2011年11月30日

ユヴァスキュラのクリスマスイルミネーション

20111129_4.jpg

連日飽きもせずに、つい雪景色にばかりカメラを向けてしまいます。さっき雪が雨に変わってしまったので、溶けてしまうのも時間の問題でしょうから、あるうちはとことん多忙ウィークのブログネタ代わりになってもらわないと…笑


20111129_3.jpg

ちょっと立派な風貌過ぎてこの街の景観には似合わない教会も、雪景色のなかで眺めると急に趣きが出ますね。


20111129_2.jpg

20111129_1.jpg

ユヴァスキュラの中心街に先週から灯されたクリスマスイルミネーションは、目を疑うくらいシンプルです。ソコス前の一番大きな十字路の頭上に大きな星がひとつだけ浮かんでいて、あとは通りの突き当りにツリー状の電飾のうねりが施されているのと、街路樹のいくつかにちょいちょいと電飾が巻かれているだけ、というもの。先週タンペレの街を訪れたときは、打って変わってのバリエーション豊かでデコラティブなイルミにあんぐりさせられましたが、私はこのこの街のドシンプルな決断を、かなり好感持って眺めてます(曲がりなりにも国内で「光の街・ユヴァスキュラ」なんて謳っておきながら、よくぞ…笑)。小さな町なのだから、このくらいで上等。あとは雪明かりが天然のライトアップとなって、聖しこの夜をほの明るく演出してくれることでしょう。

今宵は、明日ユヴァスキュラを発って帰国される、お世話になっていた研究者さんにお別れを告げに。今まで、楽しいナイトライフをどうもありがとうございました!またのお越し、お待ちしています〜(あるいは高円寺での再会を楽しみにしていますね)


ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さて、レポート、、、



posted by こばやし あやな at 06:35| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

白雪と青空と

20111128_1.jpg


20111128_7.jpg


20111128_8.jpg


20111128_6.jpg


20111128_3.jpg


20111128_4.jpg


20111128_2.jpg

前の日記での報告通り、夜明け前はえらい目に遭いましたが、日が差してくると枝葉にしがみついた純白の雪がいきいき・きらきらと輝き始めます。さらに短いお昼間にのぞいていた青空と雪のコントラストは、氷点下にまで冷えた空気の清涼感ともあいまって、リスニングテストの出来も忘れさせてくれる、この上ない気持ちよさを心にもたらしてくれました。やっぱり白雪は、オレンジ灯の灯る漆黒の夕闇の中で見るより、こうして自然の陽の光に照らされているのを眺める方がずっときれい。

ああ、そして今はまた心も沈む闇の時間の到来。そのうえ週明け早々、まさかのテストシーズンにありがたくも急ぎのお仕事までいただき、文字通り「忙殺」されかかっていますが、せめて晩ご飯は、じっくりとあったかくて美味しいものを作ろう。

ayana@jyvaskyla.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


お ふ ろ 。。。

posted by こばやし あやな at 00:51| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

不意打ちのドカ雪

20111127_3.jpg

昨晩からまた雪が降り始めて(やや湿った牡丹雪でしたが)、時間と共に本降りになってきたので始めは喜んでいたのですが、やがてそれが横殴りの吹雪のようになってきて、とても外を歩ける(ましてチャリで移動する)状況でなくなり、ついに昨晩は帰宅を断念。今朝、朝五時起きでマイアパートを目指し出発したのですが、まーそれはそれは、一晩でよくぞここまでという豪快な積雪模様でした!


20111127_1.jpg

そもそも自転車がこんな状態で鍵穴もすっかり凍結してしまっており、仕方なく歩いて帰るはめに。


20111127_4.jpg

もはやどこが車道でどこが歩道かも識別できず…


20111127_5.jpg

ベンチはふかふかのソファ状態(笑)


20111127_6.jpg

20111127_8.jpg

それでも偉いもので、すでに街中で除雪車がフル稼働し、主要な道路や歩行路の雪はおおかた路肩に寄せられていました。除雪されている道は今度はつるつるに凍結していて、それはそれはおっかないのですが、幸い除雪車のチェーンタイヤが通った轍の模様までが凍って滑りにくいステップを作ってくれていて、そこを歩いてゆくことでなんとか今日は派手に滑らずに帰宅…と思ったら!!


