい、いっつも合同研究室で他所のゼミの人や事務員さんと雑談に明け暮れてるだけの不肖後輩。にも関わらず、自主勉強会以外の輪にもちゃんと居場所や役割を与えてくださった、才知だけでなく人徳ある先輩たちには、今でもただただ尊敬と感謝の念を抱いて心の中で崇め続けています。

今回遊びにきてくださったS先輩&Y先輩も、ときどき研究室や屋上で朝まで生討論などご一緒していた、ゼミの中でとりわけ異才を放つ強烈なお二人でした。なんといっても思考力が抜群で、知識量も語彙のレンジも半端なく、それを非真面目?な方向性にもちゃんと活かせる魅力的な先輩方。関西人同士のごく基本的なボケツッコミ問答モードにはいっても、ツッコミや反論のロジックが単調なだけで「おもんない奴の典型や」と一蹴されてしまう恐怖(苦笑)たんなる雑談までもが、非常に高尚であり、かつ超ばかばかしくオモシロイ…あのセンスとバランス感覚、たぶん私は一生たどり着けない境地であろう。。

しかも私が普段生業にすらしているはずのヘルシンキ観光でも、大聖堂内部のシンボリックなレリーフや祭壇画の意味から、ルーテル派の源流と歴史について、スオメンリンナの大砲のサイズと飛弾距離の予測、軍事史の光と影についてまで、事前に調べてきたわけでもなく現場を見渡しただけで次々何か見つけてスラスラ〜といくらでも語れてしまう、あの半端ない見識量。。。この圧倒される感覚そのものがただただ懐かしくて、こんなウォーキング世界百科たちに当たり前のように囲まれてた昔にもう一度戻りたいなあ…なんて気分にも。あ、でも、もう日本の修士課程には絶対戻りたいとは思わないですけどね(笑)

これだけ魅力的な方々でも、その肩書きと専門分野だけ強調されてはなかなか世間の風当たりがきついのが歯がゆい。先輩方の生き様に幸あれ、そう願って二人をのせたバスが空港に発つのをお見送りさせていただきました。

ayana@helsinki-vantaalentoasema.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


はやくスペインの美味しいものにたどり着きたい!!

posted by こばやし あやな at 15:52| Comment(0) | Suomiで考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

太陽の旅に出ます

IMG_20130728_200912.jpg

明日からいよいよ、ちょっとした長旅(←中途半端な表現すぎるな…)に出かけます。明日は、ポーランドでの国際学会帰りだという、日本の大学院のゼミで大変お世話になった先輩方が半日だけヘルシンキに遊びに来てくださるので、再会を喜びながらプチ観光案内へ。火曜日から、いよいよ6日間のバルセロナ一人旅に発ちます。(日本&タリン以外の)海外旅行は本当に久しぶりで、しかもこれだけフィンランドと治安の格差がある街にゆくので(苦笑)、ちょっとどきどきしています。でもこのどきどきこそが最近久しくなかった感情なので…とにかくなにもかもが今暮らす街と違う、そのすべてに、ほ〜、は〜と溜息ついてこようと思ってます。

スペインから帰ってきたら、今度はまた5日間ほどかけて出版本のための取材旅行が再開します。今回は私自身もお会いするのが楽しみで仕方ないビッグネームとの対面も待っているので、とにかくワクワクしています。ネット環境に恵まれる限り、ぼちぼちとここで非日常日記も綴っていけたらと思いますので、無事の帰郷を願いながら動向を見守ってくださったらこれ幸いです。それでは皆さんも、暑さに負けず素敵な夏を!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は4時おき…ド早朝に駅まで車で送ってくれる同居人さんに心から感謝!!
posted by こばやし あやな at 04:16| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

ピクニックDE天ぷらうどん

IMG_20130727_194543.jpg

今月より、新たな日本人留学生が徐々にユヴァスキュラに到着しております。そして、元名誉会長の研究者Hさんが完全帰国されたことからしばし活動休止されていた「ユヴァスキュラ美食同好会」に、早くも期待のニューカマーを迎え(久々に私より年上のお兄さんお姉さん!)、久々に定例会を復活させることができました!!
(過去の活動はこちらなどから、その飽くなき執念をうかがい知ることができます)

7月度の研究テーマは、私が最近無性に食べたくなっていた「おうどん」。それもきゅっと水でしめて、大根おろしを乗せた上から濃いめのつゆをぶっかけにして、あと天ぷらも乗ってたら最高…箸休めにはピリッと唐辛子の効いた野菜の浅漬を…という妄想をその通りに実現させてもらいました(笑)

うどんはもちろん、粉をこねて打つところから。踏み踏みの工程など夢中になってて記録写真の一枚もありませんが…

20130727_1.jpg

この職人技、まさに同好会の期待のホープであります!!

