2013年01月31日

コレが例の…

20130130_3.jpg

一昨日に書いたオケの宣材写真がさっそくあがったそうで、ボツ作?どうぞ、っていっぱい回ってきたのでいくつか載せちゃいましょう。まずこれは、ザ・ノーマルバージョンのバイオリン、ビオラ族。今期は100%レディースなんです!華があるなあ。さてこのうちビオラは何人でしょう(苦笑)


20130130_1.jpg

これは、カメラ目線民と周囲との会話に夢中民を適度に混ぜた、(カメラマン曰く)自然体集団バージョン。うん、残念ながら私全然自然体って感じではないけどね…


20130130_2.jpg

もはや謎の注文、楽器が主役バージョン。でもこうして見るとマーチングバンドみたいで結構よい感じ?


20130130_5.jpg

その、管楽器バージョン。黒服に楽器の色とシルエットが際立って、なかなか素敵なアイデアなのかも。


20130130_4.jpg

最後に、これが例の全員目を閉じているバージョン。。。のはずが、オーボエ吹きさんばっちり目が開いてますけど!!!彼女はフィンランド語を特に勉強してないロシア人なので、状況が把握できてなかったのかもしれない。。。

とまあこんな感じの、アットホームなオーケストラ仲間です。日本の楽団のように固定メンバーがいるというよりは、各演奏会ごとに規模編成に応じてメンバーがエントリーする雰囲気なので、ベートーヴェンがメインの今回はこのように室内楽編成であります。それにしても、これだけは毎度のことながらビオラがもうちょっと欲しいのですが…

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さっきから爪切りが見当たらなくて困ってる

posted by こばやし あやな at 05:50| Comment(0) | Suomiで出会った人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

音楽で世界旅行

IMG_20130129_144057.jpg

今期、単位を稼ぐために、教師志願はしてないけど音楽教育学の授業に混ぜてもらっています。

その内容は、ギター、エレキから世界各国の民族楽器までいろんな楽器のひしめく小さなスタジオで、毎回世界各国の音楽を分析しながら最終的にバンドで実演するというレッスン。昨今フィンランドの学校では多国籍音楽教育に力が入っているので、教師たちも世界各国の音楽に精通してないといけないらしいのですが、それにしてもこの指導教授はすごすぎる。。まさにあらゆる楽器を身体の一部のごとく奏でることができて、しかも言葉も何カ国語できるんだか空恐ろしいくらい、世界各地のいろんなマイナー言語に精通していらっしゃる!

一番最初に部外者ながらこの授業の門戸を叩いたとき、「で、君はなんの楽器できるの?」と聞かれ、

「…ビオラです」

「え、それだけ?打楽器は?ギターは?歌は?管楽器は?koto(琴)は??」

と、ぽかーんとされた瞬間がいまだ忘れられない(苦笑)
でも他の受講者みんなもこの教授同様に、ほんとに何種類もの全然別の楽器をさらりと演奏してしまうので、やや肩身が狭い…。オケの友達もいますが、みんなバイオリンだけじゃなく笛もギターもドラムも出来たなんて…!!

そんなわけで、私はビオラと一応家で気晴らし程度に叩いてるアフリカン打楽器とで、なんとかいつも加わらせてもらっています。これまでの課題曲が生まれた地はブルガリア、マケドニア、ウェールズと動いており、今後だんだんアフリカのほうに向かっていく予定らしいですが、もう毎度目からうろこの、音楽世界旅行のような時間です。

今日の課題曲は上の楽譜の曲。ブルガリア(現マケドニア)の英雄伝説が残る丘をテーマにした舞踏音楽で、16分の11と16分の7とが交互に現れるという、数学の教科書のような鬼の譜面!これを軽くアナリーゼしたあと、部屋にある様々な楽器でアレンジを加えて、1時間で全員参加バンドの曲に仕立て上げます。

今回私は、ビオラと歌とでリードメロディをやらせてもらいました。長年内声役が板についちゃってるので(笑)、こんなふうに終始メロディを牽引したりカデンツァ枠があったりするのは、それはもう新鮮な体験。
ブルガリア語の歌のほうは難解過ぎて適当極まりなかったですが…ビオラで参加するフォーク、なんて楽しいんだろう!!