20111127_2.jpg

なんと、家のすぐ手前の小道のところで、雪の重みに耐えられなかった古い木が見事に倒木してしまっており、あと一歩というところで大きく迂回せねばならない、という悲劇が!!

結局、木の向こうにマンションを拝みながらさらなる遠回りをして、一時間余りかけて帰宅…
もうすでにクタクタですが、これからリスニングのテストを受けにすぐまた登校せねばならないというorz

これまで雨にも負けず風にも負けず、一日たりともチャリ登校を諦めたことはなかったのですが、今日はそもそも出先においてきてしまったので、初めてのバス通学になりそうです…(もう今日は徒歩は勘弁やし)。今年は暖冬雪なしが周囲の定説になりつつあってすっかり油断しのんびり構えていましたが、そりゃ時が来れば降らないはずがないですよね…そろそろライフラインを見なおして、今一度生活スタイルの対策を立てなおさねばならなさそうです。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


ともあれ本格積雪記念のワンクリックをどうぞよろしく!(笑)
posted by こばやし あやな at 15:07| Comment(0) | Jyväskylä-ユバスキュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

ご来場ありがとうございました!

20111126-4.jpg


Sinfis Elokuvamusiikin konsertti
"VALKOKANKAAN SÄVELIÄ"

ユヴァスキュラ大学交響楽団 映画音楽コンサート
”スクリーンの音色”


26.11.2011 klo.17- Musican sali, Seminaarimäki
kapellimestarina: Miikka Laihonen


The Star Wars/スター・ウォーズ
Duel of the Fates〜Across the Stars〜Revenge of the Sith〜Princess Leia's Theme〜The Imperial March〜Star Wars Main Title

Schindler's List/シンドラーのリスト

Harry Potter Symphonic Suite/ハリー・ポッター

The Pink Panther/ピンクパンサー

Dances With Wolves/ダンス・ウィズ・ウルブズ

Psycho/サイコ

Prelude〜The Swamp〜The Murder

A Salute to the Big Apple/ニューヨーク・ニューヨーク
Theme from New York, New York〜Lullaby of Broadway〜Forty-Second Street〜New York, New York

☆☆VÄLIAIKA 休憩☆☆

Joutsenlampi-alkusoitto/ブラック・スワン

Indiana Jones/インディー・ジョーンズ

Bram Stoker's Dracula/ドラキュラ

Edward Scissorhands/シザーハンズ

Theme From 007/007

The James Bond Theme〜For Your Eyes Only〜Live and Let Die〜Goldfinger

Pirates Of The Caribbean/パイレーツ・オブ・カリビアン
Fog Bound〜The Medallion Calls〜To The Pirates Cave〜The Black Pearl〜One Last Shot〜He's A Pirate

☆encore

Go West/ゴー・ウェスト


。。。ようこんだけ弾いたわあ
というわけで無事に地元ユヴァスキュラでの凱旋コンサートが終わりましたよー。

どんちゃん騒ぎなプログラムに反して、様々な意味でこんなに冷静に、集中に集中した本番も久しぶりでした…。
せっかくの本番終わりにあまり愚痴りたくはないですが、人員補強のためにエキストラで入っていただき、隣で弾いてもらうことになった大学近くのコンセルヴァドワールの学生さんに、もうこれでもかとアンサンブルを乱しにかかられたので、最後一週間はとくに、ムキー!!と頭沸騰寸前だったのです。。。初見が得意そうでもないのにちーっとも練習して来てないし、こっちが決めてたボウイング(運弓の上下)をことごとく無視し、テンポもがたがた。いくらビオラの人数が少ないとはいえ常にフォルテ。挙句の果てに、どうやら指揮者さんの知り合いなようで、やたらいっちょ前に質問だけはするし、私が言葉でのコミュニケーションがまだまだ不自由なのをいいことに、私の決めたボウイングにいちゃもんつけて変えようとしたり、勝手に他パートのトップと相談とかし始めたり…嗚呼屈辱。。練習後、それはむしゃくしゃしながら晩御飯の買い出しにスーパーに寄った時、お世話になっているバイオリン職人のミカさんが私に気づいて声をかけてきて下さり、優しさについやんわり愚痴をこぼしながら慰めてもらったこともありましたっけ…