さらに思いつきで、せっかく天気も良いし、夜(?)になって気温も落ち着いてきたので、庭でピクニックがてらいただこうということで…

20130727_2.jpg

20130727_3.jpg

キッチンからマクドのドライブスルーのごとくスマートに運搬(笑)
今の季節、うちのお庭は緑いっぱいで静かで、芝生にバスタオルさえ敷いちゃえば外ごはんや外飲みには最適。口直しにはそのへんの茂みにわっさと実をつけてるベリー類をつまめばOK。


で、完成した冷やし天ぷらうどんはこんな感じでした!

20130727_6.jpg

夜9時の夕日に映える天ぷらうどん(笑)
参考にした手打ちうどん工程がけっこうアバウトだったので茹で上がるまで不安でしたが、ちゃんと艶の良いうどんになってくれました。麺の長さや均一性はまだ課題が残りましたが、ひとまず「うどんだって食べたきゃ自分で作れる」という自信と経験は得られたかなと。久々の天ぷらも、やっぱうまいねえ。ビールに合う!

さてさて来月以降は何を作りましょうか。強力な新メンバーも加わったことだし、今まで食べたくても諦めてたもの、改めてリストアップしておかなきゃ。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は「立つ鳥跡を濁さず」のために必死にならねばならぬ一日


posted by こばやし あやな at 07:25| Comment(0) | Suomi×ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

ある平凡な夏休みの一日

20130724_1.jpg

最近、業務内容上うちにひきこもりっぱなしだったので、今日は久々に大学図書館で気分転換…といいますか、来週からのスペイン旅行の下調べ&印刷をせっせと…、夏季休暇中なのでそれなりにノイズは低めですが、それでも結構な数の人が熱心に勉強したりディスカッションしたりネットサーフィンしたり。館内カフェもちゃんとオープンしてくれています。

20130726_5.jpg

こちらはアールト設計でおなじみの学食。夏のシーズンは結構観光客も一般客も利用しています。が、今日は閉店ぎりぎりの三時前に行ったので残っていたお客さんは私ふくめ三人ほど。「週末にはいっちゃうからこれ持ってって」と、食堂のおばちゃんにクロワッサンやら菓子パンやら余り物をいろいろいただいちゃいました。ところで先日たまたまArtek椅子のオンライン販売店で、この食堂にざっと200席以上は並んでいる椅子が一脚8万近くする事実を知りました…この食堂にかぎらず、我が大学のアールト建築部分で使われている家具は、徹底してArtekのもの。一体、普段何気なく使っているキャンパス内の家具だけで、どれだけお金かかってるんだろう…と、ふとやましい考えがよぎってしまいました(苦笑)本当に、贅沢ボケしそうなくらいありがたい話です。


20130726_3.jpg

ユヴァスキュラの屋外マーケット広場って、中心街からやや離れてるしあんまり盛り上がっているイメージを持ってなかったのですが、今日たまたま通りかかると思いのほか出店もいっぱいで賑わっていたのでちょっとびっくり。真っ青な空の下で見る野菜やベリーって、どうしてこうも美味しそうに見えるんだろう…


20130726_2.jpg

夜は恒例の森歩き。明日うちに来客があるので、もてなし用のブルーベリーバナナケーキを焼くためにベリーもちょっとだけ。気がつけば、カバさんの口がサバンナのライオン並みにワイルドになってました…そんなカバさんを写真におさめようとシャッター切る私の指も、たいがいえげつないことになっていましたけどね。今、オーブンでケーキが焼きあがるのを待ちながら、こうして一日の雑記を書き散らしてみた次第です。最近毎日平凡すぎて、これといったスクープもなく(笑)来週の今ごろはバカンス先から、ちょっとエキゾチックな日記をお届けできるはず…ですのでお楽しみに!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


あしたは久々復活!ユヴァスキュラ美食同好会例会。



posted by こばやし あやな at 04:57| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

夏再来!