ずっと真剣にやりたいと願いながらなかなかチャンスの巡って来なかった、民俗音楽演奏。同じ楽器でどうやってあんなアコーディオンみたいな音が出せてるのだろうと、いつもフォークのパフォーマンスを見るたび不思議に思っていたのですが、なんのことはない、こういう音楽の一部を担っていると、自分の弓の持ち方もストロークも音色も、自然とそっちの方向に移ろってくれるものだったんですね。

せっかく人生で出会えたビオラというパートナーと、クラシックという枠内だけのお付き合いにとどまっているのは、やっぱりもったいない。長年付き合ってきた楽器で、自分でもこういう音が出せるものなのか〜と、あれこれ驚きと感激に満ちたレッスンでした!




これが実は楽譜と同じ曲。楽譜面だと涙目になりそうな難解リズムですが、曲が立ちのぼればこんなにシンプルで素敵なムードの音楽なんです(これはだいぶローテンポで穏やかなアレンジになっていますが)。世界には、あえて楽譜に書き起こすと数学的でも、頭をからっぽにして実演すればちゃんと人の鼓動を揺さぶる、本当にいろんな類の音楽があるものですね。来週がまた楽しみ。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


次にもう1つ楽器を嗜むとしたら、何がいいだろう



posted by こばやし あやな at 05:14| Comment(0) | Suomi×音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

予知夢に助けられる

IMG_20130128_182200.jpg

今日、今シーズンに向けたオーケストラのプロモーション写真の撮影会がありました。

で、たぶんマネージャーさんからの念押しメールを読んだ直後に寝入ったからか、前の晩の夢で、まさに写真撮影会に挑む夢を見たんです。しかも、ドレスは持っていったけど演奏会靴のことすっかり忘れてて、靴だけオレンジの長靴で撮られる…という予知夢を見たおかげで、前の晩に用意し忘れていた演奏会靴を、無事に忘れず持っていくことができたのでした!!ブラボー夢のなかの私!!!

ちなみに今日は大学のパーティールームを借りての撮影会でしたが、夢のなかでは、なぜか雪の吹きすさぶユヴァスキュラ駅のプラットフォームでの撮影でした…夢を思い返すだけでも寒々しいですね。。。

パート写真、セクション写真、全体写真、まあいろいろ撮られました。カメラマンさんもかなり本格的な機材を担いできてて、照明を微調整しながら、ポーズ司令をいろいろ出しつつ延々一人で頑張っておられました(西洋人感覚でnot正面写真のカッコいいポーズってのは、得てして恥ずかしさが拭えない)。こんな本格的なムードの中でバシバシ写真を撮られる機会も、人生で限られているような…。

ところで、全体写真で全員が目をつぶらず写るって、意外と難しい集団チャレンジですね。今日何度やっても成功せず、しまいには「いっそ全員目をつぶるほうが簡単なのではないか」と誰かが言い出し、何枚かはばっちり全員の目が閉じております(なるほどこりゃ簡単w)。ある意味斬新なこの写真をぜひ採用してもらいたいとさり気なく願っています。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


週はじめから雪が降り止まず、どうも気分がのらない


posted by こばやし あやな at 04:07| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

ユバスキュラ・冬のナニコレ珍百景

20130127_4.jpg

ユヴァスキュラには、以前から「冬になると湖上で会えるブランコ族がいる」との都市伝説が囁かれておりました。昨冬は残念ながら事実確認できぬまま湖の氷が溶けてしまったので、今年こそは…と、今日ふと思い立って、街のど真ん中にたゆたう、、、というか今はがっちりと凍って大地と化した湖へ。


20130127_6.jpg

20130127_14.jpg

今日はいつになく気温が上がって過ごしやすかったのもあり、湖上の人口密度の高いこと…スケート&クロスカントリー用の滑走路を徒歩で横切るときには、横断歩道と信号が欲しいなと思ったくらい(笑)


20130127_8.jpg

物好き同士の友ととぼとぼ白銀の大地を横断し、ようやく湖の中心にかかる大橋クオッカラ橋のたもとまでたどり着いたそのとき…


20130127_13.jpg

噂のブランコ野郎、発見。

…というか噂では「ユヴァスキュラのハイジ」と聞いていたはずなのに…

20130127_3.jpg

裸体のにーちゃんやがな!!