今回のプログラム、映画音楽ならではの、ノリだけではスルーできないリズムや、和声や拍子がカオスな部分も多々あり、また結構要所要所でビオラに主導権を預けられるシーンも少なくなかったので(決まっておどろおどろしいシーンですが笑)、せめてそこでだけはヘマをしてもらっちゃ困ると、ザッツから何から、すべては自分で休符のカウントすらしない横の彼女をコントロールすることに神経を集中して挑んだも同然でした。そのうえ咳&くしゃみ&頭痛との闘いも加味されて、リハーサル後から開演時間までは、皆がエネルギー補給や談笑するなかひとり般若心経でも唱え始めるんじゃないかという寡黙&不動の精神統一に意識を注ぎ、なんとか本番は危険箇所もスルー(隣とのあべこべボウイング発生回数は相変わらずだったけど)。さらにオケとしても本番の興奮&緊張感あってこその好転箇所が多く、あちらこちらから練習では未体験のよいパフォーマンスがたくさん聞こえてきて、思わず興奮!!あと幸い本番中に咳が止まらなくなったり、鼻水が楽器に垂れることもなく、でした(本番て不思議ですよね…)。やっぱり何においても集中力って大事ですね。

何よりお客さんの反応が一曲ごとにとても温かく励みになりました。盛り上がった曲の後は、クラシック舞台ではまずありえない類の(笑)歓声やコールもたくさんいただき、最後はあっという間にスタンディングオベーション。これまでの悶々とした日々がどうでもよくなるような(笑)、終始とても気持ちい本番に参加できて幸せでした!


20111126_3.jpg

演奏会には、ゼミ、フィン語クラスの友達、日本語カフェの皆さんなど、とてもたくさんのお知り合いが聞きに来てくれたのですが、終演後は撤収でばたばたしてて、みんなと十分にお話ししたり写真が撮れなかったのが残念。写真は日本語カフェメンバーの一部と、です。私、もうすでに目が死んでいる…笑


20111126_2.jpg

終演直後の打ち上げ第一弾は、音楽棟図書室でワインとジンジャークッキーを片手に(図書館で飲食してよいのか?)!左でスピーチしている、誰もから好かれたイケメン学指揮のミーッカには、私があからさまに指示をわからなそうな顔するたび英語で言い換えてもらったり、未知なるスィング音楽の楽しさを教えてもらったり、今期本当にお世話になりました。と思っていたら、打ち上げ中にミーッカのほうから声をかけにきてくださり、「今シーズンは弦セクションをいっぱい助けてくれてありがとう」ってハグしてもらっちゃった揺れるハート実際は言葉の壁もあってなかなか思うようにやりとりもできず、私の方は悔しい思いばかりしていましたが、こんな突如現れた東洋人をすっと音の輪の中心に入れてくださったミーッカや皆さんの期待に応えられるよう、来季はもっと楽器も言葉もがんばります。


打ち上げメインである二次会は、セントラルのSopabaariというこじんまりとしたカフェバーを貸しきって。お酒で毛でなく、お店のウリである自家製スープとパスタをしっかり(タダで)食べさせてもらえて大満足!(普通の飲み会はほんとに飲むだけやからね〜)テーブルでは、ビオラの皆さん(※上述したエキストラさん以外の…苦笑)でまったりとしょうもない世間話を。見渡せば他ではあらゆるパートが入り交じるなか、ビオラ弾きがとりあえずパートで固まらずにいられない癖は、日本もフィンランドも一緒なのか。。。


おまけ

20111126_1.jpg

なにせお店がとても小さかったので、「楽器は来てくれた両親や知人に預けるか、一度家においてくることを推奨します」と言われていたにも関わらず連れてこられてしまった楽器たちは…なんとトイレで保管という仕打ち!!笑