20130725_1.jpg

先日までしばらく、最高気温が20度も行かないしみったれた夏(もはや秋の気配を感じるほど…)が続いていてフィンランド全土萎えていたんですが、昨日の午後くらいから一気に夏模様が盛り返してきたのです!先の週間予報を見る限りでも、ここからはしばらく、連日20度ごえの夏日が続くみたい!!嗚呼ヨカッタ〜

うちの庭の背の高い白樺たちも、緑の葉で青空に対抗するような壁を作って気持ち良さげにそよいでいます。冬場はこの葉すべてが落ちて、木立の狭間からグリーンのオーロラが見えていた日もあったというのになあ。白樺の葉は風にそよぐとチカチカとまたたいているように見え、さらさらととてもいい音を奏でます。窓を開けているとこの清流のような爽やかな音が室内にも入ってきて、涼しげで気に入ってます。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


夏をもう一度エンジョイ!



posted by こばやし あやな at 15:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

リラの咲くころ●●●●●へ!

20130723_1.jpg

来週の今頃には個人的事情よりバルセロナにいる予定でして、さらにその前後にガイド業や取材旅行があって丸2週間ユヴァスキュラを不在にするので、今週はその分降り掛かってきてる穴埋め業務にヒイコラ言うております。なかなか最後の一件が決まらない超難関アポ取りの片手間で翻訳そして記事執筆。一日の大半パソコン前だなんて、嗚呼、身体には悪いこと強要してます…

ところで、バルセロナといえばなぜか真っ先に脳内に思い浮かぶのが、解散間近の光GENJIの歌ってた「リラの咲くころバルセロナへ」という歌。バルセロナオリンピックの応援ソングだったんですよね。いうてもまだ小学校低学年で、J-popなんかに目覚め始めたのはもっと後だったのですが、この曲はなんかやたら耳に残っています。確か弟が運動会の演目で使うとかで家でかけまくっていたのだったと思う…。当時、リラがニラに聞こえるので、当初はニラの咲くころか…臭いそうだな、と脱線妄想していたものです。あと「キミは夏のマタドール」が「マタ丼」にしか聞こえず、これまただいぶ戸惑ってました。。

そんなことを思い出して、ふと、リラってどんな花?と思い調べてみたら、なんてことはない、ライラックのことだったんですね!!じゃあ、「リラの咲くころ」というのは、オリンピック開催時期の真夏かと思いきや、もう少し前の季節を指すのでしょうか(フィンランドでは5月下旬にライラックがピークを迎えていたので晩春または初夏の花という認識なのですが、もしかしてスペインではさらに早くに咲くのでは?)。「リラの咲く季節」というのは一方で1年で一番いい季節の代名詞だそうですが、南欧の人たちにとってのベストシーズンの認識は晩春ごろ、でよいのだろうか…??



おお、お宝映像、見つかるものですねえ。。。笑。この五輪カラーの衣装にとても見覚えがありますわ。動画はないけど高音質・フルバージョンならコチラから。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


旅行の下調べも多少はしないと…といいつつ時間が見当たらないので、もう昔の職場からスペインガイド本一冊取り寄せたい(苦笑)
posted by こばやし あやな at 07:25| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

肩に余力が…

IMG_20130722_204858.jpg

さあて何書こう…と思い巡らしたのもつかの間、さっきから、じゃないな、今日一日、とてつもなく右肩が痛いのです。たぶん寝方が悪かった…上に昼間ずっとパソコンに向かっていたので、筋から悲鳴が聞こえてくる…

というわけで、今日は早退したします。

写真は、先日IKEAでいただいた名物ミートボール。ミートボールといえばマッシュポテトが付け合わせで当然!という印象を勝手に抱いていましたが、最近はフライドポテトと好きな方を選べるらしいですね。あと、昨今のミートボール騒動(少し前に国内で加工肉への馬肉混入が発覚し問題になったのです)の煽りを受けてなのか何なのか、値段ががくっと下がっていたのにもびっくりしました。ともあれたまに食べると、やたら美味しく感じるものですな。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