…しかも股間に雪が…


20130127_1.jpg

まさに、素っぱだかで真冬にブランコこいでたらこうなりますよ、という反面教師のような凍傷色。。。

ともあれ、噂は本当であった…。確かに場所的にも、雪が溶けてしまっては見に行くこともできないので、もし冬のユヴァスキュラを訪れる機会があれば、ぜひ見物しに立ち寄ってみてください。。それにしても、誰が(まさか市が?)、どんなブラックジョークで彼をここに晒すことに決めたのか(笑)探偵ナイトスクープがフィンランドにもあれば、小枝ちゃんが取材に来てくれたかもしれないけど。


まあ、そもそも冬の珍百景はこれだけにとどまらず、

20130127_2.jpg

湖をチャリで全力疾走していくオッサンもいれば、

20130127_5.jpg

「じゃあ湖の上でまってるわ〜」と言わんばかりにケータイで誰かと話すおばちゃん、

20130127_11.jpg

雪に沈みかけてる遊覧船などなど…


20130127_9.jpg

冬の湖は妙に生活感にあふれてて、真っ白なのに賑やかで楽しいのですよ♪

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は一日家にこもって原稿と格闘



posted by こばやし あやな at 03:43| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

土曜の朝はアップルパイ

20130122_22.jpg

昨日のサウナタイムのあと何気なく冷凍庫を整理していたら、クリスマスタルトのシーズンに買いだめた冷凍パイシートの残りが出てきたので、ちょうどカゴに一個残っていたりんごをバター・レモン汁・シナモンで煮詰めて、即席アップルパイを増産していました。ええ、深夜に(苦笑)

で、今朝起きてきたら、まだキッチンにほのかなりんごとシナモンの甘ったるい残り香が!!
朝から、テヘヘと思わずにやついてしまうような幸福感。


ところで、日本人にとっての「アップルパイ」というのは、まさしくパイ生地に包まれた写真のようなスタイルだと思うのですが、フィンランド人には、これはこれで美味しいけど、こんなのアップルパイ(omenapiirakka)じゃ全然ないっ!!と即反論されます…。フィンランド人にとってのアップルパイがどんな姿かたちか、は"omenapiirakka"で画像検索あれ。彦摩呂風に言えば、しゃっきり感を残したりんごの大名行列です(笑)


20130126_21.jpg

おまけ:我が家の窓辺では今、ラップランドのトナカイと奈良の鹿が仲良く共存中。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


先しばらくずっと雪予報



posted by こばやし あやな at 17:16| Comment(0) | Suomi×ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

納得の呼びかけ

20130125_1.jpg

我が家の窓辺では今、ラップランドのトナカイと奈良の鹿が仲良く共存中です(笑)

さてさて、おかげさまで引き続きなかなか忙しくさせてもらっております。
取材関連で刻々とやって来るメール対応に追われている段階ですが、私自身の資料管理のために、重要なメールなどは印刷してストックするようにしています。

ところが、フィンランドといえば!のとある企業の担当者さまとのやりとりのなかで、商談成立の証拠メールをいつものように印刷しようとしたら…

Please consider the environment before printing this e-mail. Thank you.
(このメールを印刷する前に、どうか環境のことを想ってあげてください。ありがとう)

という一文が、文末にさりげなく。


ここはまさに、環境対策を全面的に打ち出していることで有名な企業ですが、こんなところにまで相手の心理をついた細やかな呼びかけをしているなんて…と、小さく胸打たれ、ますますこの企業のことが好きになってしまいました。印刷、もうやめとこ。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


週末もバリバリと頑張る!





posted by こばやし あやな at 20:31| Comment(2) | Suomiで考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

待ち望んでいた喜び

20130122.jpg

さすがに時差ボケからは脱却して、今は適度な朝型生活を維持しておりますが、このところ毎日毎日とにかくいろいろ書きまくっていて、なかなかブログまで余力を残せないのが現状であります(苦笑)この新生活に慣れてきたら、書きこぼしている最近のあれこれを一気に掬いあげていきたいのですが…上の2ショット写真にうつる魚クンのこととか。

今日は学業時間以外はほぼずっと、近日予定しているお店やレストランの取材手配業務にかかりっきりでした。東京時代は、まさに日々そんなことばかりやっていたので、ところ変われど本質はなんら変わらない、この仕事への「やり甲斐」という名の充足感は、本当に久々であり心地良いものです。