今年のSinfisとしての活動はここまでで、来年は1月に同じプログラムでユヴァうキュラでもう一回、あとどこか近隣の町へ演奏旅行一回、そして春には今度は正当クラシックプログラムで定期演奏会を開きます。また告知しますんで、是非次回もご来場くださいませ〜

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


さて、現実逃避もここまで。来週のテストラッシュ対策とそろそろ向きあわねば。。。

posted by こばやし あやな at 20:33| Comment(2) | Suomi×音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

風邪っぴきアイテム

20111125_3.jpg

明日、例の映画音楽攻めコンサートの本番なのですが、今日になって、以前(気温ががくんとさがった日)に一度予兆はあったものの、その後回復したと思ってた風邪の諸症状が急症し、やれ鼻水は出るわ咳は止まらないわで、さっきまであった最後のリハーサルでも半泣きでした。。。

周囲のフィン人に、風邪に効くものなんかない!?と聞いて回って取り急ぎ得られたのが写真の二点。左はCarmolisというハーブ由来の液体で、1dlの熱湯に10適ほど垂らして、まずはしばらくその湯気を吸い込み、お湯が冷めたらそれでうがいをする、のだそうです。湯気を吸い込むって??と怪しみながら実践してびっくり。ジュワーーっとミントの蒸気が鼻と喉に直に入ってきて、なんとも言えない爽快さをもたらしてくれるのです。ちょうど、フィンランドサウナで焼け石に水を掛けた直後やってくる熱波に、素肌をさらしている時と似た快感。うがいも実に気持ちよく、喉の炎症に効いてくれる気になります。このカルモリスという未知なる液体、どこの国が原産かも実はよくわからず、ネットで検索してみると、少なくともロシアと北欧諸国には出回っている商品みたい。パッケージデザインはなんとなくロシアっぽいんやけど。

右のは説明するまでもなく、Hunaja=ハチミツ。とにかくハチミツは万能薬でエネルギーにもなるから、しっかり舐めておけ、と…。そういえばまだ家にハチミツのストックがなかったので今日ようやく購入してきたのですが、なにこれっフィンランドのハチミツ、超うまいやん!!!購入したばかりの状態はぎゅっと固まっているのですが、スプーンで少し練ってやると、みるみる滑らか&艶やかなペーストへと緩んでいくんです。で、舐めるとちょうど喉を通過する当たりですっとほどけて、上品な甘みがいがいがしてる喉を癒してくれて〜プーさんでなくとも舐め出したら止まらなくなりそうなほどの、危険な美味しさです。


それにしても、当初いい風邪薬を教えてもらうつもりでいたのに、実際に推薦されたものは医薬外品ばかり。フィン人が病院や薬ギライだとはよくいうけど、美味しいだけじゃなくて、果たしてこれらの効果はあるのかーー!?
何より大事なのは、あとはもう睡眠ですね。今からたっぷり寝て、明日少しでもマシな体調で本番にのぞめるよう善処します!明日聞きにきてくださる皆さんも、気温もまた冷え込むようですので、暖かい格好でいらしてくださいね。休憩時間には、そばのMusicaのカフェが特別オープンしますので、ついでに温かいものを召し上がっていってください!

ではでは、おやすみなさい。

ayana@jyväaskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


体調さておき、久々の本番が楽しみすぎる〜

posted by こばやし あやな at 06:50| Comment(0) | Suomi×生活必需品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

久々にセカンドハンドめぐり

20111124_8.jpg

今日は朝にスピーキングテスト一本、のちプレゼン一本と派手な一日でございました。どちらもいわゆる外国人用語学授業なので、まだ幾分気は楽なのですが…

後半の授業の最後に、先日開催(回収?)された、「Sanastokilpailu(単語帳選手権)」の結果が先生から発表されました。ボキャブラリー補強のために、各自オリジナルの単語帳を作って日常で出会う新出単語を書きこんでいき、その成果(単語数だけでなく、単語帳の内容やアイデアも加点対象)を表定員が審査して表彰する、という企画です。
で、見事、ベストシステム賞なる賞をいただいちゃいました♪ネーミングがよくわかりませんが、いただいた表彰状には、見やすさと、例文や喋り言葉などまで律儀に記載していた点を褒めていただいているようです。景品として、Fazerチョコレートもいただきました!わーい。ま、書き込んだ単語を全部覚えたわけでは断じてないですがね。。。