最近雨ばっかり。

posted by こばやし あやな at 02:57| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

雨上がりの森へ

20130721_4.jpg

ここ数日お天気はグズグズが続いていましたが、今日の夕方になってようやく雨も上がり青空が覗いてきたので、すかさず長靴を履いて日課の森散歩へ。ベリーの短期用貯蓄も底をついてきたので、今日はまたカバさん型ベリー摘み取り器とアイスクリームタッパーを持って。

20130721_2.jpg

雨上がりの森は、空気はしっとり瑞々しく、枝葉の雨粒がキラキラ輝いて、格別に美しく見えます。ある場所ではほんのりと霧が立ちのぼっていて、その粒子がかすかに陽光で輝かされている光景の、なんと麗しく幻想的なことか。
雨に表面を洗い流されたベリーたちもツヤツヤと光っていて、今日もまた大収穫。リンゴンベリーやラズベリーが群生する場所も見つけたので、タッパーは彩り鮮やかになりました。

20130721_1.jpg

帰ってから、ささっとカスタードクリームを作ってベリータルトを焼きました。パイシートが足りず、バター容器サイズしか出来なかったのですが(苦笑)さて、ベリー中心の生活もちょっぴり飽き始めてきたし、そろそろ食用キノコも生えてきて欲しいところ!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


投票率…低いなあ…


posted by こばやし あやな at 03:45| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

イチゴ押しの街

20130720_8.jpg

昨日のクオピオ行きの道中、ユヴァスキュラとクオピオの間にある北サヴォ県の都市、スオネンヨキ(Suonenjoki)に立ち寄りました。人口7000千人ほどの小さな街なのですが、スオネンヨキといえば、フィンランド有数のイチゴの産地として全国的にその名が知られています。1940年代からイチゴ栽培が盛んになったそうですが、風土が適しているとかオリジナル品種がある…といったわけではなさそうで、とにかく街が全力で対外PRも頑張りつつ出荷に力を入れた成果なのでしょうか。収穫を迎える夏には毎年、3日間にわたる大々的なイチゴカーニバルなる催しも開催されます。

いやしかしいざ街に降り立って、さすがといいますか、予想以上のイチゴ押しっぷりにびっくり(笑)オフィスロゴなどに使われているところもよく見かけたし、

20130720_1.jpg

街頭にも平面的なイチゴでデコレーション?され、

20130720_2.jpg

ホテルにもちゃっかり。

20130720_3.jpg

街のカラオケ大会の告知ビラもとりあえずイチゴが全面にプッシュされており、

20130720_6.jpg

20130720_7.jpg

(今も営業しているのか怪しいけれど)ケーキ屋さんの正面の和まされる(がよくよく見るとやや不可解な)ペンキ絵にも。

そもそも、スオネンヨキの市章だって…

256px-Suonenjoki_coat_of_arms.svg.png


イチゴの葉!!!(水戸黄門さまの家紋からの盗作疑惑にはとりあえず目を伏せておくとして…w)

ここまでイチゴ攻めの街に降り立ったからには、やはりご当地イチゴを買って食べないわけにはいくまいということで、通行人のおばちゃんに「どこに行けば美味しいイチゴが買える?」と聞き取り調査。しかし帰ってきた答えは、

…イチゴは買うもんじゃない、摘むもんよ

…な、なるほど〜笑


20130720_4.jpg

町外れは来訪者がイチゴ摘みできる農家も結構あるようでしたが、さすがに悠長に苺摘みなんぞしている時間はなかったので、マーケット市場に出ていたお店で1パック購入していただきました。

20130720_5.jpg

もうシーズンも終わりかけなので、フィンランドイチゴにしては大きく育ちきって実のしまったイチゴでしたが、歯ごたえあるのに糖度は十分でおいしゅうございました♪来年は未知なるイチゴカーニバルにも足を運んでみたい…笑

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


今日はグウタラが過ぎた一日でしたな。。。



posted by こばやし あやな at 04:17| Comment(0) | Suonenjoki-スオネンヨキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。