旅行ガイドの雑誌やコンテンツは、ゴシップ誌のように「掲載」ゆえに誰も傷つけないし、派閥や対立を産まない。そればかりか、シンプルに掲載先も編集者も読者も…誰もかれものの幸せや望みをいっぺんに叶えられる最高のメディアじゃないか!…と、ずっとそこだけにゆるがぬ誇りを持って、締め切り前の徹夜残業も厭わずデスクに向かっていたものでした。まあ中には、メディア過剰露出を煙たがってそっけない売れっ子老舗さんなんかもありましたけど、とりわけレストランやショップなんかだと、大概は取材を申し入れたらまずとても嬉しそうな第一声を聞かせてくれる。誠心誠意取材に協力してくれて、掲載に際して最後まで温かなお礼の言葉を返してくれて、そしてあわよくばお中元お歳暮に地元の特産物や商品をどっさりくれたりも…笑

今日レスポンスをいただけた方々からも、まさにその時とおなじ気持ちの種をいただいてしまいました。それが今度は、ずっと自分が根を張りたいと憧れていた、ここフィンランドの地で、フィンランドの人々から、フィンランドの言葉で。そして今からは、受け取った真心を日本サイドへ届ける準備。
なんだか少しずつ、私自身がこれまで歩き続けてきた何もない雪道にまばゆい斜陽が射してきた気がします。ちょうど極夜の季節を終えて、明るい春へと向かい始めた今頃のフィンランドのように。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


最近力を入れているお仕事の成果は、近日中に日本の皆さんの手の届くところにお届けしますので、今しばらくお待ちくださいませ!

posted by こばやし あやな at 06:31| Comment(0) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

甘い誘惑

20130121_1.jpg

今日は、先週から空き時間缶詰状態で書き続けていた原稿4本がどうにか仕上がり、クタクタの脳と手で3時間楽器を弾き、帰って白ご飯かるく一杯だけ食べて、シャワー浴びて、歯も磨いて、さあ寝るぞっというタイミングに…

「アヤナ〜フォンダンショコラ作ったから、はい、熱いうちに食べて♪」

と、すでに私用に切り分けられた濃厚ショコラケーキを持って同居人が部屋に乱入。。。


…一応、先週からふたたびカルッキパイヴァ(こちら)再開してるんやけどね(涙)

ここで摂った糖分は、体内にて一体いつどこでどう使われるのか…考えないように考えないように、頭を真っ白にしようと努めながら、美味しくいただきました。ありがとう、アンナ。今夜はこのまま甘い夢がみられそうです。その前に歯磨きはリベンジしないと…

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


あ、残り一口の見苦しい写真でごめんなさい…

posted by こばやし あやな at 05:52| Comment(0) | わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

吹雪の中で待ちぼうけ

20130120_1.jpg

昨日の一連の出来ごとを一気に本日振り返ろうと目論んでいたのに、今日は一日お仕事の締め切りと格闘していてもう活字を絞りだすのはムリ。。。

なので、昨日の出来事その1:1年ぶりのアイスフィッシングについてのみ。
前回(こちら)の惨敗記録を覆すべく、そして夜の食材確保を誓ってリベンジに挑んだのですが…

またもや、収穫ゼロの悲劇!!!

まあコレばっかりは魚群のポジションに当たらないとどうにもならないし、とりわけ厳寒期の今頃は、さかなたちもほとんどじっとしていて食いつきが悪いらしいので、まさしく徒労だったのかもしれませんが…一応、吹雪く白一色の湖上に食卓イス引っ張り出してきて、各々2時間も頑張ったんですよ(涙)

これではあまりに体裁が悪いので、魚が活発に動き始める春先に再リベンジを誓いました。ううん、厳しい自然の中での暮らしで、自給自足の道程は遠いっ!


ただまあ、このあと入ったサウナの心地よさは、言わずもがな格別でした(笑)お店で冷凍にして売られているヴィヒタ(白樺の葉の束)とアルコールを持ち込んで、やいやいと身体を叩き合いながら、至福の耐熱時間〜♪

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


帰国以来、活発な応援クリックをどうもありがとうございます(^^)


posted by こばやし あやな at 07:35| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

旬を愛でる日本人たちの意地

20130119_1.jpg


20130119_2.jpg


20130119_3.jpg

今日は、在住日本人、日フィンハーフ友達、日本びいきフィンランド人たちで、半日がかりのとあるプロジェクトを。フィンランドにおいて今この時期が「旬」とされる食材を、日本人の食への飽くなき追求心でもって味わい尽くした、今年最初のユヴァス美食同好会です。

あれやこれやと盛りだくさんだった12時間。明日にでもその全容をレポートいたします。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


ごちそうさまでした、おやすみなさい。


posted by こばやし あやな at 08:55| Comment(0) | Suomi×ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。