20111124_7.jpg

午後は少なくとも授業はなく、家に帰って少しは休もうと思っていたのですが、急に雨が上がって日が(夕陽が…笑)射してきたので、なんとなく気もそぞろに大学近辺をサイクリングしながら、久しぶりに街のあちこちに点在するキルップトリ(リサイクルショップ)をハシゴしてきました。一時期は(おもにケルマンサビやクルタケラミーッカを徹底回収するために)かなり足繁く覗きに行っていましたが、部屋や日用品もひとしきり整い、学業が忙しくなってからは、そういえばすっかり遠のいていました。

キルップトリ天国といわれるユヴァスキュラの街で、私の生活圏である西部の最大級ショップといえば、なんといっても、上の写真に写った旧工場をまるまる一棟リサイクルショップに改築したお店です。

20111124_3.jpg

内部もこのように年がら年中クリスマスマーケット状態。個人出店ブースが連なっているので、並ぶ商品にはまったく秩序がなく名実ともに「宝探し」状態ですね(笑)誰がこれを今更買うねん!!という、(神戸元町モトコー商店街5,6番街あたりを彷彿とさせる)ガラクタも少なくないのですが、新品同様の商品から、どこかのお宅で愛されて大切に使われていた様子が目に浮かぶ、美しく歳を重ねた淑女のようなアイテム、日本でも大人気の国内デザインブランドのビンテージ品なども必ず見つかります。


20111124_9.jpg

20111124_1.jpg

今は季節柄、クリスマスグッズもたくさん出品されていますよ。定番の伝統オーナメントから、赤と緑をあしらった食卓のクロスまで。私も今日はつい何枚かクリスマス柄、カラーの布地やランチョンマットを購入しちゃいました。これらはまたいつか、食器と一緒に写真でご紹介するとして。
写真下の「Hyvää Joulua(メリークリスマス)」と書かれた玄関マットは、まさにクリスマスの日の来客を迎え入れるためだけの商品なのでしょうが、一年にたった一度しか活躍の場がなくとも、こういうグッズをちゃんと持っているなんて、さぞおもてなしの好きな素敵な家庭なのだろうだな、と想像してしまいます。


20111124_2.jpg

クリスマスと関係はないですが、、、こちらのムーミンの鍵掛け、かわいいんやけど頭部に弾痕が…笑


今日の目当ては冬の防寒具とジャージだったのですが、ダウンジャケットはサイズや色が合うものがなく断念、ジョギング用のジャージは、水色のアディダスの上だけが新品同様で5€、あとはカルフという国内ブランドのジャージズボンが3€で見つかったので、それらを組み合わせて購入しました。うむ、やはりセカンドハンドは学生の財布の強い味方なり!


20111124_5.jpg

さて、今からちょっくらご飯とサウナに。明日以降の怒涛の日々に向けて、鋭気を養ってきます。

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


ジャージがすでに着心地良い…いくらフィンといえども、そのうちジャージ登校…にならぬよう気をつけねば。。。
posted by こばやし あやな at 02:20| Comment(0) | Suomiでお買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

燃えさかる雪

20111123_1.jpg

オレンジ灯の下で、まるで燃ゆる炎のような、あるいは満開の桜の大樹のような、雄渾なシルエットを浮かばせる雪まみれの樹木。なかなか圧巻。…まあ、今晩には雪が雨に変わってほぼ溶けちゃいましたが。

いっぽう、やれプレゼンやテストやレポートやコンサートやで、生活のほうは猛吹雪に見舞われています…まだ半月以上このレヴェルの日々が続くなんて想像もしたくないですが、気づけば一ヶ月後に控えるクリスマスホリデーを励みに、なんとか突っ切ってみせます。ぬぉー!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


明日は午前中に会話テストとプレゼンひとつ!
posted by こばやし あやな at 07:21| Comment(2) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

ホワイトキャンパスライフ

20111122_2.jpg

夜の間にまたちょびっと雪が降ったようで、今朝は木々も白粉をかぶって、いっそう冬景色らしくなってきました。今もまだ窓の外では、はらりはらりと、実にのんびりしたスピードで粉雪が舞い落ちつづけています。明日以降はまた温度もプラスに戻って晴れ間がのぞくようなので、この雪たちもまもなく一度リセットされちゃうのでしょうが。


ところで、ユヴァスキュラの大学エリアから少し離れた、まさに私の住むケルティンマキという丘陵に、密かにライブカメラが設置されていたことを今日知りました。

こちらのサイトから、うちから50メートル位の某地点の最新の景色が観察できますよ♪(うら寂しいとこ住んでるね…とは思っても口に出さないでおくれやす…)


オタニエミ時代はまったくチャリを利用していなかったので、雪上自転車生活は今年が初めてです。気温が0度前後をさまよい、つるっつるに凍った路上がさらに微粒子のような雪で覆われる今の時期がある意味一番危険で、今日も対抗自転車を避けるために軽くハンドル切ったつもりが、瞬時に制御不能になり、そのままズゴーーっと曲がって街路樹に激突しかけました。。。あな恐ろしや。そろそろ自転車も冬タイヤに変えたほうがいいんかなあ?


20111122_1.jpg

雪に雑音を吸い取られて、いつも以上にしんと静まりかえったように感じられる朝一番のキャンパス。今日は8時15分から自分の小論発表があったので、実際は銀世界の情緒に浸る余裕もなく、ぎりぎりまで自宅で最終チェックをし、坂道はそろそろと、それ以外はわき目もふらずばたばばたと会場に駆け込みました。ところが、自転車のカゴにいれてた資料ファイルが、カゴに積もっていた雪で湿って発表原稿の一部が滲んで読めなくなっているわ、パワポのデータが機械にうまく読み込まれず結局部屋を変えるはめになるわ、なにやら散々な出だしで…おかげで緊張もなんもなく、勢いだけで突き通すことができたとも言えるのですが。

非ネイティブのための、フィン語小論執筆とプレゼン実践セミナー。本当は現時点の私のフィン語レベルではそもそも受講資格に届いていないのですが、必要に迫られていることもあり、無理に頭を下げて参加させてもらうことにした講座です。当然他の受講生は私よりずっとフィン語歴が長くて達者な方ばかりで、輪講についていくだけでも一苦労でしたが、人一倍先生のフォローを受けつつ、脛がしびれそうなくらい背伸びして、今日まで容赦なくダメだしされながらも、最終的には想定以上の評価をいただけたので一安心です。ようやく今期最難関のひとつと構えていたセミナーから開放されたぜい〜!

他のみんなの発表もいずれもトピック自体が興味深く、見識が広がりました。なにせメンバーが、ドイツ人、ノルウェー人、ロシア人4人とかなり偏っていたのですが、そのうちのノルウェー人さんは、正確にはクヴェン人と呼ばれるフィンランド領から少数民族集落の出身、またロシア人さんのひとりはイングリア(フィン語でインケリ)と呼ばれる、フィン・ウラル語族でありながらもロシアと北方十字軍の争奪地となって、フィンランド合併を願うも果たせずロシア領に組み込まれてしまった歴史的地域の出身で、ふたりとも自身の複雑な民族アイデンティティに関するリアリティある発表を聞かせてくださったのでした。この国に暮らす以上、今後はフィンランド史を広げて、こうしたマイノリティ問題の絡む北欧諸史ももっと勉強する機会を持たねば、と痛感。何かいい講座が開講してないものか探してみようっと。


20111122_3.jpg

さてさて、今日はさらにもう一本簡易レポートを書き上げないと。といいつつも、さっきからネットレシピをあれこれ探しつつ、夜ごはんはどんなあったかメニューにしようかってことばっかり考えて浮ついてるんですけどね〜笑

ayana@jyvaskyla.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


風邪は気のせいだったのかも?

posted by こばやし あやな at 22:00| Comment(4) | 大学院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真っ白な巨大落とし穴

20111121_1.jpg

今朝起きてみると、ようやく今年初の雪化粧が、うっすらと。もはや日本各地の雪国のほうがよっぽど早かったのでは…。昨年は10月末からの記録的豪雪、今年は打って変わっての超暖冬…予測不可能な異常気象は、この最果ての地にも毎年あれこれ影を落としているようです。

ともあれ、やっとこさ地面が白くなり、視界もにわかに明るくなったように感じられます!


20111121_2.jpg

こちらは、昨日の氷点下気温で表面だけ凍結した街の湖や池の上にしっかりと積もった雪によって突如出現した白い広場。でも!!踏み荒らされていない新雪に魅せられて、ついうっかり駆け寄ってしまうのは大禁物です!!
なんてったって、凍っているのはまだまだ湖の表面だけ。子どもや大きな動物がつい立ち入ってしまったら…と考えるとかなり危険域じゃないかと思うのですが、もちろん警告看板も柵もありませんので、皆さんこの季節のだだっ広い雪野原にはくれぐれもご注意くださいね。

ayana@jyäskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


なんとなく、風邪をひきかけている嫌な予感。。。


posted by こばやし あやな at 07:46| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

急冷した日曜日

20111120_1.jpg

賑やかなパーティから一夜明けて、放射冷却効果でか今朝一番に目視した気温はマイナス11度。いよいよ本気な冬の到来ですな…。とはいえ、昨日までは暖かい日が続いていて昼間の気温は5度くらいあったので、一気に15度ダウンされては、身体を適応させるのにもさすがに一苦労です。きゅっと冷えた外を動いているうちは、強張りながらも筋肉はちゃんと動いてくれるし、感覚的な「寒さ」がもはや吹っ飛ぶので意外に平気なのですが、暖かい室内に帰ってきた途端になんともいえない倦怠感と関節痛に見舞われ、毎度しばらく無気力になってしまいます。。。はやくこの久々の寒暖差のなかの日常に慣れないとね…。


20111120_4.jpg

20111120_2.jpg

20111120_3.jpg

それにしても、今日は終日どこにも雲ひとつ見当たらない無地の空があまりに美しすぎて、刻一刻と移ろってゆく空と大地の色を、飽きもせずちらちらと眺め続けて過ごしました。朝はコーヒーを一杯ゆっくり飲んで身体を温めてから、思い切ってしばし湖畔をお散歩。湖の表面が凍結を始めていて、まるで冬の星空のようにキラキラと瞬く神秘的な光景は、寒さも忘れていつまでも眺めていられます。無邪気な“風の子”たちがそのガラスのような破片を湖面に投げたり滑らせてははしゃいでいました。


散歩のあとは少しだけ机に向かって、午後からは防寒もとい忘寒企画!ということで、週末風邪でぶっ倒れててパーティにも出られなかった病み上がりミッコと、ご近所にお住まいのかなこちゃんと3人で、急遽ほかほかチゲ鍋パーティ。嗚呼これからは毎日でも誰かとこうして鍋を囲んでいたいくらいです。食後はドラム×ジャンベ(アフリカの太鼓)×ビオラで即興セッションしたりと暖かい室内で穏やかに過ごし、夕方には本日ユヴァスキュラ市街で開催された花火大会を遠巻きにして鑑賞して、私はその足でオケの練習へ…。寒さと暖かさ(温かさ)のコントラストが効いた、なんとも休日らしい休日でした。


20111120_10.jpg

さてはて、明日からの雪予報は当たってくれるだろうか。もういい加減、暖冬無雪記録にピリオドを!!

ayana@jyväskylä.fi


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ


↑いつも応援クリックをありがとうございます!

posted by こばやし あやな at 07:07| Comment(0) | Suomi×歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。